dTVの料金支払い方法と支払日はいつ?

dTVの支払い方法は、ドコモ利用者かそうでないかによって少しだけ違いがあります。その違いについてと、ちょっとややこしい支払いの仕組みについて簡単に説明したいと思います。

dTVの支払い方法は何がある?

dTVの月額料金540円(税込)の支払い方法は、大きくは二つ。
ドコモケータイ払いか、クレジットカードです。

ドコモケータイ払いができるのは、ドコモ回線契約している人のみです。よって、そうでない人はクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX)での決済しか利用できないということになります。

公式ではクレジットカードのみとなっていますが、どうやらデビットカードでも決済はできるようです。
デビットカードは、いわば即時引き落としのクレジットカードという感じです。デビットカードでお金を払うと、即時預金口座から引き落とされます。
なので、機能的にはほぼクレジットカードと同じなのです。

クレジットカードだと審査が通りにくくてなかなか作れないという人は、デビットカードを検討してみるのもいいかもしれません。

支払い方法については、『dTVの登録・契約・加入方法は簡単?』でも説明しています。

料金支払い日はいつ?

定額サービスでちょっと面倒なのが、支払日はいつかということ。先払いか後払いか、登録した日を一日目と数えるのか、それとも月初めから末日までが一月と定められているか、サービスによってその仕組みはまちまちです。

dTVの場合はどうなのでしょうか?

dTVは、どうやら登録日がいつかにかかわらず、月初めの1日から月末までが一ヶ月分と決まっています。
登録するなら月初めがお得ということですね。

注意したいのが、解約するタイミングです。
たとえ1日でも、翌月に差し掛かってしまうと料金が発生します。解約するならゆっくり月末まで利用してから解約するほうがお得です。
勝手に更新されてしまうので、日付に注意していなければならないのが少し面倒です。

また、今は登録してから31日間は無料で利用できます。
でも、さきほど説明した通り、その月の1日でも利用すれば料金が発生します。無料期間31日の内に解約しなければ、料金が発生することになるので注意してください。

例えば、9月28日に無料期間が開始したとして、10月28日に無料期間が終了するかと思いますが、10月29・30・31日の数日の利用だけで10月分の料金(540円)が発生します。つまり日割り計算はありません。

まとめ

支払い方法は、ドコモ利用者以外はクレジットカード決済しか選べません。大体のサービスがそうなので、仕方ないですが不便ですね。

支払い日については、無料期間のことを考えると少々ややこしいですが、基本的に月の始めの一日から末日までが一ヶ月分です。いつ登録しようがそれは変わりません。無料期間は31日間ありますが、例えば月末近くに登録すると、無料期間は31日間なので翌月の月末近くまでは無料で使えますが、無料期間終了後の残り数日(1日だとしても)の利用だけで月額540円を払うことになります。

いつ登録するか、また解約するかは、この仕組みを頭の片隅に置いてから考えてみてください。

無料体験 dTV 31日間無料お試しで観てみる
レビュー dTV 映画評論家が語る評価・レビュー・感想まとめ
Q&A dTVの気になる点まとめ

動画配信サービス比較まとめ

徹底比較 有料動画配信サービス比較(Hulu,Netflix,Amazon,dTV,U-NEXT)