映画『ダイ・ハード4.0』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ダイ・ハード4.0」のネタバレあらすじ結末

ダイ・ハード4.0の概要:「世界一不運な男」ジョン・マクレーンが帰ってきた!毎度事件に巻き込まれるマクレーン刑事が、今度はサイバーテロに立ち向かう。ブルース・ウィリスの代名詞ともなった『ダイ・ハード』シリーズ第4作。

ダイ・ハード4.0の作品概要

ダイ・ハード4.0

公開日:2007年
上映時間:129分
ジャンル:アクション
監督:レン・ワイズマン
キャスト:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント、クリフ・カーティス etc

ダイ・ハード4.0の登場人物(キャスト)

ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)
ニューヨーク市警の刑事。毎回なぜか大事件に巻き込まれる、最も不運にしてタフな男。妻のホリーとは離婚、2人の子供からも距離を置かれているようだ。
マシュー・ファレル(ジャスティン・ロング)
天才ハッカーの青年。知らずにサイバーテロに協力してしまった。犯人グループに殺されそうになったところをマクレーンに救われ、彼を手助けするようになる。
ルーシー・ジェネロ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)
マクレーンの娘で、両親の離婚後は母の方についていった。父とは折り合いが良くない。マクレーンを危険視した犯人グループに、人質として誘拐される。
トーマス・ガブリエル(ティモシー・オリファント)
犯人グループのリーダー。国防総省の保安担当プログラマーだった経験を持つ。
マイ・リン(マギー・Q)
ガブリエルの恋人。部下として一緒にテロを行うアジア系女性。
ボウマン副局長(クリフ・カーティス)
FBI副局長で、ガブリエルの元同僚でもある。マクレーンに協力的。
ワーロック(ケヴィン・スミス)
ファレルのハッカー仲間。『スター・ウォーズ』のファン。

ダイ・ハード4.0のネタバレあらすじ

映画『ダイ・ハード4.0』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ダイ・ハード4.0のあらすじ【起】

デート帰りの娘ルーシーを尾行していたジョン・マクレーン刑事は、上司からハッカーのマシュー・ファレルを拘束するよう指令を受ける。FBIからの要請だ。マクレーンはマシューの自宅に向かったが、そこでプロの殺し屋たちに襲撃を受けてしまう。マクレーンはマシューを守り辛くもその場を逃れる。

ワシントンDC。トーマス・ガブリエル率いるサイバーテロ集団が、交通管制センターをハッキングし、交通網がダウン。さらに国土安全保障省にもハッキング、炭素菌騒ぎを起こし職員を全員退避させる。株式市場もハッキングで機能がダウンし、大混乱となる。

FBIのボウマン副局長が原因を調べさせる中、マクレーンがファレルを連れて合流した。FBIでは他に7人のハッカーが殺されたという情報をつかんでおり、ファレルもその保護対象だったのだ。その時、犯人グループからの犯行声明ビデオが全国に放送される。「次は公共エネルギーが狙われる」と訴えるファレルをボウマンは相手にせず、マクレーンと共に帰してしまった。ファレルの言葉を信用したマクレーンは、彼に同行する。ファレルはとあるサイバー会社からプログラム開発にスカウトされ、それがサイバーテロに加担することとは知らず協力してしまったのだ。

ダイ・ハード4.0のあらすじ【承】

犯人グループは、殺し損ねたファレルの行方と、ファレルを救ったマクレーンの素性を調べていた。マクレーンとマシューはパトカーで家まで送られる途中だ。しかしマシューが、パトカー誘導の無線から聞こえる声が犯人グループの1人だと気付く。パトカーは進路を変えたが、ヘリに銃撃を受けてしまう。ガブリエルは交通網をコントロールしてマクレーンの運転するパトカーを追い詰めていく。マクレーンは車を使ってヘリを撃ち落とした。

マクレーンたちが死んだと考えたガブリエルは次の段階を実行。ガブリエルの手下が情報管理局に侵入する。電気通信や情報網は全て犯人グループの手に渡ってしまった。マクレーンは携帯電話でボウマンに連絡を取るが、途中で携帯電話が通じなくなってしまった。ファレルは自分の加担したことの重大さに後悔する。ファレルは電話をリプログラミングし、使えるようにする。さらに犯人達は、電力を停止するためにアメリカ東部の電力ハブにいるはずだと気付く。

マクレーンとファレルは電力ハブにたどり着いた。そこは思った通り、すでに職員の殺された形跡があった。制御室にはガブリエルの部下、マイがいた。マクレーンがマイと戦う間に、マシューがコンピューターの操作を試みる。マクレーンはマイを、車ごとエレベータシャフトに突き落とした。

ダイ・ハード4.0のあらすじ【転】

マシューは東部ハブの警備プログラムを回復した。異変に気づいたガブリエルがマイに電話をすると、電話に出たのはマクレーン。恋人でもあったマイを殺され、ガブリエルは怒りに燃える。東部ハブに天然ガスを送り込むよう指示する。先ほどの電話でガブリエルの写真を撮ったマクレーンは、ボウマンにそれを送信する。ガブリエルはボウマンの元同僚の、保安担当プログラマーだったということが判明する。送り込まれた天然ガスのせいで施設が爆発、2人は命からがら逃げ出す。

アメリカ東部中の電気が消えた。ファレルはワーロックという知り合いに助けてもらうことにする。ワーロックは社会保障局で膨大な電力が使われていることを発見する。一方ガブリエル達も、ワーロックのハッキングに気づき、マクレーンが生きていることを知る。ガブリエルはマクレーンとテレビ電話をつなぎながら、エレベーターに閉じ込められたルーシーに接触する。マクレーンを脅すためだ。会話をしている間にワーロックはガブリエルの居場所を逆探知した。マクレーンとファレルはウッドローンへ向かう。

ルーシーがエレベーターから誘拐される。

マクレーンとファレルはウッドローンへ侵入、警報が鳴ったためボウマン達もガブリエルの狙いに気づく。ウッドローンはNSAの施設で、政府のものも含め金融関係の情報がすべて集まっているのだ。ここの警備プログラムもガブリエルがプログラミングしたものだった。ボウマンは自らヘリと戦闘機でウッドローンへ向かう。

ダイ・ハード4.0のあらすじ【結】

見張りを倒したマクレーンは、ガブリエルに居場所を教え宣戦布告する。殺し屋がマクレーンの始末に向かった。ファレルはその隙に、情報局のコンピューター内に侵入した。

ガブリエルはマクレーンを脅すつもりでルーシーを無線に出したが、ルーシーは冷静に敵の人数を教える。一方ファレルはコンピューターに解読コードをプログラムしたところで見張りに捕まってしまう。戦闘機の接近に気づいたガブリエル達は、人質2人を連れて車で脱出。殺し屋を始末したマクレーンも、後ろのトラックに飛び乗った。

トラックを乗っ取ったマクレーンがガブリエルを追う。マクレーンはワーロック経由でボウマンに連絡を取り、ボウマンは別の戦闘機を向かわせる。しかしガブリエルは戦闘機の無線をハッキング、マクレーンのトラックを攻撃させる。マクレーンは脱出、戦闘機も炎上した。

足を撃たれ、ルーシーに銃口を向けられたファレルは、解読コードを解除し始める。そこへマクレーンがやってきた。満身創痍の中、マクレーンはガブリエルを射殺する。ルーシーを拘束していた手下も、ファレルが撃ち殺した。事件は一見落着し、マクレーンはルーシーと仲良く救急車に乗るのだった。

Amazon 映画『ダイ・ハード4.0』の商品を見てみる

関連作品

次作 ダイ・ハード5 ラスト・デイ
前作 ダイ・ハード3