映画『トンマッコルへようこそ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トンマッコルへようこそ」のネタバレあらすじ結末

トンマッコルへようこその概要:朝鮮戦争下の韓国。南北の兵士はそれぞれ敵の攻撃を避け、森の奥を彷徨っていた。彼らは、戦争下にしては穏やかな人々に出会う。その人たちについていった先は、美しい小さな村だった…。音楽は久石譲が担当、韓国上映時にて800万人を動員した人間群像劇。

トンマッコルへようこその作品概要

トンマッコルへようこそ

公開日:2005年
上映時間:132分
ジャンル:ヒューマンドラマ、戦争
監督:パク・クァンヒョン
キャスト:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン etc

トンマッコルへようこその登場人物(キャスト)

ピョ・ヒョンチョル(シン・ハギュン)
韓国軍所属の少尉。北朝鮮側の町を爆破したことで、戦争に絶望し単身脱走した。心に深い傷を負い、寡黙で無表情。逆上すると手がつけられない。
リ・スファ(チョン・ジェヨン)
北朝鮮人民軍の将校。軍人としての腕は立つが、頭が切れて冷静な性格。ピョ少尉とは敵同士で、激しくいがみ合う。
ヨイル(カン・ヘジョン)
ヒロイン。トンマッコル村の少女。軽度の知的障害があり、実年齢より純粋で天真爛漫。まったくの飾り気のなさに、血生臭い男たちの心は洗われる。
ソ・テッキ(リュ・ドックァン)
人民軍の少年兵。人民兵の中では単純で血の気が多く、若さゆえに韓国兵に敵意をむき出しにする。戦いで荒れた心を癒されたことで、ヨイルに恋心を抱く。
ムン・サンサン(ソ・ジュギョン)
韓国軍の衛生兵。食いしん坊で気弱、あまり兵士に向いていない性分。歌の上手さはぴか一。最初は同軍のピョ少尉に着き従っていたが、ヨンヒと親しくなり兄のように慕う。
チョン・ヨンヒ(イム・ハリョン)
人民軍の下士官。人民兵では最年長で、所帯を持つ。人情に厚く、和解した後ピョ少尉たちにも温かく接する。
ニール・スミス(スティーブ・テシュラー)
連合軍大尉でパイロット。アメリカ人で、英語以外の言語は解らない。飛行中、操縦していた航空機が故障して地上に落下する。トンマッコルで、韓国・人民軍と奇妙な滞在生活を送ることになる。

トンマッコルへようこそのネタバレあらすじ

映画『トンマッコルへようこそ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トンマッコルへようこそのあらすじ【起】

1950年、朝鮮戦争時代。韓国軍兵士のサンサンは、戦線を逃れて森の奥を彷徨っていた。そこで、自害しようとしていた同軍の兵士ピョと出会う。味方であることを確認し、二人は行動を共にすることに。同じ頃、人民軍の将校スファとその部下たちも、森の中をあてもなく歩いていた。仲間の大半は殺され、彼ら3人だけが生き残った。

スファたちが滝で一息つくと、不思議な少女が草の茂みから現れる。ピョたちは、農民の形をした男に出会っていた。その男は、森の奥深くの集落に住んでいるという。空腹と疲労から、ピョたちはその男に同行することにする。ピョとサンサンが集落トンマッコルに着くと、連合軍のスミスが怪我の治療を受けていた。トンマッコルは、「子どもみたいに純粋な村」という意味で、この大戦下には不思議なくらい平和な場所だった。

少女ヨイルに連れられ、スファたちも村に到着する。敵対する南北の兵士が対面すると、その場は修羅場と化した。スファたちは手榴弾を掲げて、ピョたち含めて村人を脅す。ところが、韓国軍はさておき村人はこの状況をのみ込んでいないようだった。能天気とも取れる言動を見せ、彼らは脅迫などものともしないようだ。軍人たちは唖然とし、間が抜ける。一晩経って軍人たちがにらみ合いを続けていても、村人はマイペースに日常を送っていた。

ヨイルが、緊迫感などお構いなしに軍人らの間に介入する。ヨイルの純真無垢な振る舞いに、ピョたちは知らぬ間に毒気を抜かれていた。ヨイルは、手榴弾の引き金を奪って弄ぶ。ピョが慌ててその手榴弾を投げるが、その先には納屋があった。納屋は間をおいて爆破され、内部の食材が木端微塵に破裂して宙を舞った。淡雪にも見えるその光景に、ピョたちはうっとりと見入る。その頃には、南北の軍人の戦意は形を潜めていた。

トンマッコルへようこそのあらすじ【承】

軍人らが村に来て一日が経つ。トンマッコルには平和が戻り、村人への被害を危惧したスファが、一時的な休戦協定を結ぼうと申し出た。村人の生活に欠かせない納屋を壊した償いに、ピョたちは畑仕事を手伝うことになる。最年少のテッキは韓国軍に喧嘩を吹っ掛けるばかりで、まだ緊張感は完全に解けていなかった。

スミスは、連合軍本部に連絡を取ろうと試みるも失敗続きだった。村の男児ドングは、父がおらず、遊んでくれるスミスに興味を抱く。二人は、言葉こそ通じないが心を通わせていた。

ある晴れた日、村人が農作業から帰宅する時、巨大なイノシシが襲い掛かってきた。軍人と村人は協力してイノシシを撃退する。真夜中、サンサンたちが肉を求めてイノシシの置き場へ行くと、先客のスファたちがその死肉を味わっていた。ヨンヒを皮切りに、サンサンたちはイノシシ肉を分けてもらう。軍人らは初めて笑い合い、銃を向けずに和解した。

村人衣装に身を包み、南北軍人らは村の生活に馴染んでいた。トンマッコルの穏やかな時の中で、童心に帰って遊びに興じることもあった。だが、ピョだけはスファたちから距離を置き、一人静かに物思いにふける。心の緊張が解れるのを感じていたが、ふいに蘇る戦線での殺戮行為がピョの胸を締め付けた。ピョは、この残酷な記憶に苦しめられていた。

トンマッコルへようこそのあらすじ【転】

連合軍は行方不明のスミスを救出するため、トンマッコル周辺の地域を爆撃する作戦を立てていた。村では、サンサンはヨンヒと、スミスはドングと絆を深めていた。少年らしい感情を取り戻しつつあったテッキは、ヨイルにはっきりとした恋心を抱きだす。軍人らは今の時間に安らぎを見出していた。しかし、トンマッコルの収穫期が過ぎたら、軍人らは村を去り再び南北同士で戦う予定だった。

その夜、村では収穫祭が催された。サンサンが得意の歌を歌い、夜の森は祭りの灯に煌々と照らされていた。連合軍の戦闘機が、上空からトンマッコルへ迫っていく。地上に降り立つと、連合軍兵はトンマッコルを人民軍のアジトと誤解する。連合軍兵士は村に押し入ると、銃口を村人に向け人民軍の連中がいないか問い質した。目的を聞こうと前に出た村長は、兵士の一人に暴力を振るわれてしまう。恩人が虐げられるのを見て、ピョは憤慨してその兵士を手にかけた。沈黙を守っていたスファも参戦して、横柄な連合軍兵たちを叩きのめす。

連合軍の奇襲は収束するが、ヨイルが突然倒れる。ヨイルは無垢な振る舞いで兵士の怒りを買い、腹を刺されていた。元々耐性もなかった少女は、「お腹が熱い」と口にして急死してしまう。それまで笑顔が絶えなかった村人の間に、ヨイルが亡くなった途端悲しみが広がった。愛しの君を失ったテッキは、怒りに任せて捕縛した兵士を殺そうとする。しかし、ヨイルの天使のような笑顔が脳裏に過り、その手を止めた。

スミスが、ピョたちに見せたいものがあると森に連れ出す。着いた先は破損した戦闘航空機で、そこには武器が大量に積まれていた。連合軍兵からトンマッコルが爆破されることを聞いたピョたちは、標的を逸らすための計画を立てる。「爆撃誘導」作戦と称し、スミス・ピョ・スファたちは敵対関係を超えて、村のために協同することにした。

トンマッコルへようこそのあらすじ【結】

サンサンだけは当初その作戦を拒絶したものの、ヨンヒに諭され参加を決める。スファの推薦で、ピョが作戦の指揮を執ることになった。これ以上犠牲者を出さないため、ピョたちはトンマッコルを去る。村人に別れを告げ、ピョたちは作戦の決行に向かった。

ピョは、スミスに連合軍本部に戻るよう指示した。トンマッコルの安全はスミスの判断にかかっていると言われ、スミスは渋々本部への退却を決める。ピョたちは標的作りに精を出し、それを対空砲台に見せるよう画策していた。夜に連合軍の爆撃機が通過するため、それまでに準備を整える必要があった。

連合軍の爆撃機は、思ったより早く姿を現した。射程範囲内に戦闘機が入ると、ピョたち「南北連合軍」は攻撃を開始する。作戦は計画通りに進んだかのように思われたが、安心も束の間、敵の援軍機が次々と反撃してきた。ヨンヒとサンサンは銃弾に倒れる。連合軍は爆撃を実行、巨大な弾が空から落とされた。弾の墜落先は、ピョたちが仕掛けた偽対空砲台。結果的に、トンマッコルへの直接爆撃を阻止することができた。ピョ・スファ・テッキは笑顔を浮かべ、3人の命は爆撃の炎に散った。

翌朝。作戦現場には、一羽の蝶が5体の遺体の上を飛んでいた。5人の魂は、5羽の蝶となって天に昇った。場面はトンマッコルの部屋に切り替わる。ピョたちは、大の男5人で雑魚寝していた。そこにヨイルが忍び込み、テッキの耳に花を挿す。テッキはそれを感じ取ったかのように、幸せな寝顔を見せた。

Amazon 映画『トンマッコルへようこそ』の商品を見てみる