映画『エリン・ブロコビッチ』あらすじとネタバレ感想

エリン・ブロコビッチの概要:「エリン・ブロコビッチ」(原題:Erin Brockovich)は、2000年のアメリカ映画。監督は「セックスと嘘とビデオテープ」、「アウト・オブ・サイト」のスティーブン・ソダーバーグ。主演は「プリティ・ウーマン」、「ペリカン文書」のジュリア・ロバーツ。共演は「トム・ジョーンズの華麗な冒険」、「ドレッサー」の名優アルバート・フィニー。ジュリア・ロバーツは本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、他にもゴールデングローブ賞 主演女優賞 、英国アカデミー賞 主演女優賞 、ナショナル・ボード・オブ・レビュー 主演女優賞、全米映画俳優組合賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞女優賞など数多くの賞を受賞した。

エリン・ブロコビッチ あらすじ

エリン・ブロコビッチ
映画『エリン・ブロコビッチ』のあらすじを紹介します。

カリフォルニア州はモハベ砂漠の小さな町。エリン・ブロコビッチ(ジュリア・ロバーツ)は元ミス・ウィチタの美貌ながら、離婚歴2回、3人の子持ちながら無職という明日の見えない生活を送っていた。職探しに出て採用面接の帰りに追突事故に巻き込まれた彼女は、引退を控えた弁護士エドワード(アルバート・フィニー)に裁判の弁護を依頼するも和解金を取り損ねる。職も決まらず貯金も尽きかけた彼女はエドの法律事務所へ押しかけ、訴訟に負けた事を理由に仕事を斡旋するよう要求し、半ば強引に彼のアシスタントとして働き始める。そんな中で彼女は書類の整理中に不審なファイルを発見する。その不動産売却の書類にはなぜか血液検査の結果が添付されていた。エリンは理由を突き止めようと孤軍奮闘して調査した結果、大企業の工場が有害物質の六価クロムを垂れ流しにしている事実を突き止める。病に苦しむ住民たちを目の当たりにした彼女は、気乗りしない住民たちを訴訟に持ち込むよう説得に回る。最初はあまり乗り気でなかったエドワードも本格的にその問題を担当。またエリンの隣りに住むバイク野郎のジョージ(アーロン・エッカート)が、彼女の3人の子供の面倒を見てくれる主夫として私生活面をサポート。地道な活動が住民たちの共感を呼び、大企業と交渉の場を持つまでに至った。やがて彼女は執念で600人以上もの署名を集め、全米史上最高の和解金350億円を勝ち取った。大きくなった法律事務所で個室を与えられたエリンは、最後にエドワードから破格のボーナスを受け取った。

エリン・ブロコビッチ 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2000年
  • 上映時間:131分
  • ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
  • 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
  • キャスト:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート、マージ・ヘルゲンバーガー etc

エリン・ブロコビッチ ネタバレ批評

映画『エリン・ブロコビッチ』について、感想批評です。※ネタバレあり

バラエティ感満載の実録訴訟映画

ミスコンに入賞しながらも、それ以降はシングルマザーで職にも就けない惨めな生活を送る主人公。そこから這い上がるバイタリティとしたたかさは凄まじい。隣に住むバイク野郎が意外にいい奴で、育児に家事にとエリンを懸命にサポートしていたのが最終的に実ってハッピーエンド。アメリカンドリームと訴訟社会を象徴する側面もあり、いかにもハリウッド映画らしい作品である。子宮の値段を聞いたり井戸の水を差し出したりして、責任逃れしようとする相手をぐうの音も出ない程やりこめるのも痛快である。ジュリア・ロバーツが見事に役に嵌っているのだが、エリンもエドワード弁護士もまずは自分たちの利益という打算が先に見えるのは否めない。それでも被害者の無念を聞くうちに、少しでも力になりたいという思いが強くなり献身的になっていったのは事実だろう。少し冷めて見てしまうのは、訴訟が乱発するアメリカ社会に対する抵抗感があるせいだろうか、感動というところまでには至らないが、ストーリー展開の勢いやエリンのブラックジョークに笑わせてもらえるシーンも多く、バラエティ感は満載である。

ジュリア・ロバーツの面目躍如

ジュリア・ロバーツという女優がイマイチ好きになれなかったが、社会派ドラマできっちりと個性的な演技を見せたという部分でイメージが一新された。「634人にフ○ラしまくってヘトヘトよ」などと悪態をつきながら、胸の谷間を見せ続け奮闘する弾け振りに好感が持てる。不満を垂れながらもエリンと息が合ったところを見せる、弁護士役のアルバート・フィニーも名優振りを発揮している。彼女の子供たちも揃ってよい子ばかりであり、隣人はイケメンの上に善人と周辺人物に関しては甘すぎな部分はあるものの、話全体に勢いがあってスカッとするのでまあ良しとする。

エリン・ブロコビッチ 感想まとめ

ノンフィクションゆえに役者の演技に全てが委ねられるシナリオを、ソダーバーグ監督がシンプルなプロットを役者に任せるようにオーソドックスに撮っており、ジュリア・ロバーツとアルバート・フィニーの呼吸もぴったりである。ジュリア・ロバーツが気が強くて口の悪いエリンを感情豊かに、好感が持てるか持てないかの微妙な差を感じさせる表現力は見事である。物語の背景が訴訟などに不慣れな田舎町というところもリアルに描かれ、住民たちを説得させるところの奮闘振りがこの映画の見せ場だろう。ありがちな裁判のシーンに重きを置かなかったところがこの作品を輝かせた要因となっており、その困難な役どころを演じたジュリア・ロバーツの女優魂が見事に発揮された良作である。

Amazon 映画『エリン・ブロコビッチ』の商品を見てみる