映画『デザート・フラワー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「デザート・フラワー」のネタバレあらすじ結末

デザート・フラワーの概要:実在するソマリア出身のモデル、ワリス・ディリーの自伝を元に作成された映画。ホームレスからスーパーモデルへとのし上がるシンデレラストーリーでありながら、女性割礼についても触れられている深い作品に仕上がっている。

デザート・フラワーの作品概要

デザート・フラワー

製作年:2009年
上映時間:127分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:シェリー・ホーマン
キャスト:リヤ・ケベデ、サリー・ホーキンス、ティモシー・スポール、ジュリエット・スティーヴンソン etc

デザート・フラワーの登場人物(キャスト)

ワリス・ディリー(リヤ・ケベデ)
遊牧民の女性。家を飛び出し首都に出て来た際に、有名カメラマンの目にとまる。その後モデルとして活躍するようになる。
マリリン(サリー・ホーキンス)
ホームレスになってしまったワリスに、職を紹介してくれた女性。ダンサーとして活躍する夢を持つ。
ニール・フェアラム(クレイグ・パーキンソン)
ワリスと偽造結婚することになった人物。束縛が強い人物で、もともとその愛は表面上のはずであったが…?
テリー・ドナルドソン(ティモシー・スポール)
有名カメラマン。ワリスの美しさに目を奪われ、彼女の写真を撮りたいと願い出てくる。

デザート・フラワーのネタバレあらすじ

映画『デザート・フラワー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

デザート・フラワーのあらすじ【起】

ワリス・ディリーは、ソマリアの遊牧民として生を受けた。兄弟と共に力強く生きていた彼女だったが、まだ彼女が13歳の時、彼女に結婚相手があてがわれることとなった。なんと、その相手は60代の老人だった。その事実に耐えかねたワリスは、首都で暮らす祖母を頼って家を飛び出したのだった。

その後メイドの仕事をしながらなんとか暮らしていたワリスだったが、やがてその仕事も失ってしまう。英語が話せない彼女を雇ってくれる場所もなく、家に戻ることもできず、彼女はなすすべもなくホームレスになってしまうのだった。

ある日、ワリスが店で服を見ていると、彼女はマリリンという女性店員に出会う。最初はワリスを拒むマリリンだったが、その後偶然が重なり、彼女達は何度か顔を合わせることになる。そして、成り行きでワリスを一晩家に泊めることになったマリリンは、ワリスの心優しさと気遣い、そして、勤勉さを知り、彼女に仕事を紹介することにするのだった。

デザート・フラワーのあらすじ【承】

マリリンがワリスに紹介してくれたのは、バーガーショップの清掃員としての仕事だった。与えられた仕事をしっかりとこなすワリス。そんな彼女は、とある男性の目にとまる。その男性の名前はテリー・ドナルソン。その時の彼女は知る由もなかったが、非常に有名な写真家である人物だった。

ワリスに強い魅力を感じたテリーは、彼女の写真を撮りたいと願い出る。当初はそれを断っていたワリスだったが、次第に彼女は体調不良を訴えるようになってしまう。実は、彼女は遊牧民であった頃、女子割礼を受けていた。女子割礼とは女性器の一部を切除する、純潔を重んじる部族の独特の行為のことであり、結婚初夜に夫となる人物が開けるまでは縫合されているのだ。

しかし、その手術は彼女に大きな苦痛を敷いていた。医師に診せたワリスは、失った性器は戻せないものの、手術によって今よりもまだ良い状態にできることを聞かされる。そして、手術費を手に入れるために、ワリスはテリーの元へと向かうのだった。

デザート・フラワーのあらすじ【転】

こうして、ワリスは初めてのモデルとしての仕事を開始するのだった。そして、ワリスは次第にモデルとして注目を集めるようになる。ある日、ワリスは世界中で開催される大きなショーに出演することが決まる。しかし、なんと彼女のパスポートは6年も前に期限が切れており、このままでは彼女は不法滞在者として強制送還になってしまうことが明らかになるのだった。

ワリスの友人や所属事務所の社長であるルシンダの暗躍によって、偽造パスポートを使い出国しようとしたワリス。しかし、彼女はあえなく空港で捕らえられてしまうのだった。周囲の助けもあり、なんとか刑務所から出ることができたワリス。

しかし、その際の弁護代など多額の借金を背負ったワリスは、その借金を返済するためにもニールという男性と結婚することになる。ニールには恋人がいて、その結婚は偽造結婚のはずだった。しかし、ニールは非常に束縛が強く、ワリスは次第に追い詰められていくのだった。

デザート・フラワーのあらすじ【結】

偽造結婚のはずであった彼らだが、ニールは本気でワリスに恋をするようになっていたのだ。ニールに恋人がいるという話も真っ赤な嘘であり、ニールは本当にワリスと一緒になりたい、とワリスに告げる。しかし、ワリスはそれを受け入れることはできないのだった。そんな彼女に、とうとう無期限滞在許可が降りた。そして、彼女はニールに礼を言うと、彼の元を去るのだった。

その後、次々とファッションショーに出演して成功を収めた彼女の元に、インタビューの話が舞い込んでくる。そして、そのインタビューで彼女は自身も受けた女子割礼について訴えたのだ。彼女の姉妹は、女子割礼が原因で命を落としていた。出血過多や感染症などのリスクも高い女子割礼は、まだ幼い女性にとって非常に危険な行為である。ワリスはそんな行為はやめるべきだ、と世界に訴えた。彼女は国連の特別大使に任命されることとなり、その後自分と同じような経験をする女性を減らすために尽力するのだった。

この記事をシェアする