映画『プラダを着た悪魔』あらすじとネタバレ感想

プラダを着た悪魔の概要:2006年に公開されたドラマ映画で、ドラマ版「セックス・アンド・ザ・シティ」の監督デヴット・フランケルとスタッフが携わっている。原作は、自分の経験を元にしたというローレン・ワイズバーガーの小説。

プラダを着た悪魔 あらすじ

プラダを着た悪魔
映画『プラダを着た悪魔』のあらすじを紹介します。

ジャーナリストを目指すアンドレアが就職した先は、有名なファッション誌“ランウェイ”。
ファッションに全く興味が無い彼女が、編集長ミランダの第2アシスタントとして働くことになる。
電話番や雑用、ミランダの子供の買い物から犬の世話まで押し付けられ、会社ではダサいファッションと笑われる毎日だが、シェフを目指す恋人ネイトだけが心の支えだった。
我慢の限界に来たアンドレアは同僚ナイジェルに相談し、彼の協力で、他のスタッフに負けないオシャレな着こなしを身につけて周囲を驚かせる。

ミランダの指示で服を受け取りに行ったアンドレアは、尊敬する記者クリスチャン・トンプソンと出会う。
そんな中、仕事に慣れてきたアンドレアは大切な仕事を任されるが、失敗してミランダの怒りを買ってしまう。
トンプソンの協力を得て、クビがかかった無理難題をこなしたアンドレアだったが、ネイトとの関係にヒビが入ろうとしていた。

第1アシスタントのエミリーが風邪を引き、代わりにパーティーの付き添いをしたアンドレアは、やがてネイトと破局。
そしてアンドレアは、エミリーの代わりにパリへの出張に同行することになる。

パリでミランダの本音を知り、ナイジェルの出世を聞き、彼からファッションセンスのお墨付きをもらったアンドレアは、偶然パリに来ていたトンプソンと一夜を共にする。
翌朝、予想外の“ランウェイ”の行方を知ったアンドレアは、ミランダのために走り回る。

プラダを着た悪魔 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:デヴィッド・フランケル
  • キャスト:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ etc

プラダを着た悪魔 ネタバレ批評

映画『プラダを着た悪魔』について、感想批評です。※ネタバレあり

メリル・ストリープの人間らしい“プラダを着た悪魔”

原作小説は、主人公と同世代の女性から特に高い支持を受けている作品。
“プラダを着た悪魔”ことランウェイの編集長ミランダを演じたメリル・ストリープの細かい演技によって、普通の女性ミランダとしての一面も描かれている。
パリに出張中、夫から離婚を言い渡された事をアンドレアに告白するシーンでは、平然としていながらどこか寂しげに「雪の女王」と自分を表現するなど、“プラダを着た悪魔”の中身が垣間見える。
大きな動きをするのではなく、細かい表情や視線、ちょっとした手の動きひとつでがらりと変わるキャラクターになっているのは、さすがベテラン女優といったところ。

正反対に、大きな動作やくるくると変わる表情のアンドレアは、アン・ハサウェイにピッタリな役どころ。
終盤でミランダとアンドレアがばったり遭遇するシーンでは、さりげなく手を振るアンドレアとサングラスを外す時に一瞬だけ手を上げるミランダの様子が、ちょっと微笑ましい。

しかし、仕事を優先してネイトにふられたアンドレアが、パリでトンプソンと関係を持ち、帰国してランウェイを辞めたからネイトとヨリを戻したいという部分は無理やりすぎる。

ファッション誌を扱った映画ならではの衣装の数

元々スタイルがよくて美人なアン・ハサウェイが、ダサい服装の女の子からファッションのプロ、ナイジェルの手によって変身するという部分には違和感がある。
変身前も後も、元が良いので大きく変わったようには見えないのだ。
セックス・アンド・ザ・シティ」も担当したパトリシア・フィールドが手がけた衣装は、アン・ハサウェイの可愛らしさとセクシーさ、どちらも引き出すものになっている。

有名な雑誌にかける値段の大きさや、運転手付きリムジンでの送り迎えがあるミランダなど、常識から飛び出した規模の違いにはやりすぎた印象を感じる。

プラダを着た悪魔 感想まとめ

有名ファッション誌「ウォーグ」に勤めていた時の経験を元に書かれた小説が原作ということもあり、まるで悪魔にように厳しい編集長の下で働くことになった、ファッションに興味の無い主人公に感情移入しやすい作品。
ベテラン女優メリル・ストリープが演じた編集長ミランダ、別名“プラダを着た悪魔”もまた、芯が強くて厳しいが人間らしさもちゃんとあるひとりの女性として、感情移入できる作品になっている。

恋愛を仕事、どちらかを選ばなければならない状況や、男性は洋服作りが好きな事を公言しにくいという台詞もあり、女性だけでなく男性にも見やすい作品。
「セックス・アンド・ザ・シティ」の衣装も担当したスタッフによる、アン・ハサウェイのオシャレな衣装の数々は見もの。

Amazon 映画『プラダを着た悪魔』の商品を見てみる