映画『エターナル・サンシャイン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『エターナル・サンシャイン』のネタバレあらすじ結末

エターナル・サンシャインの概要:最愛の人クレメンタインを失ったジョエルは自分の記憶から恋人を消す事にした。消して行くうちによみがえる美しい愛の思い出たち。不思議な映像が恋人達を彩る新感覚ラブストーリー。

エターナル・サンシャインの作品概要

エターナル・サンシャイン

公開日:2004年
上映時間:107分
ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー
監督:ミシェル・ゴンドリー
キャスト:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マーク・ラファロ etc

エターナル・サンシャインの登場人物(キャスト)

ジョエル(ジム・キャリー)
職場と自宅の往復ばかりで、つまらない男。恋人に振られたショックで狂いそうになる。記憶を消す事によって自分の心を救おうとする。
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)
気まぐれで不安定な心を持つ。髪の色を気分で何度も変える。服装も派手で、さみしさに耐えられず、ついつい男と寝てしまう。
パトリック(イライジャ・ウッド)
クレメンタインの記憶を消したときに一目惚れをした。彼女の記憶を操作し、自分と付き合うようにしむける。ストーカー的存在。

エターナル・サンシャインのネタバレあらすじ

映画『エターナル・サンシャイン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エターナル・サンシャインのあらすじ【起】

ジョエル(ジム・キャリー)は会社を仮病で休んだ。さぼって海を散歩する。寒いのでカフェで一休みしながら、日記を書く。髪の青い女性クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)がコーヒーの中に酒を入れていた。さっき海にいた女性だ。電車に乗っていると話しかけて来た。積極的で変わり者、そしてよくしゃべる。気まぐれな彼女のことはちょっと苦手だった。彼女はよく行く書店でアルバイトをしているらしい。

押しの強い彼女に負けて、家に上がりお酒を飲んだ。奥手な自分が女の子に電話している。退屈な日常が変わりはじめた。

クレメンタインが部屋に寝かせてほしいと言った。それをすんなりOKする。車の中で心の準備をしていると、男がドアをノックした。なにか困った事はないか?彼の質問の意図がわからない。謎の男はそれだけ言って消えた。

ジョエルは車で死ぬほど涙を流した。新しいパジャマを買って薬を飲む。床に倒れ込むジョエル。そこに男が2人部屋に侵入して来た。

友人の元にジョエルが錯乱して現われた。書店にプレゼントを渡しに行くと、知らない男とキスしていたクレメンタイン。友人はジョエルに手紙を渡した。彼との過去を話さぬようにクレメンタインの記憶を消去したと、書いてあった。差出人はラクーナ社。

エターナル・サンシャインのあらすじ【承】

ラクーナ社でクレメンタインについて質問する。なぜ彼女は記憶を消してしまったのだろうか。彼女を失ったショックで狂いそうなジョエルはラクーナ社に相談した。まず自分の部屋からクレメンタインのものを集めて持ってくる事。ジョエルもクレメンタインの記憶を消去することを決めた。

装置をつけて記憶を消去する。なにかが変だ。記憶をさかのぼる。
クレメンタインは深夜に酔っぱらって帰って来た。飲酒運転をして、彼の車をぶつけた。髪はオレンジにカラーリングされている。男と寝たんだろ?その言葉に怒って鍵を突き返し、部屋を飛び出してしまう。

2人で町中をデートしていると可愛い赤ちゃんがいた。クレメンタインは赤ちゃんが欲しいといいはじめた。またいつもの気まぐれだ。ジョエルが気のない返事をするとクレメンタインが怒り始めた。人目もはばからず驚くような汚い言葉で罵倒する。記憶から早く消えてくれ。

寝ている横でクレメンタインがしゃべる。眠りたいのに眠らせてくれない。会話もなく食事を食べる。彼女は酔っぱらうと絡んでくる。記憶から早く消えてくれ。

どんどん記憶をさかのぼって行く。出会った時に着ていたオレンジ色のパーカー。同じ色に髪を染めていた。

エターナル・サンシャインのあらすじ【転】

車のドアをノックした謎の男パトリック(イライジャ・ウッド)。今のクレメンタインの彼氏で、ラクーナ社の記憶消去スタッフだ。ジョエルが渡すはずのプレゼントを渡した。

凍った湖の上で愛を語った思い出。最高に幸せで、もう死んでもいいと思った。この記憶だけは消さないでほしい。ジョエルの気持ちは変わり、走り出した。

夢の中でクレメンタインが起きればいいのにと言った。一瞬目覚めると頭に大きい機械をつけてラクーナ社の人間が見えた。私の記憶を消さない為に私がいない記憶に連れてって。幼少期振ってくる雨を飲んだ。部屋の中雨が降る。

ラクーナ社のスタッフが裸で抱き合っていた。警告音が鳴り、消去が止まった。このままではまずい。彼が記憶図から消え、戻って来れない。

幼少期の記憶の中、ジョエルはパトリックの秘密を暴露した。パトリックは記憶の消去中、クレメンタインに一目惚れをし、記憶を操作して自分の彼女にしてしまった。下着を盗んだりしていたのも彼だ。

エターナル・サンシャインのあらすじ【結】

ジョエルの部屋にドクターが現われた。緊急事態に注射を打つ。ドクターがパソコンを操作しはじめた。記憶の中で車が、本棚が、いろんなものが消えて行く。私を記憶のもっと奥に隠して。ベッドごと海岸にいた。

クッションを押当てられて気絶したふりをするジョエル。一面雪の海岸で追いかけっこ。雪の中オレンジの髪が綺麗だ。雪だらけになりながらじゃれあう。

陰りなき祈りは運命を動かす。ラクーナ社のスタッフがつぶやいた。感動するドクター。若い女性スタッフとドクターはキスをした。その姿を追いかけて来た妻が見てしまう。妻は女性スタッフを笑う。その女性スタッフは過去ドクターと不倫していて、記憶を消されていた。

本屋でジョエルはクレメンタインを再び口説く。またやり直せたら。ジョエルはクレメンタインがいれば他はなにもいらない。

知らない人の家に侵入するジョエルとクレメンタイン。空き家みたいだ。ここに住みましょう。お酒を勝手に飲もうとする。家に海水が浸入して来た。家が崩れて行く。たくさん抱き合った、たくさん笑った。いろんなところにも行ったし心から愛していた。空想と現実のイメージが入り組んで不思議な世界が広がる。

ある日、ラクーナ社からテープが届いた。あなたの記憶を消しました。これはその一部です。ジョエルの記憶を消してほしいという声が吹き込まれた音声テープ。怒鳴って車から追い出した。ジョエルにもテープが届いていた。髪の色を罵倒する音声テープ。彼女は絶えられず家を飛び出す。

2人はお互いを求め、追いかけた。付き合っていればいろんなことがある。それは愛し合っているからだ。

エターナル・サンシャインの解説・レビュー

お洒落なPVのような異色作品

脚本自体がエキセントリックな作品である。
全体的にカラフルな絵が印象的な映画で、要所要所に1枚の絵画が差し込まれているようなアートな雰囲気をかもし出している。
特にヒロインのケイト・ウィンスレットの髪の毛の色にも注目で、奇抜なカラーリングがより映画にマッチしていて面白い。
元々PVを専門にしている監督だったようで、記憶を消すという変わり種の脚本に合わせた異色な演出が魅力的である。

テーマが深い娯楽作品

嫌なことを消す記憶抹消のビジネス。
世にも奇妙な物語でもありそうな面白い内容の映画であるが、意外にも奥が深い。
というのも、ただ記憶を消すだけではなく心にある潜在的な記憶といえば良いのか、何度出会ってもやはり恋に落ちてしまうというテーマがポイントなのだ。

記憶を消していく途中にも手術中の頭の中で、消される施術から記憶が逃げていくシーンがある。
どんなに喧嘩した嫌な思いでも愛している人との喧嘩なら愛しく大事な思い出なのだ。
それを消さないで欲しいと願うのは、本当に記憶を消される恐怖がせまっている時だけ。
ここで始めて全てが大事なのだと気づくのである。

そして、何もないまっ皿な状態であったにも関わらず再び気になり、恋に落ちていく。
この人が好きなのだと心が感じるというロマンティックな物語なのである。

ジム・キャリーの真剣な表情を堪能できる映画

人気コメディアンとして有名なジム。
出演した映画もコミカルな役どころが多かった、しかし本作品では真面目な恋愛作品の主人公ということで普段中々目にすることができないジムの姿が印象的だ。
こんなに演技がまかったのかと感心してしまうほどである。
意外な一面に思わずキュンとしてしまう女性ファンも多いかも。

エターナル・サンシャインの感想まとめ

お洒落な映画に認定されている映画は世の中にたくさんあるが、内容もきちんと評価されているものは中々ない。
雰囲気お洒落なものが実は多いからだ。
しかし本作品は脚本に、演出ともにしっかりしていて内容も非常に楽しめるものになっている。

またジム・キャリーが主役ということもあり、コミカルなものを想像してみると意外にもシリアスで真面目な彼の演技を見ることが出来る。
最初から最後までハイセンスな作品であり、これこそがアーティスティックな娯楽作品という仕上がりになっているおすすめの1本である。

いつもの映画に飽きて何か変わった面白いものを観たいとおもうのなら、ぜひこの映画などはいかかだろう。

Amazon 映画『エターナル・サンシャイン』の商品を見てみる