映画『ドリームガールズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ドリームガールズ」のネタバレあらすじ結末

ドリームガールズの概要:1960年代から70年代にかけて活躍した黒人女性のボーカルグループ「ザ・スプリームス」と、彼女たちが所属していたモータウン・レコードの創設者をモデルとした作品。当然ながら音楽シーンが最も印象に残るが、人種差別を乗り越えてきた黒人アーティストの歴史も興味深い。

ドリームガールズの作品概要

ドリームガールズ

製作年:2006年
上映時間:130分
ジャンル:青春、ヒューマンドラマ
監督:ビル・コンドン
キャスト:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン etc

ドリームガールズの登場人物(キャスト)

カーティス・テイラー・ジュニア(ジェイミー・フォックス)
デトロイトで中古車販売店を経営しながら、音楽プロデューサーをしている黒人男性。自力でレコード会社を設立し、黒人のアーティストをメジャーな存在に押し上げていく。有能な男だが、思いやりに欠けるため、徐々に周囲の信頼を失っていく。
ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズ)
黒人女性のボーカルグループ「ザ・ドリームズ」のリードボーカル。もともとはコーラスだったが、モデル並みのルックスをしていたため、リードボーカルに抜擢される。のちにカーティスと結婚するが、彼の操り人形のような生活に疲れていく。
エフィ・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)
12歳の時からディーナたちとボーカルグループを組み、リードボーカルを務めていた。素晴らしい歌唱力の持ち主だが、激しい性格が災いし、音楽業界から干される。カーティスの子供を出産し、シングルマザーになる。
ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズ)
「ザ・ドリームズ」のメンバー。のんびりしたムードメーカーで、コーラスという立場にも満足している。バックコーラスとしてジミーと知り合い、不倫関係に陥る。
ジェームス“サンダー”アーリー(エディ・マーフィ)
通称ジミー。黒人の音楽シーンでは人気のアーティスト。カーティスのプロデュースによってメジャーになるが、ヒットチャート狙いの音楽に失望し、麻薬に溺れていく。
C.C.ホワイト(キース・ロビンソン)
エフィの兄で、ザ・ドリームズがドリーメッツとして活動していた時代から、オリジナル曲を提供してきた音楽家。作曲と作詞の両方を手がける。カーティスにもその才能を買われ、ヒット曲を次々と生み出していく。
マーティ・マディソン(ダニー・グローヴァー)
ジミーを10歳の頃から育ててきたマネージャー。ソウルフルな本物の音楽を愛するタイプで、ヒット曲狙いのカーティスと対立していく。カーティスにジミーを奪われ、のちにエフィのソロ活動を手助けする。
ミシェル・モリス(シャロン・リール)
エフィの代わりに、新メンバーとしてザ・ドリームズに加わった女性ボーカル。

ドリームガールズのネタバレあらすじ

映画『ドリームガールズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ドリームガールズのあらすじ【起】

1960年代、アメリカのデトロイト。地元の人々に人気のライブハウス「デトロイト劇場」では、名物のタレント・コンテストが行われていた。このコンテストで優勝すれば、デトロイト劇場への出演が決まる。女性3人のボーカルグループ「ドリーメッツ」も、優勝を目指して白熱のライブを展開する。リードボーカルのエフィは、パワフルな歌声で観客を魅了し、両サイドのディーナとローレルもそれを盛り上げる。3人は確かな手応えを感じていたが、優勝したのは別のアーティストだった。

がっかりしている3人に、カーティスという男が声をかけてくる。カーティスは、中古車販売店を経営しながら、人気歌手のジミーのプロデュースもしていた。3人の魅力に目をつけたカーティスは、彼女たちが優勝できないよう裏工作し、ジミーのバックコーラスに雇おうと企んでいたのだ。プライドの高いエフィは嫌がるが、ディーナとローレルは乗り気だった。カーティスは「後悔させない」とエフィを口説き、高額なギャラを提示する。エフィは、カーティスという男に惹かれ、この話を受ける。

ジミーもキュートな3人を気に入り、話はとんとん拍子に進む。3人はジミーのツアーに参加し、プロの世界に馴染んでいく。カーティスは、ドリーメッツの曲作りをしてきたエフィの兄のC.C.も、ジミーに売り込む。10歳の時からジミーを育ててきたマネージャーのマーティは、無名の作曲家を使うつもりはなかったが、ジミーは、C.C.の曲に興味を示す。そして、C.C.作詞作曲の「キャデラック」が、ジミーの新曲として発売される。

「キャデラック」はローカルラジオで紹介され、少しずつ売上を伸ばしていく。最終的には黒人のポップチャートで38位を記録し、「ジミー・アーリーとドリーメッツ」の人気も上昇する。これに目をつけた白人は、「キャデラック」を少しだけアレンジして、白人歌手のオリジナル曲として発売する。このような白人による盗作行為は、これまで何度も繰り返されてきたが、立場の弱い黒人は、泣き寝入りするしかなかった。

ドリームガールズのあらすじ【承】

自分の曲を盗作されたC.C.は、地団駄を踏んで悔しがる。カーティスも同じ気持ちで、彼は黒人アーティストの権利を守るために動き出す。カーティスは中古車販売店で閉店セールを行い、手持ちの車を全て売り払う。多額の現金を手にしたカーティスは、アメリカ国内の有力なDJに賄賂を渡し、メジャーなラジオ局でジミー・アーリーとドリーメッツの新曲を流してもらう。この曲は全米のポップチャートで1位を獲得し、ジミー・アーリーとドリーメッツは、ローカル歌手から全米規模のスター歌手へと成長していく。

カーティスは「レインボー・レコード」というレコード会社を設立し、中古車販売店をオフィスと録音スタジオに改装する。野心家のカーティスは、ジミー・アーリーとドリーメッツを、白人セレブの集まるマイアミのステージに立たせる計画を練っていた。しかし、マーティは、白人に媚びるようなカーティスのやり方が気にくわない。2人は、ジミーの売り方を巡って対立し、結局マーティがジミーの元を去っていく。

マイアミのステージで、ジミーはパワフルな歌を披露するが、黒人を毛嫌いする白人のセレブには受けない。そこでカーティスは、ジミーをツアーに向かわせ、その間にドリーメッツの3人を売り出すことにする。ついにジミーから独立してのデビューが決まり、エフィたち3人は喜ぶ。しかし、カーティスから「リードボーカルはディーナでいく」と告げられ、エフィは激怒する。カーティスは、歌声は平凡でもルックスのいいディーナの方が、大衆には受けると睨んでいた。すでにカーティスと男女の仲になっていたエフィは、女としての嫉妬もあって怒り狂うが、周囲に説得され、泣く泣くこの条件に従う。

グループ名も「ザ・ドリームズ」に改名され、3人は華々しくデビューする。カーティスの読み通り、ディーナのルックスはテレビ向けで、ザ・ドリームズは世界レベルのスターになる。しかし、常に注目されるのはリードボーカルのディーナばかりで、エフィは面白くない。プライドの高いエフィは、今まで以上にわがままな振る舞いをして、周囲を困らせる。エフィは、ディーナとカーティスの関係も疑っていた。そして、ある日のテレビ収録中、些細なことで怒り出し、そのまま脱退宣言をして帰ってしまう。

エフィはカーティスの子供を身ごもっており、そのこともあって情緒不安定になっていた。きちんと病院へ行き、気持ちの落ち着いたエフィは、大晦日のライブへ出演するため、みんなのところへ戻る。しかし、すでにカーティスはミシェルという新メンバーを用意しており、エフィの居場所はなくなっていた。エフィは「私は残る」と食い下がるが、みんなの気持ちは彼女から離れていた。エフィは仕事も恋人も失い、独りぼっちになってしまう。

ドリームガールズのあらすじ【転】

それから6年の歳月が経った。エフィが抜けてからも、ザ・ドリームズは次々とヒットを飛ばし、ディーナは大スターになっていた。カーティスは、稼ぎ頭のディーナと結婚し、レインボー・レコードを大企業へと成長させる。カーティスは、ディーナをもっとビッグにするため、クレオパトラの映画を企画する。しかし、ディーナは映画よりも子供が欲しいと思っていた。

一方、エフィは地元のデトロイトへ戻り、カーティスには内緒で娘を出産していた。幼い娘を抱え、生活は困窮していたが、エフィはどうしても歌を諦められない。エフィは歌手として再起するため、マーティにマネージメントを依頼する。しかし、この業界でのエフィの評判は最悪で、仕事探しは難航する。それでもエフィは、マーティに叱咤激励され、小さなクラブでの仕事を勝ち取る。

カーティスのプロデュースで、似たような流行歌ばかり歌ってきたジミーは、もっと中身のある活動をしたいと考えるようになっていた。それはC.C.も同じで、2人はベトナム戦争に反対する曲を作り、カーティスに聴いてもらう。何よりも売れることを最優先に考えるカーティスは、「曲はいいが歌詞がダメだ」と言い放ち、ジミーたちを失望させる。ジミーは歌手としてのやりがいを失くし、麻薬に溺れていく。ジミーは妻帯者だったが、8年前からローレルと不倫関係にあり、そのことでも悩んでいた。

ロサンゼルスの大劇場で、レインボー・レコードの10周年を祝う大規模なコンサートが開かれる。この模様はテレビで生中継されており、ジミーもそのステージに立つ。楽屋でローレルと痴話喧嘩し、ライブ前に麻薬を使用していたジミーは、日頃の鬱憤を晴らすように、ステージ上でズボンを脱いでしまう。これに怒ったカーティスは、ジミーにクビを言い渡し、ローレルも彼に別れを告げる。

カーティスの操り人形のような日々に不満を感じていたディーナは、彼に内緒で、クレオパトラとは別の映画出演の話を進めていた。プロデューサーと監督は、娼婦のような役をカーティスが許すのか心配していたが、ディーナは大丈夫だと言い切る。

C.C.もまた、自分の音楽から全てのソウルを奪われることに反発し、カーティスと決裂する。そんな時、ジミーがヘロインの過剰摂取で死亡したというニュースが飛び込んでくる。これにショックを受けローレルも、カーティスの元を去っていく。

ドリームガールズのあらすじ【結】

カーティスから離れたC.C.は、ずっと会っていなかったエフィを訪ねる。しかし、エフィは自分を見捨てた兄を許すことができず、C.C.を無視して、ジミーの追悼ライブへ出かけていく。エフィが出演しているクラブには、ジミーの仲間が集まっていた。C.C.もそこへやってきて、エフィのために曲を作ったことを伝える。この曲は、今のエフィにしか歌えない、魂のこもった曲だった。

エフィはC.C.と和解し、彼の作ってくれた曲で、ローカル・レーベルからレコードデビューを果たす。「ワンナイト・オンリー」というこの曲は、バラードの名曲で、徐々に人気が出始める。ところが、このレコードを入手したカーティスは、これを軽い内容の歌にアレンジし、ディーナの新曲として発売してしまう。

ディスコ調にアレンジされた「ワンナイト・オンリー」は大ヒットし、カーティスはご満悦だった。しかし、ディーナは疲れており、クレオパトラに出演したくないと言い出す。苛立ったカーティスは、ひどいことを言って彼女を傷つけ、勝手なことをしないよう釘を刺す。ずっと我慢してきたディーナは、カーティスと一緒にいることに疲れていく。

そんなある日、ディーナはカーティスのオフィスで、エフィのレコードを見つける。何も知らなかったディーナは、泣きながらエフィに電話をかけ、大切な曲を奪ってしまったことを謝罪する。

マーティやC.C.たちは、有能な弁護士を雇ってレインボー・レコードに乗り込み、カーティスに盗作の件を訴える。カーティスは強気の対応をしていたが、彼らは確かな証拠を握っていた。ディーナがカーティスを裏切り、極秘の内部情報を漏らしていたのだ。この交渉により、「ワンナイト・オンリー」は、エフィの曲として改めてレコード発売されることになる。もし、エフィの邪魔をしたら、今度こそ厳しい法的処置を取ると脅され、さすがのカーティスも引き下がる。

ディーナは、改めてエフィに謝罪し、彼女と和解する。その時、エフィは初めて、9歳になる娘がいることを告白する。全てを知ったディーナは、カーティスとの離婚を決意し、家を出る。そして、カーティスの周りには誰もいなくなる。

ザ・ドリームズは解散することになり、故郷のデトロイトで解散コンサートが開かれる。コンサートの終わりに、ディーナはステージ上にエフィを呼び、もうひとりのメンバーとして観客に紹介する。そして、ザ・ドリームズは、4人で感動のフィナーレを迎える。客席では、エフィの娘が、母親の晴れ舞台を見ていた。カーティスは、その子が自分の娘であることに気づき、言葉を失う。

この記事をシェアする