『ドライヴ』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフンが監督を務めたふしぎなバランスのアクション映画。タイトル通りの映画だと思ったら大間違い。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴスリング。

あらすじ

ドライヴ』のあらすじを紹介します。

主人公の男(ライアン・ゴスリング)は、2つの顔を持っていた。昼は自動車修理工場で働きながら映画のカースタントマンとして活躍し、夜は犯罪者を現場から逃すことを生業とする逃がし屋。

彼の逃がし屋としての圧倒的なテクニックを見せつけて映画はスタートする。
彼が住むマンションの隣の部屋には、アイリーン(キャリー・マリガン)という人妻が住んでいて、今は息子と二人暮らし。スーパーで出会ったことがきっかけに仲良くなった二人は、いつしか親しい関係になる。

しかし、そんなある日のドライヴデート中に、彼女の夫(アルバート・ブルックス)が刑務所から出所することを告げられる。男は複雑な心境で、彼の出所パーティに出席したのだった。

評価

  • 点数:100点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2012年3月31日
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
  • キャスト:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『ドライヴ』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

偏愛せざるを得ない絶妙なバランス

私が映画好きになる切っ掛けを作った作品です。故に偏愛しています。
本作は、「タイトル詐欺じゃないか!」と怒った観客に訴訟を起こされたという話があるんです。だって、カーアクションシーンは1回しかないんだから!中盤のアイリーンの夫と一緒に仕事をする場面でしか、カーアクションらしいものは出てこない。車に突っ込むシーンはありますけどね。
ほとんどは名無しの主人公と人妻の恋愛ドラマなんです。

しかし、突如としてやってくる残酷すぎるほどのバイオレンス描写がある。これが肝です。甘い恋愛の裏に潜む暴力性を描き出している、惚れ惚れするようなエレベーターでのキスシーン。あれほど美しいシーンは、『雨に歌えば』の有名なシーン以外に無いのではないかと思っています。思わず声が出るような甘いシーンが、唐突な超バイオレンスで引き裂かれ、以降人妻は出てきません。このバランス!この思い切り!たまりません。

私は本作と出会っていなければ、全く別の人生を歩んでいたでしょう。人の人生を狂わせる映画という点で、本作はカルト映画と言えます。実際、万人受けする映画ではないし、求めていたものとまるで違う内容を見せられるわけですから、怒る人もいるでしょう。でも、刺さる人は刺さる。心臓を深くえぐられる。それだけのパワーが有ります。

モーガン・フリーマン力

このページを見た人に覚えて欲しいのは、ライアン・ゴスリングという俳優の作品選びのセンスです。彼が主演した映画は必ず面白い。

『ブルーバレンタイン』という映画はある夫婦の出会いと別れを交互に描き出す恋愛ドラマですが、背筋が凍るほどのホラー映画でもあります。もちろん、幽霊が出てきたり、残酷なシーンが有るわけではないです。人の出会いと別れは、完全に客観視すればここまで恐ろしい物なんだという現実を観客につきつける大傑作。

ジョージ・クルーニーが監督した『スーパー・チューズデー』というアメリカ大統領選挙を題材にした映画もかなり出来がいい。ここ最近の映画は難解で評価がわかれるものが多いですが、かなりセンスがいいんです。

彼は脚本を見る目があり、監督に恵まれる運がある。今後、ハリウッドを引っ張っていくのはブラッドリー・クーパーだけではないですよ。名前だけでも覚えておいてください。

まとめ

何度見ても関心させられる映画です。冒頭のカーシーンに映画らしい盛り上げを欠如させることで、「本当のプロならこうするんだろうな」というリアリティをもたらす。硬直したシーンを打ち破る突然のバイオレンスは、映像よりも音で仕掛ける。声が漏れるほどの甘いシーンの後には唐突でとにかく残酷なバイオレンス。終盤の駆け引き、オチ。どれもが愛おしい!正直、偏愛しているがゆえにまっとうな評価を下すことが難しいのですが、とにかく勉強になります。映画好きの人は、本作を見てからいろんな人の評論を読むといいですよ。映画の背景を知ることでより面白くなるという典型的な映画です。

ちなみに、本作の元となったのはウォルター・ヒルの『ザ・ドライバー』という映画。こちらも面白いです。

Amazon 映画『ドライヴ』の商品を見てみる