映画『イナフ』あらすじとネタバレ感想

イナフの概要:2002年公開のアメリカ映画(原題 enough)。優しかった夫がDVをするように。執拗におってくる夫から愛娘を連れて逃げ惑う妻を主人公にしたサスペンス映画

イナフ あらすじ

イナフ
映画『イナフ』のあらすじを紹介します。

ダイナーのウェイトレスとして働くスリム(ジェニファー・ロペス)は幼いときから苦労を重ねていた。
ある日店で絡まれた男性から助けてくれた建設会社経営者のミッチと出会い結婚する。
愛娘にも恵まれ、裕福な生活を送っていた日々。

しかし娘が5歳の時、浮気を疑って詰め寄るスリムにミッチの暴力が始まった。
力のあるミッチは自分勝手なところがあり、警察をも思い通りにする。
親友に相談し逃げるのを手伝ってもらったスリムは何度も捕まりそうになりながら、娘を連れて転々とする。

しかしその度に執拗に調べ追ってくるミッチ。
スリムはついに自分が強くなればと特訓をする。

ついに娘と自分のためにミッチと闘う日が訪れた。
彼女は娘を守れるか。

イナフ 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:マイケル・アプテッド
  • キャスト:ジェニファー・ロペス、ビリー・キャンベル、ジュリエット・ルイス、テッサ・アレン etc

イナフ ネタバレ批評

映画『イナフ』について、感想批評です。※ネタバレあり

あまり好ましくないラストシーン

元々親友に最初に相談したとき、彼女は警察を進めた。しかし、警察に捕まった父親を娘はどう思うかとそれは止めるのだ。
しかし本作品のラストは、ミッチと闘うために特訓をするという何ともクラシカルな流れ。
そしてついに闘いの時、スリムはミッチを殺してしまう。
ここで問題なのは娘のこと。
娘に警察に捕まった父がいるのはとやめたはず、そらなのに殺人をする母がいるのは良いのだろうか。

もっと何か出来たはず。
それなのに殺してしまうというのはあまり好ましく無いラストシーンであった。
最初の話はどこへいった?と疑問に思ってしまう。

そして、たかだか1か月特訓したくらいで、男性とやりあえるほど強くなるものか。
実際ジェニロペは3か月特訓したらしい。
ちょっと無理矢理感が否めない作品であった。

ジェニロペファンしか楽しめない

顔は美しくスタイル抜群、決して演技も下手ではない。
しかしながら内容が頂けないのだ。
脚本がわるい。
何故彼女はこの映画に出ることを決めたのか謎である。
彼女の魅力は満々に描かれているので、ファンなら少なからず楽しめる作りになっているだろう。
撮影の仕方やアングルなどはジェニロペをよく取ろうとしているのが伝わるくらいだ。
ファンではない自分は嘘でも楽しいとは言えないが。
詰まるところDV男には気を付けろと言いたいのか、よくわからない映画であった。

イナフ 感想まとめ

今の時代のリアルな描写である本作品。
夫のDVという社会問題になりつつあるテーマを女性がつよくなるという目線から描いているのが悪くない。
ただ、最後はやむ終えず殺してしまいましたというバッドエンディングはいまいち。
子供のために殺人を犯すというのは何とも苦しい最後である。

しかしジェニロペの魅力も満載でファンにはたまらない作り。
彼女を見るためだけでも見る価値はあるし、テンポ感想もよくスムーズに進むので退屈しない。

しかし他に映画がたくさんある時代に、なにもこの映画を見ようとは思わないのが現実。
このような内容で他の作品と勝負しようと思ったらかなりきついだろう。
面白いかどうかはさておき、アイドル映画としては良い作品である。

Amazon 映画『イナフ』の商品を見てみる