映画『男子高校生の日常』のネタバレあらすじ結末

男子高校生の日常の概要:『男子高校生の日常』は、山内泰延の同名ギャグ漫画を原作とする実写映画。文化祭を主軸に、パッとしない男子高生3人の日常生活を描く。主演は、菅田将暉・野村周平・吉沢亮。

男子高校生の日常の作品概要

男子高校生の日常

公開日:2013年
上映時間:85分
ジャンル:コメディ、青春
監督:松居大悟
キャスト:菅田将暉、野村周平、吉沢亮、岡本杏理 etc

男子高校生の日常の登場人物(キャスト)

タダクニ(菅田将暉)
3人の内では少々ノリが悪い。文化祭に向けて女子高と合同で準備することになり、目が合ったりんごに一目ぼれする。
ヨシタケ(野村周平)
ヒデノリと一緒にいつもタダクニの部屋で遊んでいる。コンビニ店員の女性にひそかに想いを寄せる。
ヒデノリ(吉沢亮)
ヨシタケと一緒にタダクニの部屋でいつもくだらないことで騒ぐ。よく砂浜に行き、文学少女と会話する。
りんご(岡本杏理)
タダクニらの男子校と合同で文化祭をすることになった女子高の生徒。生徒会に所属している。
ヤナギン(山本美月)
りんごの同級生。他3人も合わせて、5人で出し物をする。男子を馬鹿にしている。

男子高校生の日常のネタバレあらすじ

映画『男子高校生の日常』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

男子高校生の日常のあらすじ【起】

男子校に通うタダクニ・ヨシタケ・ヒデノリの3人には、女子と出会うきっかけすらない。毎日タダクニの部屋で「どうやったら女子と付き合えるか」「どんな女子が好きか」など、くだらない話をして過ごしている。

そんな中、タダクニらに思ってもみないチャンスが到来する。彼らの通う男子校と、近くの女子高とが合同で文化祭をすることになったのだ。

文化祭は男子校で開かれることとなり、両校揃っての準備が始まった。はじめは生徒会役員同士が集まって話し合いを進める。
学校に女子がいることで校内は騒然とし、タダクニたちも騒ぎを聞きつけて廊下に出る。すると、階段で躓いた女子生徒がタダクニの腕につかまった。彼女はお礼を言って立ち去ったが、固まるタダクニの足元にシュシュが落ちていた。
タダクニはそのシュシュが彼女のものだと思い、そっとポケットに忍ばせるのだった。

3人は、廊下に落ちていたポスターを拾う。開いて見ると文化祭のポスターだった。目玉は「チームしゃちほこ」というアイドルのライブらしい。

男子高校生の日常のあらすじ【承】

いつものようにタダクニの部屋で過ごす3人。タダクニだけは、テスト期間なので勉強に集中しようとするが、ヨシタケとヒデノリはポスターを見ながら「スカート談義」に花を咲かせる。
スカートなんて布を巻いているだけでパンツをさらしているのと同じだ、ありえない、と騒ぐ2人。タダクニもその話に加わり、何故かスカートを履いてみることに。
勝手にタダクニの妹の部屋からスカートを拝借してきたヨシタケは、2人にも1着ずつ渡し、3人で履く。

しかし、素直に履いたのはタダクニだけだった。爆笑する2人に「騙された」と騒ぐタダクニ。そこに妹が帰宅し、「まず脱げ」とスカートを持っていかれる。

女子との合同文化祭に浮かれる3人。気になる女子がいるのはタダクニだけではない。ヨシタケはよく行くコンビニの店員が気になっており、ヒデノリは砂浜で読書する眼鏡の三つ編み女子が気になっている。

一方、女子高の方では、男子校ほど浮き足立ってはいなかった。りんごはヤナギンや他3人の友人たちと新校舎でコスプレカフェをしようと計画している。

男子高校生の日常のあらすじ【転】

いよいよ本格的な準備が始まった。女子生徒を迎える前に、トイレ掃除を任されたタダクニら3人と、唐沢。女子が使うんだから可愛くしなければ、という思いから、トイレットペーパーを三角にしてみたり、カバーを付けたり、ぬいぐるみを置いてみたりした。

準備のために、放課後大勢の女子が校内に入ってきた。タダクニは会議に参加していたが、その時りんごと目が合う。会議が終わるとりんごはなぜかタダクニの前まできて会釈して出て行った。「もしや自分のことが好きなのでは」と盛り上がるタダクニ。

タダクニたちはお化け屋敷の準備をしながらソワソワしている。時々りんごやヤナギンたちの教室の手伝いに呼ばれては、あまりにも女子を意識しすぎた態度に陰で笑われる。

さらに、あのトイレの評判も最悪だった。不運なことに教室のドアの近くにいた唐沢が呼び出され、さんざん罵られて恐怖するのだった。

文化祭の日が近づいていき、ヨシタケはコンビニの店員に、ヒデノリは文学少女に文化祭のチラシを渡す。

文化祭前夜、女子の準備が終わるまで、タダクニらも夜までお化け屋敷の準備を続けていた。そこで、「りんごはタダクニが好きなんじゃないか」という話で盛り上がり、タダクニも会議での経緯を語って聞かせ、その気になるのだった。

男子高校生の日常のあらすじ【結】

文化祭当日。
りんごたちのコスプレカフェは大いに盛り上がっていた。お客さんもたくさん集まっていたが、男子校の生徒たちは教室の外から遠巻きに眺めるだけだった。

一方、タダクニたちのお化け屋敷はあまりお客さんがいない。それどころか、通り道だと勘違いする人もいるくらいだ。

ヨシタケはコンビニ店員が来てくれたことを喜ぶが、彼女が彼氏を連れているのを見るとショックを受ける。

りんごは休憩時間を利用してお化け屋敷に来ていた。しかし、彼女の隣には学ラン姿の人物が。昨日あれだけ「りんごはタダクニが好きだ」と騒いでいたので、受付からそれを目にした友人たちは動揺する。
お化け屋敷の中でも同様で、おどかしながらりんごの隣に男がいるのを見たヨシタケたちは動揺する。
副会長はロッカーから飛び出て驚かそうとするが、勢いよく開いたドアが学ランの人物にぶち当たる。

実は、この学ランの人物はヤナギンだった。男装してりんごと周っていたのだ。ヤナギンは激怒し、彼女の言いつけでお化け屋敷は営業停止になる。

「チームしゃちほこ」のライブが開始間近になっていたが、客は思った以上に少ない。生徒会のメンバーは客を呼び込もうと校内を周る。
りんごがタダクニたちにも来てくれるように頼むが、彼らの反応は薄い。

去っていくりんごを引き留め、タダクニはシュシュを差し出す。が、横から別の女子生徒が「それ私の」と言って持ち去っていった。
結局りんごはタダクニの名前すら知らず、彼に少しの興味もなかったのだ。

「チームしゃちほこ」のライブは大いに盛り上がり、文化祭は終わった。

Amazon 映画『男子高校生の日常』の商品を見てみる