映画『マイティ・ソー ダーク・ワールド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『マイティ・ソー ダーク・ワールド』のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー ダーク・ワールドの概要:アベンジャーズの一員であり圧倒的な戦闘力を誇る、神、ソーを主役とした「マイティ・ソー」シリーズの第2弾。第一弾では宿敵であったロキと手を組む熱い展開はファン必見。

マイティ・ソー ダーク・ワールドの作品概要

マイティ・ソー ダーク・ワールド

公開日:2013年
上映時間:112分
ジャンル:SF、アクション
監督:アラン・テイラー
キャスト:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス etc

マイティ・ソー ダーク・ワールドの登場人物(キャスト)

ソー(クリス・ヘムズワース)
神の国、アスガルドの王子であり、時期国王候補。アベンジャーズの一員であり、地球にジェーンという恋人がいる。
ジェーン(ナタリー・ポートマン)
神、ソーの彼女であり天才物理学者。今回彼女の体を巡ってソーとマレキスが激しい戦いを繰り広げる事となる。
ロキ(トム・ヒドルストン)
一作目ではソーの宿敵であったソーの義兄弟。今回はソーと協力して戦う事となるが…。
オーディン(アンソニー・ホプキンス)
ソーの父親でアスガルドの国王。厳格な人物だが、息子達への愛は本物。
マレキス(クリストファー・エクルストン)
ダーク・エルフを統治する人物で、ジェーンに宿った力を利用して宇宙の征服を企んでいる。

マイティ・ソー ダーク・ワールドのネタバレあらすじ

映画『マイティ・ソー ダーク・ワールド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マイティ・ソー ダーク・ワールドのあらすじ【起】

人々がまだ気付く前、世間では少しずつこの世を揺るがす異常事態が発生していました。宇宙の重力に異常が見られ始めていたのです。原因不明とされているその異常事態ですが、若くも天才と名高い天文物理学者、ジェーンは独自の調査でその原因がロンドンに隠されていることを突き止めていました。

ロンドンへ向かうジェーンでしたが、実はその重力の乱れは、とある地球外生物の力の影響で生じていたのです。その生物とは「ダーク・エルフ」、宇宙の征服を企む悪人です。その強大な力に知らない内に近づき過ぎてしまったジェーンは、そのダーク・エルフの力を体に一部取り込んでしまいます。

そんな彼女の異変にいち早く気付いたのは、神の国アスガルドの王子、そしてジェーンの恋人であるソーでした。ソーはジェーンを救う為に地球へと降りますが、そのあまりの力に地球の技術ではなすすべもありません。そこでソーは、ジェーンを自分の国、すなわち神の国に連れて帰り、この力を彼女の中から除き去ろうと考えます。

マイティ・ソー ダーク・ワールドのあらすじ【承】

アスガルドに戻ったソーがまず頼ったのは、自分の父でありアスガルドの国王、オーディンでした。長き歴史を生きてきた彼なら、きっとその方法が分かると思ったのです。しかし、ジェーンの中の力を見たオーディンは、その力に恐怖を感じます。このジェーンの力を巡って、ダーク・エルフがアスガルドに攻めてくると考えたからです。

そして、オーディンの読みは当たっていました。ダーク・エルフの統治者であるマレキスが、アスガルドに攻めこんできたのです。その突然の襲撃に、アスガルドは甚大な悲劇を受けました。そして追い討ちをかけるように、何とソーの母親でありアスガルドの王女のフリッガまでもが命を落としたのです。

この事実には、アスガルドを憎んでいるロキもショックを受けます。本来敵国の存在である自分を唯一分け隔てなく愛してくれたのが、その母親だったからです。ソーは同胞を、母親を殺された復讐をするため、そしてジェーンを救う為にマレキスと対峙する事を決めます。しかし、ソー1人では流石に多勢に無勢です。

マイティ・ソー ダーク・ワールドのあらすじ【転】

ソーが協力を要請したのは、現在は地下牢に繋がれている弟、ロキでした。母親の仇を討つため、とロキはその要請を受け、宿敵である2人は再度肩を並べる事となります。2人は兵を引き連れマレキスの元へ向かいました。ダーク・エルフの本拠地で、2人はその実力を発揮し大暴れします。

しかし、やはり地の不利もあり徐々にアスガルド軍は追い込まれていきます。撤退を余儀なくされた時、自らしんがりに名を挙げたのがロキでした。ロキはフリッガを殺した兵士に復讐を果たしますが、他の兵士達の猛攻にあい命を落としてしまいます。ロキの捨て身の活躍で、ソーとジェーンは地球に戻っていました。

ソーはマレキスとの決着をつけるため、ジェーンの研究仲間であるセルヴィグ博士が開発した重力操作機器を動かしマレキス軍の戦艦を地球へと引き寄せます。激しい戦いを繰り広げる2人でしたが、最終的にこの世すべてを闇に落とそうとしたマレキスにソーがとどめを刺し、辛うじて地球は救われました。そして、ジェーンの中の驚異的な力も無事に取り除かれたのです。

マイティ・ソー ダーク・ワールドのあらすじ【結】

ソーにはダーク・エルフの猛攻を受け傷付いた祖国、アスガルドを復興させるという使命があります。ソーは再び地球からアスガルドへと戻り、国王オーディンの前に参上します。今回の活躍を受け、オーディンは国王の座をソーに譲ると提案します。しかし、ソーの中には自分たちを庇い死んでいったロキの姿がいつまでも残っていました。ソーは自分よりもロキの方が国王の座に相応しいと誘いを辞退、その場を去ります。

そんなソーの姿を見たオーディンは、ニヤリと口元をあげました。そしてオーディンの姿が変化していき、何とロキの姿になったのです。実はロキは死んでおらず、父親であるオーディンに化けていたのでした。

ダーク・エルフの力の源は「無限石」という鉱石でした。その無限石はこの宇宙上にいくつか存在し、それらが揃うと地球が危機に晒されるということがわかりました。ソーはその鉱石をコレクターという人物に手渡し保管を依頼します。そしてソーはアスガルドの復興に尽力しつつ、時折地球に降りてはジェーンと愛を育むのでした。

マイティ・ソー ダーク・ワールドの解説・レビュー

「マイティー・ソー」は、ロキのストーリー

前作でも、今作でも「ロキ」の存在は非常に重要なファクターになっています。時系列的に間にあたる「アベンジャーズ」にも敵の親玉的存在として登場し、ソーと作品を超えた兄弟喧嘩を披露しています。本作のラストにも、劇中では死んだはずの「ロキ」が王座の席に座っているシーンで幕を閉じるという思わせぶりな終わり方をします。「ロキ」は、スピンオフ作品を熱望する署名活動が行われているぐらいの大人気キャラクターですので、これからも登場する機会は多いのではないでしょうか!私的には、「アベンジャーズ」にてハルクに足を握られてボコボコに振り回される姿にはお腹を抱えて笑いましたが、「ロキ」のなぜか憎めない愛くるしいキャラクターに加えて、今作では「兄弟愛」へのツンデレを盛り合せてきたところがまたいい味になっていると思います!

謎の男「コレクター」

作品クレジット後に登場する謎の男「コレクター」。マーベル作品は、それぞれの作品の設定がオーバークロスして物語が展開するのが特徴の一つですが、今回登場した「コレクター」もその一人。近々公開予定とされている作品「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」における重要人物なのです。演じるは、ベニチオ・デル・トロ!デル・トロと言えば「チェ・ゲバラ」を演じた作品で記憶に新しいです。革命のカリスマからマーベル界のダークヒーローへの華麗なる転身に期待大です!

マイティ・ソー ダーク・ワールドの感想まとめ

カッコいいソーを観たい・・・という方にももちろんお勧めなのですが、「カッコいいロキを観たければダークワールドだ!」と声を大にして言いましょう!「アベンジャーズ」でコテンパンにされて威厳を失いかけたダークプリンスも今作で大復活!「大人しいロキ」、「頭が切れるロキ」、「不敵な笑みのロキ」、「ツンデレなロキ」などロキの魅力で溢れています。特に、アスガルド牢屋で座って読書をするロキが個人的には好きです!ストーリー自体はありがちで、ダークエルフや闇の世界の設定には無理を感じる部分はありますし、マレキスの存在感が大きいようでパッとしません。それこそ、ロキに食われてしまっています。主人公のソーもロキを引き立てる役目に成り下がっているかも・・・。アクションとしての評価は決して低くはありませんし、見せ場はあります。ソーのハンマーも飼い犬がご主人に向かって駆け寄るように宇宙中を飛び回りますし!ナタリー・ポートマンの衰えない美貌も健在です。ですが、全体としてのインパクトは弱いと言わざるをえません。

Amazon 映画『マイティ・ソー ダーク・ワールド』の商品を見てみる

関連作品