映画『デトロイト・メタル・シティ』あらすじネタバレ結末と感想

デトロイト・メタル・シティの概要:同名の漫画が原作。松山ケンイチがデスメタルに挑戦し、劇中の歌も実際に歌っている。また、世界的に有名なメタルバンド「Kiss」のジーン・シモンズが出演したことでも話題になった。

デトロイト・メタル・シティ あらすじネタバレ

デトロイト・メタル・シティ
映画『デトロイト・メタル・シティ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

デトロイト・メタル・シティ あらすじ【起・承】

主人公の根岸崇一は、ポップでおしゃれな、恋愛ソングを素朴に歌うことを夢見る穏やかな青年である。大好きな歌を歌うために、歌手になることを夢見て故郷から上京。しかし、予想とは反して、契約したレコード会社から何故かデスメタルバンドのボーカルとしてデビューさせられることになる。

バンド名は「デトロイト・メタル・シティ」であり、崇一はヨハネ・クラウザーⅡ世として、顔を真っ白に塗って額には「殺」の文字を書く独特のメイクをして歌を歌うのだが、それは自分の憧れていた歌とは程遠い、「殺す」「死」とシャウトするような歌だった。あまりにも自分のやりたいこととかけ離れているため、本人は嫌で嫌で仕方ないバンド活動なのだが、その人気はうなぎ登りで、熱狂的なファンのおかげでライブは常に大盛り上がり。盛り上がれば盛り上がるほど、僕のやりたい音楽はこんなものじゃないと悩みを深くする崇一。

しかも、好きになった相川由利は、おしゃれ系雑誌の編集者をしている。崇一は、過激な音楽が嫌いだという彼女の前では絶対に自分がクラウザーⅡ世であることがバレるわけにいかない、と必死に隠しながら過ごすしかなかった。

デトロイト・メタル・シティ あらすじ【転・結】

そんなある日、崇一は自分の目指している音楽で成功しているミュージシャンを見て、またユリちゃんに自分の正体を明かそうとして失敗し、「探さないでください」と書き置きをして姿を消す。行先は、田舎の実家である。道中、様々な人がデトロイト・メタル・シティのTシャツを着ていたり、歌を歌っていて、そのたび頭を抱えて苦しむ崇一。しかし、帰省した先で母の優しさに触れ、クラウザーⅡ世を崇拝してやまない弟とクラウザーの恰好をして関わっていく中で、どんな音楽でも人を幸せにすることはできるのだと気付く。

同時期、ブラックメタル界の帝王と呼ばれるジャック・イル・ダークが「各国のメタルバンドをつぶす」という目的で来日し、デトロイト・メタル・シティを対バン相手に指名していた。崇一は、ファンたちからの手紙を受け取り、みんなが自分のことを待ち望んでいると知る。母の励ましにも背中を押され、再びクラウザーⅡ世としてライブ会場に舞い戻った。

ファンの大歓声に包まれながら、デスメタルバトルをジャックと繰り広げるクラウザーⅡ世。死闘の末、勝利したクラウザーⅡ世は、好きな歌を歌えばいいのだと吹っ切れ、クラウザーⅡ世の姿のまま、自分の作ったポップでおしゃれな歌を歌う。ファンたちは「これもまたクラウザー様からの地獄の試練だ」と聞いてくれたのだった。

デトロイト・メタル・シティ 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:104分
  • ジャンル:コメディ、青春、音楽
  • 監督:李闘士男
  • キャスト:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ etc

デトロイト・メタル・シティ 批評・レビュー

映画『デトロイト・メタル・シティ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

松山ケンイチはすごい

笑った。とにかく笑った。崇一とクラウザーⅡ世の落差がすごすぎて、笑うしかなかった。松山ケンイチの演技が素晴らしい。どちらも違和感なくこなしている。

個人的にデスメタルには詳しくないが、無理やりな感じもなかったので、ある意味自然に「殺す」とか「地獄」とか叫んでいるし、歌のパートも非常にうまい。多才な人であることがよくわかる役柄だった。

ストーリーはよくもわるくも、普通

よくある話と言えばよくある話で、意外性はない。こんな音楽したかったんじゃない、とうじうじする主人公が、与えられている環境に感謝し希望を取り戻す、というなんの変哲もない流れだ。だからこそ、デスメタルが好きだったり、松山ケンイチが好きだったり、何か別の興味を持てる要素がないと、最初から最後まで楽しむことは難しいかもしれない。ちなみに私は特にそういった要素がなかったので、面白い映画だと心から言い切ることはできない。

ただ前述したように、何よりも松山ケンイチの演技がすごい。すごい、と思う間もなく笑わせてくれるから、その部分だけは本当に観る価値あり。後半のクライマックスがとにかく「死ぬ」とか「KILL」とか叫び続けるライブ映像なので、メタルがよくわからない私は退屈したのかもしれない。

いや絶対正体わかるだろう、と思えるようなシーンも多々あるので、真剣に向き合う映画というよりは、何も考えずに笑いたいなと思う時に見るのをおすすめする。

オシャレ批判?

よくオシャレオシャレという言葉が出てくるし、崇一もオシャレに憧れている。しかし出てくるバンド名が「テトラポット・メロン・ティ」だったり、崇一が歌っている歌が「甘い恋人」だったりと、そこはかとなく、ダサい。それをオシャレオシャレとあがめることによって、逆にそういった「オシャレ至上主義」みたいなものを批判しているのかもしれない、と思うと共感が持てた。

デトロイト・メタル・シティ 感想まとめ

とにかく深いことは考えずに、ひたすら笑いたいという人にはおすすめ。松山ケンイチが好きだという人にもおすすめ。松山ケンイチのとりたててファンではないが、すごいなあと思う間もなく笑わせてもらった。デスメタルが好きだという人にとってどうなのかは造詣が深くないのでわからない。ただ「Kiss」というバンドのメンバーが出ているのはすごいことだそうだ。ストーリーというよりも、松山ケンイチの演技や音楽、周囲のキャラクターの濃さを味わう映画となっている。

Amazon 映画『デトロイト・メタル・シティ』の商品を見てみる