映画『香港発活劇エクスプレス 大福星』あらすじ・ネタバレ結末と感想

香港発活劇エクスプレス 大福星の概要:1985年に日本で公開された香港映画。福星シリーズ第二弾で監督をサモ・ハン・キンポーが務めている。主演はサモ・ハンであるが日本ではジャッキー・チェン主演として宣伝された映画で富士急ハイランドなど日本が舞台となった。

香港発活劇エクスプレス 大福星 あらすじ

香港発活劇エクスプレス 大福星
映画『香港発活劇エクスプレス 大福星』のあらすじを紹介します。

舞台は日本。
刑事のマッスル(ジャッキー・チェン)とリッキー(ユン・ピョウ)は香港からの犯罪組織「案山子組」を追って日本に来ていた。
日本の地下鉄、道路でのカーチェイスを来り広げ、その後犯人が駆け込んだのが富士急ハイランドだった。
2人はもちろん園内に入り追跡を開始。
しかしもう少しのところで逃げられてしまう。
そしてリッキーが連れ去られてしまった。

犯人逮捕に繋げることが出来ないマッスルの上司は、孤児院の時の幼馴染で刑務所に入っているデブのキッド(サモ・ハン・キンポー)に連絡をとり仲間になるよう伝える。
キッドが仲間として集めたのが全部で4人。
まず二枚目で女性に目が無いハンサム。
理屈は通っているが、結局罪を犯している最年長のヒゲ。
精神病院にいた超能力を使えるという念力。
もう一人はおバカでちんちくりんの最年少のチビ。
そしてこの5人をサポートする美人女性刑事バーバラだ。

香港発活劇エクスプレス 大福星 ネタバレ結末・ラスト

5人は日本に到着した。
キッドとマッスルは再会し、いがみあいつつも協力してリッキーの争奪計画をたてる。
そして捜査を進めていく中で、案山子組のアジトが富士急内のお化け屋敷の中にあった。
囮としてキッドが向かうも敵にばれてしまう。
仲間4人が捕らえられたキッドはバーバラと潜入。
続いてマッスルはあられちゃんの着ぐるみを着て中に潜入する。
アジト内でそれぞれが敵と戦い、ボスにたどり着く。
そしてマッスルとキッドは仲間とリッキーを無事に救出し、案山子組のメンバーも逮捕することに成功したのだった。

香港発活劇エクスプレス 大福星 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1985年
  • 上映時間:97分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:サモ・ハン・キンポー
  • キャスト:ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー、西脇美智子 etc

香港発活劇エクスプレス 大福星 批評・レビュー

映画『香港発活劇エクスプレス 大福星』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

日本が舞台であるのが見どころ

この映画が公開されたころジャッキー・チェンとサモ・ハン・キンポーの人気は急上昇で、少年や青年がこぞってカンフーの真似をしていた。
おそらくそれが理由なのだろう。
いきなり新宿駅、地下鉄、住宅街の見慣れた風景の中カーチェイスするなど日本人があっと驚くようなアクションを見せてくれる。
そして何といっても最大の見どころは富士急ハイランドでのシーンだろう。
犯人を追って園内に入るという設定なのだが、観覧車やジェットコースターに素手で上ったり下りたり。
そのアクションの凄さはもちろんなのだが、良く見るアトラクションだけに感動度合いが高いのである。
本作品の楽しみは日本が舞台であるということだ。

本当の主役はサモ・ハン

この映画の主人公はいかにもジャッキー・チェンであるように演出され、宣伝されている。
しかし本当の主人公は彼ではない。
サモ・ハンなのだ。
この知識があるかないかは本作品を観るにあたり大きく違う。
なぜなら知っているとジャッキーとユン・ピョウは同じような役に見えてくるからだ。
サモ・ハンの出演時間の多さにびっくりすることになるだろう。
しかし「最強のデブ」とうたわれるだけある。
素早いカンフーアクションは見応えたっぷりである。

悪役のラム・チェンインに注目

霊幻道士シリーズの主演道士でもおなじみの彼。
キョンシー退治の時はシリアスながらコメディの表情も見せるが、本作品では渋くダンディーな演技を見せている。
スタイルの良さもわかる。
是非彼のいつもと違ったキャラクターに注目して欲しい。

香港発活劇エクスプレス 大福星 感想まとめ

香港には有名なスターが多くいる。
その中でジャッキー・チェンの兄弟子とも呼ばれているサモ・ハンはその太った見ためと優しい顔立ちが印象的である。
監督や俳優の才能もあり、コメディ色の強いジャッキー映画とは対照的な作風が多く意外にも真面目で正統派のものが多いのが特徴だ。
笑いを求めて観るという作品は少ないように感じる。
しかし映画全体の質は高く、出ている俳優陣も演技派が多い。
主演にこだわるジャッキー映画とは違い、自分をセカンドや脇役に置くのも彼の性格が出ているといっても良いだろう。
今はほとんど見ないが、ジャッキー、ユン・ピョウとまた3人で共演してくれる日を夢見ている。
年齢を重ねた今だからこその魅力的な落ち着いた作品を製作してもらいたい。

Amazon 映画『香港発活劇エクスプレス 大福星』の商品を見てみる