映画『ディアボロス 悪魔の扉』あらすじとネタバレ感想

ディアボロス 悪魔の扉の概要:1997年制作のアメリカ映画(原題:The Devil’s Advocate)。オカルトスリラー映画で当時人気があったキアヌ・リーブスとアル・パチーノ、シャーリーズ・セロンの共演で話題になった作品である。

ディアボロス 悪魔の扉 あらすじ

ディアボロス 悪魔の扉
映画『ディアボロス 悪魔の扉』のあらすじを紹介します。

無敗記録という輝かしい記録を更新し続けている、フロリダの若手弁護士ケヴィン(キアヌ・リーブス)。
ある日彼はジョン・ミルトン社長(アル・パチーノ)が経営するニューヨークのミルトン法律会社からヘッドハンティングされた。
役員扱いの好待遇すぎる扱いにケヴィン夫婦の気分は盛り上がり、気分新たに仕事に精がでるのは当然のことだった。

そんな時、事務所の顧客・不動産王のアレキサンダーが妻子殺害のため逮捕されるという事件が起こる。
この件を任されてケヴィンは必死に働くが、今までと比べ物にならない忙しさに家にけることも忘れてしまう。
ケヴィンの妻メアリー・アン(シャーリーズ・セロン)は慣れない土地での暮らしの上、夫と会話することもできず精神に異常をきたしてしまう。
これをきっかけにケヴィン夫婦の周りでは奇妙な出来事が増え、妻はどんどん悪魔の幻覚を見るようになっていく。

そして担当していたアレキサンダー事件の真相を知った彼もまた、野心に燃えているがゆえ自分を見失っていってしまう。
そしてそのときが突然来た。
メアリー・アンがミルトンにレイプされたと言い精神病院に運ばれ、そこで自殺をするのだ。
かけつけた母親にケヴィンは「ミルトンが本当の父親である」と伝えられる。
オフィスに向かったケヴィンはミルトンと直接話す。
そこでミルトンが放った言葉は「世界征服をしないか」という本物の悪魔の囁きだった。
ケヴィンはミルトンに魂を売り渡した振りをして、持っていた銃でこめかみを打ち抜いた。

そして舞台は変わりフロリダの裁判所。
そこで弁護を担当しているケヴィンが立っている。
今までのことは夢だったのか?
メアリー・アンと帰宅したケヴィン。
そこにいたのは顔を変えたミルトンだったのだ。

ディアボロス 悪魔の扉 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:テイラー・ハックフォード
  • キャスト:キアヌ・リーヴス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン、ジェフリー・ジョーンズ etc

ディアボロス 悪魔の扉 ネタバレ批評

映画『ディアボロス 悪魔の扉』について、感想批評です。※ネタバレあり

豪華な共演者の顔ぶれは満足感十分

アル・パチーノとキアヌ・リーブスの共演。
今でこそ普通のおじさん俳優たちであるが当時は興味深く感じられたものである。
アル・パチーノの独特なオーバーリアクションな演技が悪魔役にピッタリで、面白さを増していたように思う。
また野心に突き動かされ魂を売り渡していくという変貌の様子をリアルに演じていたキアルも存在感があり非常に良い。
妻役のシャーリーズ・セロンは演技ももちろんだが美しく見応えがあった。

悪魔の描き方が新鮮で良い

モンスターのような容姿ではないため、リアルさがある。
本当の悪魔は人間の姿になっているのかもしれないと思う鑑賞者の気持ちを見事に形にしている。
ただ悪魔の扉という邦題のサブタイトルは比喩表現だと思って鑑賞していたので、まさか本当に悪魔に取り憑かれた若手弁護士の話だと知ったときはちょっとした衝撃だった。

ストーリー構成はみやすいものの、144分という上映時間が長く感じさせる。
途中からオカルト風味に持っていかれるのでまだ見られるが、もう少し短くしてテンポ感をあげても良かったのでは?と思う。
前半・後半とサスペンス要素とオカルト要素がばっさりと区切られていたのでとってつけたような感じが見受けられたのも気になるところ。

雰囲気映画

鑑賞し終わったあとの正直な感想は雰囲気映画であるということ。
内容がどうだったか、演技がどうだったかというよりも制作スタッフが悪魔の雰囲気を大事にした感じが伺える。
見終わったあとにいかにもなオカルト映画というよりも、スタイリッシュで実力派俳優が実はオカルト映画に挑みましたという印象を残したかったのかな?とさえ思うような仕上がりであった。

ディアボロス 悪魔の扉 感想まとめ

実際のところオカルト映画が大して好きではないひとでも、楽しむことができる作りになっている映画である。
軽いタッチとまでは言わないが、ドラマ的要素が大きくホラーの感じは薄い。
俳優陣たちも顔が売れている人ばかりなので、B級らしい怖さやわざとらしさがあるわけでもない。
一般の人にもきちんと見てもらえる作品であろう。
しかし、上記にも書いたが少々長いのがたまにキズである。
ちょっと見たいという時には選びたくない長さ。
ただ俳優陣の独特な演技力は面白く、これだけでももしかしたら見る価値はありだと思う人も多いことであろう。
当時の人気はなくなった今であるが2人の怪演は今見てもやはり面白く、映画好きにはぜひ見て欲しい1本である。

Amazon 映画『ディアボロス 悪魔の扉』の商品を見てみる