『デルス・ウザーラ』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

1975年に製作された黒澤明監督によるソ連・日本の合作映画。地図製作の命を受けた探検家と原住民のデルスとの交流をシベリアの圧倒的な風景を背景に描く。アカデミー賞外国語映画賞受賞。

あらすじ

デルス・ウザーラ』のあらすじを紹介します。

1902年、探検家のアルセーニエフ(ユーリー・サローミン)は地誌調査のために、何人かの隊員と共にウスリー地方にやってきていた。そこで原住民のデルス(マキシム・ムンズク)と出会う。その敏捷な動きや洞察力、自然に対する豊富な知識や経験に感心したアルセーニエフは彼を案内役として同行させる。まもなくデルスは隊にとけ込み、アルセーニエフも幾度となく危機を救われるのだった。そして目的を果たした一行はデルスに別れを告げると、ウラジオストックへの帰路へついた。

1907年、再び調査のためにウスリー地方へやってきたアルセーニエフはデルスと再会を果たし、また案内役を頼むことになる。しかしデルスには老いの陰りが見られるようになっていた。視力の低下は狩猟を生業とする彼から森の中での居場所を奪っていく。そしてある日野生のトラを誤射してしまったデルスは森の精霊の怒りを感じて自暴自棄に陥り、見かねたアルセーニエフはデルスを森から出して街にある自分の家に住まわせる。アルセーニエフの家族は優しく接するが、やはり街での生活はデルスから生気を奪っていった。森に戻る決心をしたデルスに、アルセーニエフは親切心から最新式の銃を贈る。しかしその銃が原因でデルスは強盗に襲われ命を落とす。アルセーニエフには良き友人が地中に埋められていくのを見守ることしか出来なかった。

評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:不明
  • 上映時間:141分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:黒澤明
  • キャスト:シュメイクル・チョクモロフ、ユーリー・サローミン、マキシム・ムンズーク、ウラジミール・クレナメ、スペトラーナ・ダニエルチェンコ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『デルス・ウザーラ』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

自然と共に生きる

産業革命を経て、19世紀は開発の世紀でもあった。これまで屈服するしか無かった自然に対抗する手段を得た人間は、その自然観を大きく変化させてきた。地誌調査に訪れるアルセーニエフはまさにそちら側の人間であり、彼にとって自然とは克服すべき相手だ。一方で案内役のデルスは違う。彼は自然の中で暮らし自然と共に生きてきた。必要以上の狩猟が森の生態系を崩してしまうことを知っているし、過酷な自然の中で生き伸びる術も持っている。また太陽を「1番偉い人」など全てのものを人として捉えている点も彼の思想を表現していて興味深い。彼にとって人間と自然の境界線などないに等しいのだ。

文明と自然、価値観の違い

老いて衰えたデルスをアルセーニエフは文明化した街へと連れ出す。それは彼なりの親切心からであろうが、デルスには街の文化が理解できない。デルスにとって水も薪も自然から分けてもらうものであり、商品として対象化されるものではないのだ。この価値観の違いがデルスを苦しめ、結局森に戻る決意をする。そしてアルセーニエフが餞別として与えた最新式の銃という文明は結果として彼を死に追いやる。自然に生かされてきた彼が文明によって殺されるラストは何とも皮肉で物悲しい。

まとめ

『トラ・トラ・トラ!』の監督降板や『どですかでん』の興行的失敗によって、黒澤明の周囲の環境が悪化していた時期にソ連で撮影された作品。エンターテイメント性も兼ね備えた黒澤映画の中では珍しく、芸術性の高いものになっている。物語は文明化された探検家と、自然の中で生きてきた原住民との交流が描かれる。自然に対する人間の態度の批判がテーマとして挙げられるが、何よりも2人の友情の背景となる大自然の映像が素晴らしい。同じ画面に太陽と月が収まるシーンや荒れ狂う吹雪のシーンは特に見事で、黒澤の完璧主義っぷりが遺憾なく発揮されている。またデルスを演じるマキシム・ムンズクが不思議な魅力を放っている。逞しさと素朴さを兼ね備えた見事なキャラクターを作りあげている。

Amazon 映画『デルス・ウザーラ』の商品を見てみる