映画『パリよ、永遠に』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パリよ、永遠に」のネタバレあらすじ結末

パリよ、永遠にの概要:第二次世界大戦中、パリの破壊を命じられたナチス・ドイツの将軍コルティッツは爆破計画を実行しようとしていた。そこへ、スウェーデン総領事のノルドリンクが現れ、パリを破壊しないようコルティッツを説得しようとする。

パリよ、永遠にの作品概要

パリよ、永遠に

公開日:2014年
上映時間:83分
ジャンル:歴史、戦争
監督:フォルカー・シュレンドルフ
キャスト:アンドレ・デュソリエ、ニエル・アレストリュプ、ブルクハルト・クラウスナー、ロバート・スタッドローバー etc

パリよ、永遠にの登場人物(キャスト)

ディートリヒ・フォン・コルティッツ(ニエル・アレストリュプ)
ナチス・ドイツ軍の将軍。パリ防衛司令官。パリの爆破計画の指揮を執る。
ラウル・ノルドリンク(アンドレ・デュソリエ)
スウェーデン総領事。パリで育ったスウェーデン人。パリを守るためコルティッツを説得しようとする。

パリよ、永遠にのネタバレあらすじ

映画『パリよ、永遠に』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パリよ、永遠にのあらすじ【起】

第二次世界大戦中、連合軍がノルマンディーに上陸した後、ヒトラーはパリを破壊するよう命令していた。

1944年8月25日の朝4時、ナチス・ドイツ軍が駐留するパリのホテル。コルティッツはバルコニーからドイツ兵の見回りを眺めている。彼は部下のマイエルを呼び、着替えを手伝わせる。彼はマイエルに持病の薬を頼む。そして、自分の妻に手紙を、子供たちにチョコレート渡すよう命令する。

そこへ、夜の間に連合軍が防衛戦を突破したとの電報が入る。ドイツ軍はパリ破壊命令を実行しようとしていた。

エーベルナッハ大尉と技師のランヴァンが来て、ポンヌフ橋を除くパリ全ての橋を爆破する計画の図面をコルティッツに見せる。橋の後はノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、オペラ座を爆破するとランヴァンは説明する。

エーベルナッハにユダヤ人粛清は辛かったと話すコルティッツ。彼はパリを破壊することにも賛成していない。ランヴァンはエッフェル塔と凱旋門の爆破計画を説明する。ヘッゲル中尉が国民議会で起爆装置の確認中だと話すエーベルナッハ。彼は部下と共にパリを離れたいとコルティッツに願い出る

ヒトラーが最初に訪れたのがパリだったとランヴァンに話すエーベルナッハ。ランヴァンは、なぜパリを気に入っているのに破壊するのかと尋ねる。エーベルナッハは、ベルリンが廃墟になったのにパリが美しいままなのが許せないのだろうと答える。

パリよ、永遠にのあらすじ【承】

ベルリンから将軍に電話かかってくるが、停電で切れてしまう。電気が復旧するとコルティッツの後ろには、ノルドリンク総領事が立っていた。不審に思うコルティッツにノルドリンクは、コルティッツが事務所として使っているスイートルームには秘密の出入口があると説明する。昔ナポレオン3世が、ある女優と逢引するためにその部屋を使っていたのだった。コルティッツは出入口がどこに繋がっているのか部下に確認させる。

ノルドリンクは停戦を提案しにきたのだった。彼は、コルティッツの命を狙っているテロリストたちは国を守ろうとしているだけだと話すが、彼らは共産主義者だとコルティッツは批判する。2週間前までパリはヨーロッパで最もドイツに従順な街だったが、ノルマンディー上陸作戦後、反抗するようになったと話すコルティッツ。彼はノルドリンクにパリを離れるよう忠告する。ノルドリンクは2千人のドイツ兵部隊が300万人のパリ市民に勝てるはずがないと言うが、ただの市民など無力だとコルティッツは相手にしない。

ノルドリンクは連合軍がパリへ向かっているとコルティッツに忠告するが、コルティッツはデンマークから援軍が向かっていると安心しきっている。彼がノルドリンクの目的を尋ねると、ノルドリンクはフランスのルクレール将軍からの手紙を渡す。ルクレールはノルドリンクの話ならコルティッツが聞くと考えたのだった。コルティッツは手紙を受け取ると破いてしまう。彼は手紙の内容が最後通牒だとわかっていた。

パリよ、永遠にのあらすじ【転】

自分はヒトラーの命令に従うだけだと言うコルティッツに、異常な命令でも従うのかとノルドリンクは尋ねる。ルクレールの提案は、無抵抗で降伏しパリを無傷で返還すればドイツの名誉ある降伏を保証するものだった。その話を聞いたコルティッツはノルドリンクを無理やり帰らせようとする。

部下にノルドリンクを送らせようとしたところでコルティッツにヘッゲルから電話がかかってくる。電話の相手がヘッゲルだとわかったノルドリンクは、コルティッツが破った手紙の写しを置く。コルティッツはノルドリンクと部下を呼び止め、電話を続ける。電話は起爆装置が破壊されたという報告だった。

コルティッツはノルドリンクを部屋に留まらせる。彼はノルドリンクが爆破計画を知って情報を漏らしたのではないかと疑う。ノルドリンクが工作員と二人で盗み聞きをし、ノルドリンクが時間稼ぎをしている間に工作員が仲間に情報を知らせ、妨害工作をしたのだろうとコルティッツは予想する。ノルドリンクは、工作員が来ていたらコルティッツはとっくに殺されていると反論する。

ノルドリンクは、なぜパリを破壊するのかとコルティッツに尋ねる。市民に罪はないと訴えるノルドリンクに、コルティッツは連合軍がドイツの街ハンブルクに1万トン以上の爆弾を落とした話をする。多くのドイツ市民がリン弾にもがき苦しんで死んだと話すコルティッツ。ドイツ市民が死んでもスウェーデンは抗議をしなかったと言う彼に、連合軍がしたことと同じことをドイツ軍がすれば良心がとがめるはずだとノルドリンクは言う。コルティッツは連合軍が防衛線を突破したからにはそれに応えるだけだと話す。

パリよ、永遠にのあらすじ【結】

パリを破壊すれば将来のドイツとフランスの関係も台無しになってしまうとノルドリンクは言うが、コルティッツは命令に従うのが自分の義務だと返す。なんとかコルティッツを説得しようとするノルドリンクに、コルティッツは早く街を離れろと言い冷たくあしらう。

コルティッツを説得できると思っていたが、自分の力を過信していたと話すノルドリンク。彼はパリの景色を永遠に楽しめなくなることを惜しむ。ドイツは連合軍に包囲されるとノルドリンクはコルティッツに忠告するが、コルティッツは命令に忠実であろうとする。ノルドリンクはため息をつく。

その頃、国民議会ではヘッゲルが起爆装置の復旧を進めていた。

コルティッツを神に命じられ息子を殺そうとしたアブラハムに例えるノルドリンク。未来のドイツのために計画を中止しろと言う彼に、コルティッツは応じない。そこへ、ヒムラーからの伝令が到着し、コルティッツを呼び出す。彼らは、コルティッツがパリから離れさせた部下たちからガソリンを奪ってパリまで来たのだった。伝令はルーブル美術館の作品を爆破前に保管するようにと伝える。命令が遅すぎると言うコルティッツに、伝令はコルティッツの前任者が絞首刑になり、そのうち家族も殺されるという話をする。

ノルドリンクはコルティッツの部下にパリが好きか尋ねている。部屋に戻ってきたコルティッツは、パリを爆破しないと自分の妻子も殺されるとノルドリンクに話す。彼は子供たちのためにパリを破壊すると言う。コルティッツに自分ならどうするかと聞かれ、わからないと答えるノルドリンク。焦るコルティッツにノルドリンクは妻子を逃がす策を提案する。コルティッツは、家族が逃げられてもゲシュタポに捕まり、最悪の場合は収容所に送られると言い、ノルドリンクを帰らせようとする。

ノルドリンクが帰る支度をしていると、突然コルティッツが苦しみ出す。ノルドリンクが薬を飲ませ、落ち着いたノルドリンクは喘息があることを話す。破壊する将軍は多いが何かを築ける者は少ないと諭すノルドリンク。パリを守れば名誉になるはずだと彼は言う。コルティッツが自分を助けた理由を聞くと、ノルドリンクはパリを守るためだと答える。

そこへ、部下が入ってきて残り20人の兵士でどこを守ればいいかとコルティッツに尋ねるが、彼は未成年の兵士を街から離れさせるように命令する。コルティッツは、ヒトラーは以前才能に溢れていたが現在は変わり果てているとノルドリンクに話す。ノルドリンクが、パリを破壊しないとどうなるのか尋ねると、コルティッツは連合軍がドイツへ進撃すると答える。ノルドリンクはパリ陥落のパニックの最中に家族逃がすことができると言う。確実に逃げられる保証を欲しがるコルティッツに、ノルドリンクはユダヤ人である自分の妻を逃がしたと話す。

コルティッツはヘッゲルに最後の命令をする。見守るノルドリンク。コルティッツはパリを爆破する作戦を中止したのだった。怒ったヘッゲルは起爆装置を起動させようとするが、コルティッツの部下と共にその場に駆けつけていたランヴァンに撃たれる。

コルティッツは家族をノルドリンクに託す。ノルドリンクはコルティッツの家族を守ると約束し、コルティッツに名誉が待っていると励ます。コルティッツが自分のことについてノルドリンクは知らないことがないのではないかと聞くと、ノルドリンクは暖炉の上の鏡がマジックミラーになっていると明かす。コルティッツは去ろうとするノルドリンクに通行許可証を作って渡す。

パリを離れたはずの部下マイエルが、フランス人に襲われて戻ってくる。コルティッツが部下たちと共に外に出ると、そこはドイツ兵を追い出そうとするパリの人々で溢れていた。コルティッツは連合軍の捕虜となるが、1947年に釈放され、彼の家族も無事だった。

Amazon 映画『パリよ、永遠に』の商品を見てみる