映画『抱きたいカンケイ』あらすじとネタバレ感想

抱きたいカンケイの概要:2011年公開のアメリカ映画(原題:No Strings Attacked)。ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャー共演で贈る映画で、遊びの恋から本気の恋に変わる王道のラブコメディ。

抱きたいカンケイ あらすじ

抱きたいカンケイ
映画『抱きたいカンケイ』のあらすじを紹介します。

中学時代に1度だけ話したことがあるアダム(アシュトン・カッチャー)とエマ(ナタリー・ポートマン)。
15年後の偶然の再会で、友人から男女の関係に発展してしまった2人。
しかしエマは休みもないほど忙しく働く女性だった。
一線を超えたことでエマを意識するアダムだったが、エマはいたってクール。
お互いの干渉は無し、したいときだけ呼び出すセックスフレンドになろうと提案する。

エマと一緒にいたいアダムはその条件をのみ、2人の関係は続いていく。
しかし思いが大きくなり何とかして付き合いたいアダムは、エマを1日だけという条件でデートに誘うことに成功。
しかしエマはこんなのやっぱり無理だと拒絶してしまう。

エマを諦めようとしたアダムは、以前から思いを寄せられていたサラを自宅に誘う。
それを見たエマはなぜかモヤモヤ。
結婚式を控えた妹に相談したところ、それが恋だと気づいてしまう。
サラと関係を持とうとしたアダムもやはりうまくはいかない。
エマは自分の本当の気持ちを伝えようとアダムのもとへ急ぐ、そして告白をしようとしたその時。
彼からの告白が待っていた。
こうして2人にはこれから新しい関係が作られようとしている。

抱きたいカンケイ 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:108分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:アイヴァン・ライトマン
  • キャスト:ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー、ケイリー・エルウィズ、ケヴィン・クライン etc

抱きたいカンケイ ネタバレ批評

映画『抱きたいカンケイ』について、感想批評です。※ネタバレあり

タイトルはかなりセクシーだが

抱きたいカンケイというタイトルで想像できるのは、かなりエッチな映像ではないだろうか。
しかしタイトルはあくまで邦題。
実は結構な切なくてキュンキュンするラブストーリーである。
忙しくてキャリアウーマンのエマは男遊びが好きなわけではなく、かなり恋愛に臆病なのだ。
だから本当の気持ちを伝えるのも怖いし、自分の気持ちにすら気づくのもこわい。
でもその恐怖の向こう側には純粋な恋心があるのだ。
確かに大人向けの描写もあるのだが、男女ともに見てもらえる映画である。

ナタリーの魅力が全開

レオンのヒロインに抜擢されて以来、注目を集めてきたナタリー・ポートマン。
小顔で大きくて力強い彼女の目元は見ているものを惹き付ける。
演技力や、存在感ももちろん。
時にはユニセックスな役も、今回のような奔放そうに見えてチャーミングな約どころも見事に演じきり女性ファンを獲得し続けている。
嫌みのない可愛さ、それが彼女の最大の魅力である。

アシュトンのおとぼけ演技が好感度アップ

バタフライエフェクトのようにシリアスな演技もこなすアシュトン。
近年はどちらかというとコミカルな役どころが多い。
顔立ちが優しく作りが大きい彼だからこその温かな雰囲気が、より鑑賞者に与える好感度をアップさせているのだろう。

可もなく不可もない男優。
まさに、それがアシュトンの魅力。
一見あまりよくなさそうな評価だが、実は万人に嫌われないという良さがあるのである。

良い意味で普通の映画

全体的な雰囲気からすると何か変わったことが起こる、そんな匂いのする恋愛映画にも思えるが実は割と普通の映画である。
高評価が少ないが悪評価も少ないという、いたってシンプルな作りの映画は実は嫌いなひとがあまりいないという良い結果をもたらすことが多い。
キャスティングも豪華でタイトルも大人めであるが見ると拍子抜けするほど普通の内容である、良い意味の裏切り方をされる作品である。

抱きたいカンケイ 感想まとめ

このような大人セクシーなジャンルは一見犬猿されがちである。
お茶の間で見るには勇気がいるし、カップルで見るにもどうかと不安がある。
しかし実は可愛らしく、誰もが味わったことのある切ない恋愛感情がそこにはあって共感も得られる作りとなっている。

特にキャストがこの二人とあればまさに絶妙な映画感が出ていて、大人向けの描写もなぜか可愛らしく見れてしまうのが不思議。
特に恋に奥手の女性に見て欲しい作品であり、眠れない夜にはおすすめの1本である。

ナタリーとアシュトンのコミカルでいて胸がきゅーんとするような切ない演技も見所の1つ。
男女ともに気に入る人が多いのではないだろうか。
真夜中にちょっと物足りなくて映画気分、そんな時に観たい映画である。

Amazon 映画『抱きたいカンケイ』の商品を見てみる