映画『ダーウィンの悪夢』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ダーウィンの悪夢」のネタバレあらすじ結末

ダーウィンの悪夢の概要:タンザニアのビクトリア湖付近の街を舞台に、世界が抱える様々な問題を正面から映し出した長編ドキュメンタリー映画。そこには、日本とは違う、凄惨な現実が待っていた。

ダーウィンの悪夢の作品概要

ダーウィンの悪夢

製作年:2004年
上映時間:112分
ジャンル:ドキュメンタリー
監督:フーベルト・ザウパー

ダーウィンの悪夢の登場人物(キャスト)

エリザ
ビクトリア湖の近くにある小さな町で、娼婦として生活している少女。本当はコンピューターについて学びたいと思っているが、生活のためにその夢は叶わずにいる、
ラファエル
学校にも通えず、警備の仕事に就く少年。勉強をしたいと思っているが、経済的に困難で危険な仕事に就き金を手にしている。

ダーウィンの悪夢のネタバレあらすじ

映画『ダーウィンの悪夢』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ダーウィンの悪夢のあらすじ【起】

タンザニアにある、ビクトリア湖畔の小さな町。その町は、魚を中心に経済が回っていた。河畔で獲れる魚を日々ヨーロッパへ運び、利益を得るのだ。町の住人の多くは、魚関連の仕事に就いていた。しかし、その町では想像もできないような凄惨な現状が広がっていた。

タンザニアは日本と比べると、生活水準がまだまだ低い国である。町には路上で生活するストリートチルドレンが溢れ、また、魚の輸送のために訪れるパイロット相手に売春行為を働く娼婦の存在など、改善すべき点が山積みの状態だった。しかし、そんな町で暮らす彼らにも夢があった。

売春行為をしている女性の一人、エリザは実は英語が堪能だった。それも、なんと彼女はそれを独学で学んだというほど勉強熱心な少女だったのだ。そんな彼女には、コンピューター関連の学校に通うという密かな夢があった。しかし、彼女は娼婦をしなければ経済的に生活ができないのである。

ダーウィンの悪夢のあらすじ【承】

ラファエルという少年は、とある研究施設で警備の仕事に就いていた。勿論、学校には通っていない。彼自身は学校に通い勉強したいと望んでいるものの、金を稼がなければいけない。そして、彼は今日も、毒矢を手に警備に当たるのだった。

彼らの他にも、本当は夢がありながらも生活のために危険な仕事をしなければいけない者がこの国には多くいた。また、この国にとって最も深刻な問題がHIVの流行だった。売春行為が当然のように行われているこの国では、日本よりもHIVが流行しやすいのだ。また、住民達に正しい性知識がないことも、大きな要因の一つであった。

住民達は、「創造主は世界を作った時に限られた資源しか与えなかった」という。そして、そのために世界では争いが絶えず起きているのだ。魚が経済を回しているこの国において、最も重要な魚はナイルパーチである。しかし、繁殖してしまったナイルパーチによって在来種が住処を追われてしまい、絶滅の危機に陥っていた。

ダーウィンの悪夢のあらすじ【転】

しかし、住人や政府はそんなナイルパーチに対して対策を行おうとはしない。その理由は、ヨーロッパとアフリカの間で行われている、とあるやり取りにあった。なんと、ナイルパーチを輸送するための飛行機から、武器が見つかったのだ。

その飛行機はアフリカのアンゴラという場所に向かっていた。この地は、武器売買に巻き込まれていたのである。勿論監視官はいるものの、そんな事態には見て見ぬ振りの形ばかりの存在だった。このように、実際にこの町に密着して取材をしてみると、今まで見えてこなかったこの町の凄惨な実態が浮き彫りになるのだった。

捕らえたナイルパーチは生のままで輸出するだけでなく、町民達が自ら加工処理を行っていた。しかし、加工中の魚は強いアンモニア臭を放つ。そんなアンモニア臭を絶えず浴びている作業員の女性は目をやられてしまっている。女性達が自らの身を犠牲に加工されたナイルパーチは、日本にも輸入され消費者の手に渡っているのだ。

ダーウィンの悪夢のあらすじ【結】

しかし、いくらナイルパーチの加工をしても町民の暮らしは楽にならない。ストリートチルドレンは、限られた食材を巡っていざこざを起こしている。そして、悲しいことに、コンピューターを学びたいと言っていたエリザは、娼婦の仕事をしている際、客に襲われ殺されてしまった。

生と死が常に隣り合わせの町、それがこの町だった。常に金に困窮している町民の1番の稼ぎ道は、戦争に参加することだった。兵士として戦争に出向けば、政府から多額の報酬が手に入るのだ。彼らは金のために、自国の安全よりも戦争が起きることを願っていた。生きていくためには、誰かを殺すのもしょうがないという。

しかし、戦争の後には必ず貧しい人間が生まれる。戦争は何も生まないが、しかし、ここに住む人にとってはむしろ戦争は救いとなることもあるのだ。このように、日本では考えられない現状が、そして、人々が知らないだけで、世界ではこのような状況の場所が、多く存在するのだった。

この記事をシェアする