映画『ドラゴンヘッド』あらすじとネタバレ感想

ドラゴンヘッドの概要:望月峯太郎原作の漫画をベースにした、2003年公開のパニック映画。原因不明の災害によって壊滅した世界と、生き残った人々のそれぞれの様子を、主人公のテルとアコを中心に描いた。

ドラゴンヘッド あらすじ

ドラゴンヘッド
映画『ドラゴンヘッド』のあらすじを紹介します。

修学旅行中だったはずの高校生のテルが目覚めると傷だらけで、崩れかけたトンネルと新幹線の中にはクラスメイトたちの亡骸があった。
慌てて生存者を探すと、いじめられっ子のノブオ、隠れていたアコを見つける。3人は偶然助かったらしい。
ノブオは恐怖により精神が破綻していて、落ちていた口紅で体中に模様を書いてアコとテルに襲い掛かる。
崩壊するトンネルから2人は脱出するが、ノブオの行方はわからなくなった。

救助が来ると思い込んでいた2人だったが、トンネルの外には灰にまみれた世界が広がっていた。
2人は闇雲に歩き回り、生存者の集団と出会う。
何が起こったのか訪ねるが、彼らは突然テルとアコを取り押さえて殺そうとし、自分たちも死んで“無かったこと”にしなければと連呼するだけだった。

そこに現れた、拳銃を持つ自衛隊の岩田と仁村に助けられるテルとアコ。
すぐにパニック状態になる岩田は、地球や生物のバランスを保つ「龍脈」の流れがおかしくなったせいだと言う。
仁村は大地震説、隕石落下説、竜神様説、最後の審判説も聞いたと言うが、原因はよくわからないようだった。

4人は逃げ込んだ病院跡地の地下で、恐怖心を取り除く脳の手術を受けたシュンとジュンという兄弟を見つけ、行動を共にすることになる。
しかし仁村が豹変してテルに拳銃を向け、止めようとした岩村が射殺されてしまう。
さらに火山が噴火して、仁村は命を落とす。
残ったテルたちは運よくヘリに拾われ、食料が残っているという東京を目指す。

ドラゴンヘッド 評価

  • 点数:45点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:122分
  • ジャンル:アクション、SF
  • 監督:飯田譲治
  • キャスト:妻夫木聡、SAYAKA、山田孝之、藤木直人 etc

ドラゴンヘッド ネタバレ批評

映画『ドラゴンヘッド』について、感想批評です。※ネタバレあり

VFXと全編ウズベキスタンロケでの崩壊感

ウズベキスタンでのロケによって表現された、崩壊した日本の景色や崩れかけた建物、火山灰にまみれた広大な大地などが圧巻。
またVFXを多用して、崩壊した東京や様々な都市が描かれているのも驚き。
火山の噴火がおこった時に、必死に逃げる車の中から見える火山弾のリアル感もたっぷり。

だが景色に圧倒されるのはトンネルから脱出した時の一瞬だけで、執拗に崩壊した風景を組み込んでいるが、見れば見るほど日本の山とは形が全く違うといったツッコミどころが見えてくる。
全編ウズベキスタンロケで撮影された作品だが、その割にはトンネルのシーンが長すぎるのもあって飽きてしまう。

個性派俳優陣が台無し

豪華なキャスティングになっているのだが、キャラクターの背景がほとんど明かされず、ストーリーも薄っぺらい印象。
そんな中でも、リアルな遺体を踏みつけたり、助けを求める教師を殺害し、体じゅうに化粧品で模様を書くという奇行を行うノブオを演じた山田孝之の怪演は見もの。
主人公テル役の妻夫木聡の、ありふれた高校生から絶望に突き落とされてパニックになる演技もさすが。
初の映画出演となるアコ役の神田沙也加の演技はぎこちなさが残る。

近藤芳正が演じた岩田は、終始ヒステリックに怒鳴り散らすだけでイライラさせられるが、パニックになれば仕方が無いと思える部分もある。
他にも仁村役の藤木直人や寺田農、根津甚八、松重豊といった演技派も出演しているものの、ストーリー展開のせいでパッとしない。

印象に残らないストーリー

ヘリで東京まで移動したアコたちと違い、テルは途中で落ちて徒歩移動したはずなのに、時間がかかったり疲れた様子がないというとんでもない展開にはびっくり。
東京にあった食料には恐怖心を取り除く作用が含まれていたり、災害の理由を投げ出したまま“それでも生きていく”とつなげた、無理やりのエンディングには唖然とさせられる。

ドラゴンヘッド 感想まとめ

原作漫画は人気があるのだが、映画化されたこの作品はあまりにも完成度の低い作品。
淡々と続くロードムービーにも似たストーリーには、パニック映画に欠かせないはずのハラハラ感や追い詰められる様子が感じられない。

ウズベキスタンロケとVFX技術を使った、終わりを迎えた世界の景色はリアル感たっぷりだが、それだけが売りになってしまっていて、他には注目すべき点が見つかりにくい。
映画館で見た際の崩壊した世界の景色はインパクトが強く、他の映画とは比べ物にならないリアル感があったものの、見れば見るほどツッコミどころが浮き彫りになってきてしまう。

原作は未読なのでわからないが、映画では「ドラゴンヘッド」の意味は明らかにされておらず、抽象的すぎるタイトルに謎だけが残る。

Amazon 映画『ドラゴンヘッド』の商品を見てみる