映画『プラダを着た悪魔』のネタバレあらすじ結末

プラダを着た悪魔の概要:世界のファッション業界を牛耳るカリスマ編集長のミランダは、仕事はできるがわがまま放題のワンマン上司で、新人アシスタントのアンディを振り回す。メリル・ストリープが悪魔のような上司を好演し、映画は大ヒットした。世界のトップ・ブランドを着こなすキャスト陣の衣装を見るのも楽しい。

プラダを着た悪魔の作品概要

プラダを着た悪魔

公開日:2006年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:デヴィッド・フランケル
キャスト:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ etc

プラダを着た悪魔の登場人物(キャスト)

アンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)
ジャーナリストを目指してオハイオからニューヨークへ出て来た。家賃稼ぎとキャリアのためと割り切って、全く興味のないファッション誌の編集部で、編集長のアシスタントとして働き始める。文才はあるがファッションセンスはゼロ。通称アンディ。
ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)
世界で最も有名なファッション誌「ランウェイ アメリカ版」のカリスマ編集長。ファッション業界での彼女の影響力は絶大で、世界中で何百万人もの女性が彼女の地位に憧れている。仕事はできるが無理難題をふっかける鬼上司で敵は多い。双子の娘がいる。結婚しているが、現在の夫は双子の実の父親ではない。
エミリー・チャールトン(エミリー・ブラント)
ミランダの第一アシスタント。ファッション業界に憧れ、ミランダのアシスタントとしてパリ・コレに同行させてもらえることだけを心の支えに過酷な仕事に耐えている。
ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)
ラナウェイ編集部でミランダが最も頼りにしている部下。幼い頃から洋服が大好きで、ランウェイ誌を心から愛している。ダサいアンディにセンスのいい洋服を選んでくれる。
ネイト(エイドリアン・グレニアー)
アンディの恋人で同棲相手。一流のコックを目指して修行中。華やかなものには興味がなく、地味でもしっかりとした信念を持つアンディを愛している。
クリスチャン・トンプソン(サイモン・ベイカー)
有名な作家で、いわゆるセレブ。ランウェイ誌にも記事を書いている。あちこちのパーティに顔を出すプレイボーイで、アンディにも目をつける。ミランダのことは嫌い。

プラダを着た悪魔のネタバレあらすじ

映画『プラダを着た悪魔』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

プラダを着た悪魔のあらすじ【起】

アンディは硬派なジャーナリストを目指してオハイオからニューヨークに出て来た。あちこちの出版社へ手紙を出したところ「イライアス=クラーク出版」の人事部から返事がある。雑誌のジャンルは全く興味のないファッション誌だったが、アンディは生活費を稼ぐためと割り切って面接を受けに行く。

仕事は編集長ミランダのアシスタント業務だった。しかしアンディはランウェイを読んだこともなければミランダの名前も知らない。第一アシスタントのエミリーはアンディのダサい服装と無知さに呆れる。

ランウェイは世界で最も有名なファッション誌で、そのアメリカ版の編集長といえば世界中の女性たちが憧れる職業だ。ミランダはファッション業界に絶大な影響力を持つカリスマ編集長で、仕事へのこだわりと厳しさで有名だった。彼女がオフィスに現れる時間になると、社員たちの顔色が変わる。特にミランダのアシスタントは大変な激務で、すでに何人もがクビにされていた。

ミランダはダサいアンディを一瞥して興味を失うが、アンディは“見た目は悪いが頭も切れるし物覚えも良い”と反論する。この業界に憧れて入ってくるアシスタントの無能ぶりに嫌気がさしていたミランダは、試しにアンディを雇ってみることにする。アンディはまだこの仕事の厳しさを知らず、彼氏のネイトや友人たちと呑気に就職祝いをする。

プラダを着た悪魔のあらすじ【承】

翌朝。早朝にエミリーの電話で起こされ、ミランダ用の熱いコーヒーを買ってすぐに出社しろと指示される。アンディがミスをすれば自分のクビまで危なくなるので、エミリーも必死だった。エミリーはパリ・コレでオートクチュールを着てパーティに出ることだけを夢見て、この過酷な仕事に耐えていた。ようやく第一アシスタントに昇進した今年こそ、その夢が叶うはずだった。

アンディはとりあえず指示通り動こうとするが、なかなかうまく対処できない。ミランダはアンディの名前も覚えてくれず、ずっと“エミリー”と呼んでいた。ミランダの部下のナイジェルは、相変わらずダサいアンディにせめてヒールを履くよう忠告する。

各担当の撮影プランをミランダがチェックする場で、アンディはミランダたちが似たようなベルトを吟味するのを見て思わず吹き出してしまう。これにカチンときたミランダはアンディの無知をこき下ろす。アンディはネイトに愚痴を聞いてもらい、1年の辛抱だと自分に言い聞かせる。ミランダは最悪の上司だったが、彼女のもとで1年我慢すれば出版業界で認められることも事実だった。

ミランダがマイアミに出張し、アンディはホッとしていた。ところがミランダから明日は双子の演奏会があるのですぐに飛行機を用意しろと連絡がある。マイアミではハリケーンが発生し、飛行機は全て欠航だった。アンディはあちこちに連絡してみるがどうすることもできず、そのことでミランダにこってりと嫌味を言われる。

プラダを着た悪魔のあらすじ【転】

すっかり落ち込んだアンディは“ミランダが認めてくれない”とナイジェルに泣き言を言う。ナイジェルはアンディの横暴さと努力不足を指摘する。この仕事をしながら服装に構わない自分のミスに気づいたアンディは、ナイジェルにコーディネートをしてもらいおしゃれな女性に変身する。

見た目も中身も自分のアシスタントらしくなったアンディにミランダも一目置き始める。しかしネイトは仕事優先主義になっていくアンディを快く思っていなかった。

アンディは仕事で訪れたクラブで有名な作家のクリスチャン・トンプソンと知り合う。憧れのトンプソンに自分の文章を読んでもらえることになり、アンディは有頂天になる。

アンディを認めたミランダは編集過程の本を毎晩自宅に届ける役目をエミリーからアンディに引き継がせる。エミリーは絶対に何も見るなと忠告するが、アンディは双子に騙されて2階へ上がり、ミランダ夫婦の口喧嘩を目撃する。これがミランダの逆鱗に触れる。

翌日、ミランダは双子のために発売前のハリー・ポッターの原稿を手に入れろと無謀なことを言い出す。用意できなければ帰ってこなくていいという事実上のクビ宣告をされ、アンディは追いつめられる。しかし駄目元で連絡したトンプソンが原稿を入手してくれ、アンディはクビを免れる。ミランダもアンディの有能さを認めざるを得なかった。

プラダを着た悪魔のあらすじ【結】

ミランダの信頼を勝ち得たアンディは、パリ・コレの同行を求められる。エミリーのことを考えてアンディは悩むが、結局行くことにする。交通事故で大怪我をした日にそれを知ったエミリーは、見舞いに訪れたアンディを追い払う。アンディは“仕方なかった”と言い訳していたが、内心はパリ行きに浮かれていた。ネイトはそんなアンディの本音を見抜き、彼女のもとから去って行く。

パリに入ったアンディは、夫から離婚話を切り出され、娘たちがかわいそうだと涙を流すミランダを見る。それでも決して仕事に穴を開けないミランダを尊敬する。

ナイジェルは長年の苦労が報われ、世界市場に進出するブランドの責任者に選ばれていた。アンディもナイジェルの出世を心から祝福する。

トンプソンと一夜を共にしたアンディは、彼から近々ランウェイ・アメリカ版の新編集長に現在フランス版の編集長をしているジャクリーヌが就任するという話を聞いて驚く。アンディは急いでミランダに知らせようとするが、ミランダに追い払われてしまう。

実はミランダは全てを承知で裏工作しており、ナイジェルに約束した地位をジャクリーヌに回していた。他人を傷つけて自分の地位を守るミランダのやり方に、アンディは怒りを感じる。そして本来の自分を取り戻し、ミランダのもとを去る。

帰国後、ネイトと仲直りすることもでき、アンディは新聞社の面接に向かう。新聞社はアンディのことをミランダに問い合わせていた。ミランダからは“彼女は最も期待を裏切ってくれたアシスタントで、彼女を雇わないならあなたは大バカです”という返答がある。そのおかげで新聞社は快くアンディを雇ってくれた。

アンディは今もアシスタントを頑張っているエミリーにパリで着たオートクチュールを譲りたいと電話をかける。そして通りでミランダを見かけたアンディは彼女に手を振る。ミランダは素っ気なく車に乗り込むが、車内で満足げに微笑んでいた。

プラダを着た悪魔の解説・レビュー

メリル・ストリープの人間らしい“プラダを着た悪魔”

原作小説は、主人公と同世代の女性から特に高い支持を受けている作品。
“プラダを着た悪魔”ことランウェイの編集長ミランダを演じたメリル・ストリープの細かい演技によって、普通の女性ミランダとしての一面も描かれている。
パリに出張中、夫から離婚を言い渡された事をアンドレアに告白するシーンでは、平然としていながらどこか寂しげに「雪の女王」と自分を表現するなど、“プラダを着た悪魔”の中身が垣間見える。
大きな動きをするのではなく、細かい表情や視線、ちょっとした手の動きひとつでがらりと変わるキャラクターになっているのは、さすがベテラン女優といったところ。

正反対に、大きな動作やくるくると変わる表情のアンドレアは、アン・ハサウェイにピッタリな役どころ。
終盤でミランダとアンドレアがばったり遭遇するシーンでは、さりげなく手を振るアンドレアとサングラスを外す時に一瞬だけ手を上げるミランダの様子が、ちょっと微笑ましい。

しかし、仕事を優先してネイトにふられたアンドレアが、パリでトンプソンと関係を持ち、帰国してランウェイを辞めたからネイトとヨリを戻したいという部分は無理やりすぎる。

ファッション誌を扱った映画ならではの衣装の数

元々スタイルがよくて美人なアン・ハサウェイが、ダサい服装の女の子からファッションのプロ、ナイジェルの手によって変身するという部分には違和感がある。
変身前も後も、元が良いので大きく変わったようには見えないのだ。
セックス・アンド・ザ・シティ」も担当したパトリシア・フィールドが手がけた衣装は、アン・ハサウェイの可愛らしさとセクシーさ、どちらも引き出すものになっている。

有名な雑誌にかける値段の大きさや、運転手付きリムジンでの送り迎えがあるミランダなど、常識から飛び出した規模の違いにはやりすぎた印象を感じる。

プラダを着た悪魔の感想まとめ

有名ファッション誌「ウォーグ」に勤めていた時の経験を元に書かれた小説が原作ということもあり、まるで悪魔にように厳しい編集長の下で働くことになった、ファッションに興味の無い主人公に感情移入しやすい作品。
ベテラン女優メリル・ストリープが演じた編集長ミランダ、別名“プラダを着た悪魔”もまた、芯が強くて厳しいが人間らしさもちゃんとあるひとりの女性として、感情移入できる作品になっている。

恋愛を仕事、どちらかを選ばなければならない状況や、男性は洋服作りが好きな事を公言しにくいという台詞もあり、女性だけでなく男性にも見やすい作品。
「セックス・アンド・ザ・シティ」の衣装も担当したスタッフによる、アン・ハサウェイのオシャレな衣装の数々は見もの。

Amazon 映画『プラダを着た悪魔』の商品を見てみる