映画『食べて、祈って、恋をして』のネタバレあらすじ結末

食べて、祈って、恋をしての概要:ラブストーリーの女王、ジュリア・ロバーツが主演の自分探し映画。エリザベス・ギルバートという女性が自分の体験を記した著書を映画化した作品。監督は、ライアン・マーフィーが務めた。

食べて、祈って、恋をしての作品概要

食べて、祈って、恋をして

公開日:2010年
上映時間:140分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ライアン・マーフィー
キャスト:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス etc

食べて、祈って、恋をしての登場人物

エリザベス(ジュリア・ロバーツ)
ライターとして成功をおさめたキャリアウーマン。幸せな結婚もし、仕事でも成功していて、周りから羨まれるような日々を送りながらも、どこか満たされない思いを抱えている。マジメで考え込みやすいが、明るく奔放な一面も持つ。愛称はリズ。
ディヴィッド(ジェームズ・フランコ)
リズの離婚後に出来た恋人。劇団の俳優で、リズにヒンドゥー今日を教える。
ソフィ(ツヴァ・ノヴォトニー)
北欧からリズのようにイタリアへやってきた女性。明るくはつらつとしていて、すぐにリズと打ち解け親友になる。
フェリペ(ハビエル・ハンデム)
バリ島に来ている南米の商人。息子のことを溺愛している。

食べて、祈って、恋をしてのネタバレあらすじ

映画『食べて、祈って、恋をして』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

食べて、祈って、恋をしてのあらすじ【起】

エリザベスは、ライターの仕事がうまく行っており、友達や仕事仲間からもうらやましがられている。結婚から八年、子供はいないが表面上は夫とも仲良くやれていた。しかし、心のどこかで、何か満たされない思いを抱えながら日々を過ごしている。

リズは、取材でバリ島の有名な占い師クトゥを訪ねた。そこで、結婚を二度すること、一度は短く、一度は長く、そして半年以内に全財産を失うと予言される。同時に、またここへ来るだろうともいわれた。半信半疑でニューヨークに戻ったリズ。だが夫が突然大学にまた通いたいと思っていると言い出し、彼に対し漠然と抱えていた不安が我慢しきれない大きさになってしまう。今まで何も告げなかったため、離婚を言い出すと夫は大激怒。泥沼の言い合いの末、なんとか離婚するも財産分与は放棄することになった。

その後年下の恋人ディヴィットと過ごすも、やはり長く続かないことを悟ったリズ。また、クトゥの宣言通り、全てを失ったリズ。友達に現実を考えろと諭されるも、リズはやりたいことをやろうと決意して、イタリアに行くこと、インドでヒンドゥー教を学ぶこと、そしてクトゥに会いにバリ島へ行くことを決意するのだった。

食べて、祈って、恋をしてのあらすじ【承】

ディヴィッドとの関係をはっきりさせないまま、リズはイタリア、ローマへやってきた。老朽化した古いアパートを住処にして街に繰り出すが、まだ流ちょうにイタリア語を使えないためカフェの注文もうまくできない。そんな彼女を助けてくれたのは、スウェーデンからやってきたというソフィ。すぐに意気投合して二人は仲良くなった。ソフィは、恋人であり自分のイタリア語の先生であるジョヴァンニを紹介してくれる。ジョヴァンニにイタリア語を習いながら、ソフィや他の仲間たちと毎日楽しく過ごすリズ。イタリア人は娯楽が大好きなことや、イタリア語の含蓄のある言葉をたくさん教えてもらう。また、ジェラート、ワイン、チーズ、パスタ、ピザといった美味しいものも気兼ねなく食べまくるせいで、リズとソフィは太ってしまったことを笑い合う。ワンサイズ上のズボンを買って、ハッピーに過ごそうとリズはイタリアを満喫した。

感謝祭の日に、ソフィやジョヴァンニの家族、仲間と過ごしながらも、まだ少し満たされないリズ。そろそろ次の目的地へ行こう、と密かに決意をするのだった。

食べて、祈って、恋をしてのあらすじ【転】

ディヴィッドに教わってからハマってしまったヒンドゥー教を習いに、インドを訪れたリズ。ヒンドゥー教の施設、アユラムである。そこは、瞑想や修行を行い、また施設の維持をすることで滞在できるところである。リズのような外国人も多い。リズは、いまいち集中しきれないまま、なんとか瞑想や修行に必死に取り組み続けた。そんななか、修行している一人の少女と親しくなるリズだったが、彼女は望まぬ結婚を親に決められているという。そんな彼女の結婚式に出席したリズは、かつての自分の姿と重ねてしまう。夫とは八年間過ごしたが、結婚式の時の思い出すら、リズにとってはつらいものになっていた。

また、リズが興味本位で真剣に来たわけではないと揶揄するリチャードとも出会う。辛辣な言葉で彼女を馬鹿にしていたリチャードだったが、わかりあううちに彼女に示唆的な言葉をかけるようになる。彼自身も自分の過ちで家族を失ってしまった経験があったのだった。その後、リチャードもまたアシュラムを去っていく。幸運の象と偶然出会ったリズは、バリへと行くことを決めた。

食べて、祈って、恋をしてのあらすじ【結】

バリへやってきたリズはクトゥを訪ねた。クトゥははじめ、リズのことを覚えていなかったが、彼が描いて渡してくれた絵を見せると、思い出して笑顔で迎えてくれた。彼は、瞑想を続け、毎日ここに訪れ、バリを見て回るよう、リズに告げた。そして恋をしなさい、とも。

リズは自転車でバリを観光した。しかし森の中の道を進んでいる際、車に轢かれそうになる。こけただけで済んだが、足にけがをしてしまったのでクトゥの紹介である薬剤師と出会う。彼女は元夫による暴力から逃げるため離婚した。が、そのせいで迫害(離婚はよくないことなので)されており、彼女の利発な娘もまた差別を受けているという。リズはその薬剤師と娘とすぐに親しくなった。また、その薬屋で出会ったブラジルの女性にビーチパーティに誘われた。そこで、リズを轢きかけた男、フェリペと再会を果たす。

二人はすぐに親しくなるが、フェリペが結婚を持ち出した時に突然リズは怖くなり彼の前から去る。調和が乱れる、と恐れたのだ。しかしクトゥに「調和を乱すのもまた調和」と諭され、自分自身の恐怖と向き合ったリズは、再びフェリペのもとに戻り、彼とともに歩むことを決めたのだった。

Amazon 映画『食べて、祈って、恋をして』の商品を見てみる