映画『イースタン・プロミス』あらすじとネタバレ感想

イースタン・プロミスの概要:「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のヴィゴ・モーテンセン主演、デビッド・クローネンバーグ監督のサスペンス。共演はナオミ・ワッツ、バンサン・カッセル。2007年の英国・米国・カナダ映画。

イースタン・プロミス あらすじ

イースタン・プロミス
映画『イースタン・プロミス』のあらすじを紹介します。

ロンドン、クリスマスの夜。アジムの理髪店で、ロシアン・マフィアの男が喉を切られて死んだ。同じ頃、助産師のアンナ(ナオミ・ワッツ)は、少女の出産に立ち会う。無事に女の子が生まれるが、少女は出産時に死亡。

アンナは、亡くなった少女のロシア語で書かれた日記を手掛かりに少女の身元を探ってゆく。しかし、ロシア語が分からないため、伯父ステパンに翻訳を依頼するが引き受けてもらえない。
そのため、少女の日記帳に挟んであった名刺に書かれた、ロシア料理店”トランス・シベリアン”の店主セミアン(アーミン・ミューラー=スタール)に翻訳を依頼することに。ところが、その店こそ、ロシアン・マフィア”法の泥棒”の拠点だったのだ。

アンナは、日記のコピーをセミアンに渡す。ところがバイクが故障してしまい、家に帰れなくなってしまう。そんな時、ロシアン・マフィアの運転手をしている、ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)と出会う。彼は、アンナを車で家まで送ってくれ、その後、バイクも直してくれた。
マフィアのくせに、優しく紳士的な態度にアンナは次第に惹かれてゆく。”俺たちには関わらないほうがいい”とニコライは彼女に言う。

ニコライは、マフィアの息子キリル(バンサン・カッセル)の下で働いていた。ボスに内緒で、アジムの理髪店で殺した男の遺体の処理をさせられていた。指を切り落とし、歯を抜くのだ。その後、川へ遺体を遺棄します。”ここは波の流れが速いから、遺体はばれない”と話す。
それから、すぐに警察によって遺体は発見された。わざと見つかるように捨てたのだ。実は、ニコライはFSBの潜入捜査官なのだ。

アンナの伯父は、ついに日記を訳してくれると言う。そして、少女の名前がタチアナである事、14才でレイプされ妊娠してしまった事が分かった。また、”イースタン・プロミス=人身売買”に関わっていた事実も書かれていたのだ。伯父は危険だから、これ以上関わらないほうがいいと言うが既に遅かった。
マフィアのボス・セミアンに日記帳を渡せと、勤め先の病院で脅されてしまう。少女の住所を教えることを条件に日記帳を渡すことに。その受け渡しに現れたのが、ニコライだった。だが、”住所なんて分からない”とアンナの約束を取り合わない。

ニコライは、ボスやダメ息子キリルの信頼を得て、ついにマフィアの”星の印”を受けた。ところが、ボスはキリルの命が狙われている事を知り、ニコライを替え玉にすることを思いつく。ニコライは、公衆浴場のサウナで2人の男に襲われます。切りつけられ、重傷を負う。
アンナの務める、トラファルガー病院に運ばれます。目覚めたニコライに、アンナは伯父の行方を尋ねた。”スコットランドにいる。殺せと言われたが、逃がした。”と話す。
そして、レイプで立件するため、セミアンの血を採血したのだった。

アンナが目を離した間に、タチアナが生んだ女の子、クリスティーンがいなくなってしまう。キリルが病院から盗んだのだ。なんとか、キリルから赤ん坊を取り戻し、現在はアンナが母親と共に育てることに。そして、ニコライは将来、マフィアのボスとなって、組織を殲滅するためにマフィアを続けているのだった。

イースタン・プロミス 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2007年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:サスペンス、アクション、ヒューマンドラマ
  • 監督:デヴィッド・クローネンバーグ
  • キャスト:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール etc

イースタン・プロミス ネタバレ批評

映画『イースタン・プロミス』について、感想批評です。※ネタバレあり

ヴィゴ・モーテンセンの肉体美と知性に酔える作品!

イースタン・プロミスとは、”人身売買”という意味。犯罪の匂いが満ちているロンドンを舞台に、ロシアン・マフィアが暗躍する物語です。多国籍な雰囲気が、ヴィゴ・モーテンセンにはよく似合う。ロシアン・マフィアらしからぬ繊細なオーラを放っています。

本作は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」と同じ、デビッド・クローネンバーグ監督が描いた犯罪ものでいわば、兄弟のようなもの。暴力シーンもあるが、犯罪を暴き出してゆく過程に重きが置かれています。ヴィゴ・モーテンセンが演じるのは、ロシアン・マフィアの下っ端の運転手ニコライ役。

ボスのダメ息子、キリルの下で働いているが、時にキリルの不始末を尻ぬぐいするハメになってしまう。ニコライは知的で冷静、背中で語る男。反対にダメ息子キリルは、ゲイである事が周囲にバレないかいつもびくびくしているように見えます。キリルはニコライに憧れを抱いているかもしれません。

なんといっても圧巻なのは、ニコライがキリルの替え玉として、サウナで殺されそうになるシーン。全裸での闘いは観ていて、とても痛そうで胸がちくちくします。凶器はナイフ。背中や腹が血まみれで、今度こそ助からないだろうと思うのですが、そこは無敵のビィゴ・モーテンセン、最強です!
また、ニコライがFSBの潜入捜査官だと分かるシーンも面白い。組織にばれないのか、緊張感があります。一定の成果を上げたら、組織から足を洗おうとする捜査官が多い中、内部から組織を崩壊させようという心意気も見事です。

デビッド・クローネンバーグ監督の魅力

「イースタン・プロミス」や「ヒストリー・オブ・バイオレンス」など、暴力という一つのテーマを深く掘り下げた作品作りをする、カナダの映画監督です。幼少の頃から虫など様々な興味があったそうで、そういった探求心や観察力が作品に生かされています。

また、ヴィゴ・モーテンセンとの相性が良く、クローネンバーグ監督の作品に欠かせない俳優です。マフィア映画は怖くて嫌だと思う人にも、マフィア世界を美化せず、暴力を否定する姿勢で描かれているのでおすすめです。ただ、暴力シーンは観る人によっては辛い部分もあるので加減して観て下さい。

本作では、実在する組織に取材してリアルティを追及したり、ビィゴ・モーテンセンの体に刻まれたタトゥーへのこだわりなど細部に至るまでこだわりと表現を徹底させています。

イースタン・プロミス 感想まとめ

生きている実感や誰かに必要とされていると感じる事は、日常生活の中で満たされることはあまりない。ところが、マフィア映画などを観ると生きていることが奇跡なのだと実感できるのではないだろうか。

ヴィゴ・モーテンセン演じる、ニコライの知的さと無敵さ。ボスのダメ息子、キリルとのデコボコ・コンビがいい。ただ、題名にある”人身売買”の問題提起が少し弱すぎることが残念だと思う。少女の断片的な日記だけでは響かないのかもしれない。

本作を観て、犯罪に対する無力感や怒りを感じるだろう。だからこそ、ニコライは希望を失っていない。自らの魂と肉体を賭して、組織の犯罪を明らかにしょうとするのだ。1番の見どころである、ニコライのサウナでの死闘シーン。強靭な精神と肉体に魅せられます!

痛みがなくては生きている実感を得られないのかもしれない。とても危険で熱い映画。
サスペンス映画であるがニコライとアンナのラブ・ストーリーとしても秀逸なのです。

Amazon 映画『イースタン・プロミス』の商品を見てみる