映画『イレイザーヘッド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「イレイザーヘッド」のネタバレあらすじ結末

イレイザーヘッドの概要:鬼才デヴィッド・リンチによる、初の長編映画作品。とある不気味な世界で、一人の冴えない青年は、不可解な出来事に関わるうちに精神に異常をきたしていく。極端にシュールで難解な内容は徐々に評判を呼び、後世に大きな影響を与えた。

イレイザーヘッドの作品情報

イレイザーヘッド

製作年:1976年
上映時間:89分
ジャンル:ミステリー
監督:デヴィッド・リンチ
キャスト:ジョン・ナンス、シャーロット・スチュワート、アレン・ジョセフ、ジーン・ベイツ etc

イレイザーヘッドの登場人物(キャスト)

ヘンリー・スペンサー(ジャック・ナンス)
汚れたダボダボのスーツに身を包み、変わった歩き方をするボサボサ頭の小柄な男。陰気な性格で、無表情。薄汚れた街の印刷工場で働いている。
メアリー・X(シャーロット・スチュアート)
ヘンリーの恋人。しばらく前からヘンリーとは疎遠になっている。ヘンリーに知らせる前に、ヘンリーとの子を出産する。
ミスター・X(アレン・ジョゼフ)
メアリーの父親。常に笑顔の風変わりの男性。妻や娘のことを気にかけておらず、奇妙な発言をする。不気味な料理を作り、ヘンリーに提供する。
ミセス・X(ジーン・ベイツ)
メアリーの母親。神経過敏の傾向があり、気が高ぶると正気を失って奇声を発する。
隣人の女(ジュディス・アンナ・ロバーツ)
ヘンリーの隣室に住む黒髪の美女。ヘンリーに気がある素振りを見せる。
ラジエーターの中の少女(ローレル・ニア)
ヘンリーの幻覚に現れる、風船のように膨らんだ顔と真っ白な髪をした異形の少女。
宇宙の男(ジャック・フィクス)
宇宙の辺境の窓辺にいる謎の男。ヘンリーが異常な世界に入り込むきっかけを作った。
鉛筆製作所の職員(ハル・ランドン・ジュニア)
街の鉛筆製作所に勤める男性。鉛筆製作用機械を淡々と操縦して、様々な物から鉛筆を作っている。

イレイザーヘッドのネタバレあらすじ

映画『イレイザーヘッド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

イレイザーヘッドのあらすじ【起】

印刷工場で働くヘンリーは、モジャモジャ頭に常に黒いダボダボのスーツという出で立ちで、もたついた歩き方をする風変わりな青年である。

ヘンリーは、ある幻覚を見る。大きな隕石が宇宙空間を漂い、一人の謎の男が、宇宙のどこかの星で窓際に座っている。男がレバーを引くと、火山の火口から胎児が地上の水溜りに落ちる。

ある日、仕事から自宅のアパートへ帰ったヘンリーは、隣人の美女から、恋人メアリーから至急会いたいとの電話があったと知らされる。自室に入ったヘンリーは、ラジエーターで濡れた靴下を乾かす。

薄暗い通りを抜け、ヘンリーはメアリーの自宅へ向かう。メアリーはヘンリーを迎え入れ、夕食を勧める。メアリーの母親ミセス・Xがヘンリーに質問を浴びせかける中、メアリーは発作を起こす。

夕食に、奇怪な形状の鶏料理が出てくる。手が不自由なメアリーの父親ミスター・Xに給仕するため、ヘンリーが鶏肉にナイフを入れると、鶏肉は血を噴き出して動き出す。狂乱状態になったミス・Xは部屋を飛び出し、メアリーは母を追って出て行く。

正常になったミセス・Xは、メアリーが奇形児を出産したことをヘンリーに伝える。ヘンリーはメアリーとの結婚を決意する。

イレイザーヘッドのあらすじ【承】

爬虫類のような容貌の赤ん坊は、手足が無く、常に奇声を発している。ヘンリーとメアリーは同居を始め、赤ん坊の世話をする。

ある日、帰宅したヘンリーは、郵便受けで小包を見つける。中には小さな肉片が入っており、ヘンリーは自宅の戸棚の中に肉片を隠す。ヘンリーはメアリーや醜い赤ん坊との暮らしに満足している。

ヘンリーは、ラジエーターの中に潜む小さな劇場の幻覚を見始める。

赤ん坊は奇妙な声で四六時中泣き喚き、メアリーに反抗的な反応を示す。耐えられなくなったメアリーは、実家へ戻る。メアリーが去ると、赤ん坊は泣き止む。

ある日、赤ん坊は発熱して体中に発疹する。ヘンリーが仕事に行こうとすると、赤ん坊は一層ひどく泣き、ヘンリーは赤ん坊から離れることができない。

疲れてベッドに横になったヘンリーは、ラジエーターの中にある劇場の幻覚を見る。ステージでは、醜い形相の少女が単調なダンスを披露している。ステージの上から、幼虫のような胎児が少女の足元に次々と落ちてくる。胎児を踏みつけながら、少女は踊り続ける。

イレイザーヘッドのあらすじ【転】

ヘンリーは、いつの間にか隣で寝ていたメアリーの歯ぎしりと寝相のせいで目を覚ます。メアリーが身悶えする度に、ベッドの中からへその緒がついたままの胎児が次々と出てくる。ヘンリーが胎児を壁に投げつけると、胎児は潰れて壁に血の痕を残す。

突如、扉の戸棚が開き、中から大きくなった肉片が飛び出す。肉片は奇声を発しながら壁を這い回る。

幻覚から覚めたヘンリーが部屋の扉を開けると、隣人の女が入ってくる。ヘンリーは、鍵を忘れて部屋に入れなくなったという女を自室に泊め、二人は関係を持つ。

ヘンリーは幻覚を見る。胎児の死骸が散らばるステージの上で、異形の少女は天国へ誘うかのような歌を歌う。ステージに上がったヘンリーが少女の手に触れた瞬間、少女は消え、宇宙の男が一瞬だけ姿を現して消える。

ヘンリーの部屋に置いてあるオブジェが、ステージに出てくる。突如、ヘンリーの首が落ち、体の中から赤ん坊が出てくる。赤ん坊は絶叫し、オブジェから血が溢れ出す。

ヘンリーの首は、どこかの道路の上に落下する。一人の子供がヘンリーの首を拾い、小さな工作所へ持ち込む。職員の男が、ヘンリーの頭の一部を取り出して鉛筆製作用の装置に入れ、鉛筆に作り変える。鉛筆の先には、消しゴム(イレイザーヘッド)が付いている。

イレイザーヘッドのあらすじ【結】

ヘンリーが目を覚ますと、隣に女の姿は無い。女の行方が気になるヘンリーは、隣室の扉をノックするが、返事は無い。赤ん坊は、気落ちして戻ってきたヘンリーを嘲るかのように、不気味な笑い声をあげる。

隣室から、かすかにレコードの音が聞こえてくる。ヘンリーが扉を開けると、隣人の女が頭の大きな男と立っている。女には、ヘンリーの頭部は赤ん坊の顔に見えている。女はヘンリーに冷たい目線を送り、男と部屋に入っていく。

がっかりしたヘンリーに、赤ん坊が嘲笑を浴びせかける。ヘンリーは戸棚からハサミを取り出し、赤ん坊の胴体を包んでいた包帯を切り開く。包帯の中には心臓と謎の臓物が詰まっている。ヘンリーがハサミで心臓を刺すと、赤ん坊は血を吐き、刺し傷から大量の泡を流す。

部屋の中の電気機器がショートし、照明が明滅する。暗闇の中から、大きな赤ん坊の顔がヘンリーに迫ってくる。

ヘンリーは、隕石が爆発する幻覚を見る。宇宙の男は、火花を上げながら研ぎ石で何かを研磨している。

真っ白な霧の中、ヘンリーは異形の少女と抱き合いながら踊っている。

この記事をシェアする