映画『ディナーラッシュ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ディナーラッシュ」のネタバレあらすじ結末

ディナーラッシュの概要:ニューヨークの人気レストランのある一夜を描いた群像劇サスペンス。個性的なスタッフ達や癖のある客達は、皆それぞれ問題や葛藤を抱えている。テンポ良い会話やキレのあるカメラワークが、一層の疾走感を醸し出す。

ディナーラッシュの作品概要

ディナーラッシュ

製作年:2001年
上映時間:99分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:ボブ・ジラルディ
キャスト:ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ、カーク・アセヴェド、ヴィヴィアン・ウー etc

ディナーラッシュの登場人物(キャスト)

ルイス・クローパ(ダニー・アイエロ)
ミューヨークのトライベッカにある四つ星イタリアンレストラン『ジジーノ』の経営者。妻と二人で始めた家庭的なイタリア料理店が、現在は俗的な人気店となっていることを快く思っていない。息子ウードの料理の腕を認めてはいるが、まだ経営権を譲る気は無い。イタリアンマフィアと繋がりがあり、裏社会と巧みに渡り合ってきた。
ウード・クローパ(エドアルド・バレリーニ)
ルイスの息子。ジジーノの料理長で、今をときめくスターシェフ。料理のセンスと腕は素晴らしいが、世間知らずなところがある。厨房の識見と店の経営権をいつまでも譲らないルイスに不満を感じている。女癖が悪い。
ダンカン(カーク・アセヴェド)
ジジーノの副料理長。伝統的な手法で作るイタリア料理が得意で、ルイスにシェフとしての腕を買われている。ギャンブル狂で、借金を重ねつつも博打を止めることができない。
ニコーレ(ビビアン・ウー)
レセプション担当。連日押しかける大勢の客を巧みに裁き、的確な判断を下す。ダンカンの恋人だが、ウードとも肉体関係を持っている。
マルティ(サマー・フェニックス)
ウェイトレス。アーティストでもあり、彼女の絵はジジーノの壁に飾られている。現実的で強気な性格で、気難しい客にも臆さず接客する。
ショーン(ジェイミー・ハリス)
バーテンダー。飄々とした男性で、冗談を言いながら混み合うカウンターで見事な対応を見せる。古今東西の雑学に通じており、バーカウンターはショーンにクイズ問題を出そうとする客で毎晩鈴なりである。
カーメン(マイク・マクダローン)
クイーンズ地区出身のイタリア系ギャング。義兄パオロと組んでいる。賭けの胴元をしており、ダンカンがギャンブルで負った借金にかこつけて、ジジーノを乗っ取ろうと計画している。童顔。
パオロ(アレックス・コラード)
カーメンの相棒。妹はカーメンの妻。巨躯を誇る大食漢。
ゲイリー(ジョン・ロスマン)
ルイスの旧友の会計士。ルイスから、引退する際の手続きについて相談を受けている。
フィッツジェラルド(マーク・マーゴリス)
ニューヨークの高名な画商。高慢で嫌味な男性で、ジジーノに気鋭の若手芸術家を連れてきては、偉そうに振る舞っている。
ケン(ジョン・コーベット)
バーカウンターにやってくる一人客。表向きはウォール街で働く平凡な金融マンだが、裏の顔を持っている。
ジェニファー(サンドラ・バーンハード)
ニューヨークの有名な料理評論家。正体を隠すため、偽名を使って予約し、カツラを被って来店する。常に不機嫌そうな表情をした横柄な女性。ウードと関係を持っている。
ドルリー(ウォルト・マクファーソン)
ルイスの知り合いのニューヨーク市警。ルイスにジジーノに招かれ、満員の店で優待される。
エンリコ(フランク・ボンジョルノ)
ルイスの親友。ダンカンの借金が原因で、ルイスと老後の計画に踏み出す直前に、カーメンとパオロによって射殺される。
ナタリー(ポリー・ドレイパー)
エンリコの娘。ルイスとは幼い頃からの知り合い。エンリコは裏社会の人間であったがために殺されたと思っており、父親の素性を疑ってルイスとも距離を置いている。

ディナーラッシュのネタバレあらすじ

映画『ディナーラッシュ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ディナーラッシュのあらすじ【起】

ニューヨークの有名四つ星レストラン『ジジーノ』のオーナーのルイスは、引退を考え始めている。ルイスは親友のエンリケと相談し、余生を楽しむ計画を立てている。

ある日、エンリケは、二人組のギャング、カーメンとパオロに射殺される。ジジーノの副料理長ダンカンはカーメン達に高額の借金を負っており、カーメン達はこのことをダシにルイスを脅迫し、ジジーノを乗っ取ろうとしている。ルイスはエンリケの娘ナタリーに会い、大切な者を失った悲しみを分かち合う。

ルイスの息子ウードが料理長を務めるジジーノは、3ヶ月先まで予約で埋まっており、連日有名人達が訪れる。ある火曜日の夜、いつものように開店直後から店はごった返し、厨房は戦争状態である。

ウードは、会計士のゲイリーと共に店に来たルイスに、ジジーノの経営権を譲るよう要求する。何度頼み込まれても、ルイスはウードに店を譲るつもりは無い。

遅刻してきたダンカンは、厨房でサッカー試合の実況中継のラジオをつける。借金が嵩んでいるにも関わらず、ダンカンは、ルイスにサッカーの試合の賭けに参加できるよう頼み込む。ルイスに断られたため、ダンカンはカーメンに電話をかけ、賭けへの参加を取り付ける。

カーメンとパオロがジジーノに来店し、ダンカンについて話がある、とルイスを呼び付けける。カーメン達は、ダンカンの借金にこじつけてジジーノを買収しようとしていることを、ルイスに告げる。

ディナーラッシュのあらすじ【承】

画商のフィッツジェラルドが若手芸術家達を連れて来店し、ウェイトレスのマルティを侮辱する。金融マンのケンはカウンターに座り、バーテンダーのショーンと会話を始める。

ダンカンは、レセプション担当の恋人ニコーレを店の裏に呼び出す。ダンカンはニコーレがウードと関係を持っていることに気づいており、ニコーレの気持ちを確かめようとする。

突如、ニューヨーク中で停電が起こり、店内は真っ暗になる。厨房は混乱を極め、怒声が飛び交う。スタッフ達は急いでキャンドルを灯し、各テーブルに配る。ショーンは客から投げかけられる雑学クイズを次々と突破し、店を盛り上げてフォローする。

ゲイリーは、ルイスが開店した当時よりも品性が大きく落ちた現在のジジーノを非難する。ルイスは、引退する際に必要な手続きについて、ゲイリーに相談している。

ルイスの招待を受け、娘とジジーノを訪れていたナタリーは、ルイスに挨拶をして帰ろうとする。ナタリーはエンリケの死について疑問を抱えており、ルイスにも暗殺の責任の一端があると考えている。

フィッツジェラルドはウードをテーブルに呼び、威厳を示そうと芸術家達に紹介する。接客に来たマルティは、店にかかっている自分の絵を酷評したフィッツジェラルドに一言やり返す。フィッツジェラルドは、内心ではマルティの絵の才能を認めている。

ディナーラッシュのあらすじ【転】

有名女性シェフを伴って来店した料理評論家のジェニファーは、ウードをテーブルに呼び付ける。ジェニファーの言葉に動揺したウードは、経営権についての不満を再びルイスに述べる。ルイスは、店にギャングが来ていることも見抜けないウードの未熟さを諭す。ウードは、ルイスに料理を任されているダンカンに嫉妬している。

サッカー試合の勝敗が決まり、賭けに負けたダンカンは厨房で取り乱す。賭けの結果を知ったカーメン達はダンカンを呼び出す。

逃亡を図ったダンカンは、店の裏口にニコーレを呼び出し、賭けに負けて借金が倍になったことを打ち明ける。ニコーレは、変わらぬ愛を告げてダンカンを思い止まらせる。勇気を取り戻したダンカンは、自分の過ちを受け入れようとする。

ルイスはナタリーに電話をかけ、エンリケに対する疑問を解消させる。ナタリーはルイスを家に招待する。

ジェニファーからの注文を受け、ウードは完璧な料理を作ろうと腕を奮う。ウードは、渾身の一皿を作る手伝いをしたダンカンに礼を述べる。ジェニファー達は、ウードの料理を大絶賛する。

ルイスに招かれた刑事ドルリーが、妻と共に来店する。ルイスはカーメンとパオロが来ていることをドルリーに伝える。

ディナーラッシュのあらすじ【結】

ルイスはダンカンを事務室に呼び出し、ギャンブルを止めるよう忠告する。反発するダンカンに、ルイスは、ダンカンの借金が原因でエンリケが殺された上に、店が乗っ取られそうになっていることを明かす。ルイスはダンカンに借金と同じ額の金を渡し、これを限りにギャンブルを止めることを約束させる。

ルイスがダンカンを庇い立てしたことを知ったウードは、店の全権を与えない限りジジーノを辞めるとルイスに宣言する。疲れ果てて引退を考えていたルイスは、経営権をウードに譲ることを決意する。ルイスは、本心ではウードを誇りに思っていることを息子に伝える。

ダンカンは、ウェイトレスを介してカーメンに金を渡す。その場面を目撃したドルリーは、今夜の店の状況は仕組まれたものだと気づく。ドルリーはカーメン達のテーブルに行き、逮捕をちらつかせて挑発する。

カーメン達は話があるとルイスに声をかけ、階段下のトイレへ向かう。ゲイリーは席を立って店を後にし、ゲイリーは他の客が入れないよう階段の途中に立ち塞がる。先にトイレに来ていたケンは、サイレンサー付きの銃で先にパオロを、続いてカーメンを射殺する。ケンは裏口から店外へ脱出し、ゲイリーは何事もなかったかのように退店する。

カーメン達の死体を発見したドルリーの妻が叫び声を上げ、店内は騒然となる。警察や報道陣がやってきた後、店はようやく閉店する。

ジジーノから少し離れた所に停めた車に待機していたルイスとゲイリーは、ケンに報酬を渡す。表向きは金融マンのケンは、ルイスと懇意の暗殺者であった。万事丸く収まったことを確認し、ルイスはナタリーの家へ向かう。

この記事をシェアする