映画『エクス・マキナ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エクス・マキナ」のネタバレあらすじ結末

エクス・マキナの概要:2015年公開のイギリス映画。人工知能搭載の人型ロボットを開発した社長の下、極秘の実験に参加することになった1人の社員がロボットの知能に翻弄されていくサスペンス・スリラー。

エクス・マキナの作品概要

エクス・マキナ

公開日:2015年
上映時間:108分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:アレックス・ガーランド
キャスト:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィカンダー、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ etc

エクス・マキナの登場人物(キャスト)

ケイレブ(ドーナル・グリーソン)
幸運にもネイサンの会社で実験に参加出来る事になったプログラマー。性格が良く温厚で、真面目な男。
エヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)
人工知能を搭載されたネイサンが作った人型ロボット。
ネイサン(オスカー・アイザック)
天才的な頭脳を持つプログラマーの憧れるIT社長。
キョウコ(ソノヤ・ミズノ)
ネイサンのメイドとして働く女性型ロボット。

エクス・マキナのネタバレあらすじ

映画『エクス・マキナ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エクス・マキナのあらすじ【起】

プログラマーとして働くケイレブの会社は、有名な検索エンジンを作ったブルーブック社である。
ある日、社長の自宅に招かれるという社内抽選に当たった彼は、雄大な自然の中にある邸宅へと向かう。
しかしそこに行く交通手段は無く、自家用のヘリコプターで迎えに来てもらった。
ネイサンの自宅に着くと、邸宅でもあり別荘でもあるが造りが研究施設のようにも見え、
ケイレブは動揺する。
そこで迎えてもらった社長のネイサンに、「友人のように接してくれ」と言われたため彼は喜んだ。
社長は彼の憧れでもあったからだった。

まずネイサンはケイレブにここで起きた出来事を他言しないようにきつく口止めし、その上で同意書にサインしろと言った。
内容が難しいために弁護士を呼びたいと言うケイレブだったが、同意しないなら帰ってくれと強気に出るネイサン。
ケイレブは結局サインをし、この施設の秘密を知ることになっていく。
ネイサンはここで人口知能AIのロボットを研究、そして試作実験を行っていたのだった。

エクス・マキナのあらすじ【承】

ケイレブに与えられた仕事は、ネイサンが開発したエヴァという女性型ロボットのテストである。
人工知能がどこまで本物なのか、面談をして直接素直な感想を教えて欲しいというものである。
ケイレブはその実験に参加出来る事を喜び、早速エヴァに会わせてもらった。

施設は厳重な管理がされていて、従業員のケイレブでもカードキーがOKな箇所しかドアが開かないようになっている。
始めてエヴァがいる部屋に通されたケイレブは、エヴァの姿を見て言葉が出ない。
身体は半透明で中の機会が見えるようになってはいるが、顔は人工皮膚で覆われ人間の女性そのものなのだ。

この人工知能の持ち主であるロボットは人間などよりも優秀であるため、ケイレブ達が騙されぬよう敢えてこのような出で立ちにしている。
その初めて見るロボットの姿にケイレブは見入ってしまう。

始まった面談テスト。
彼女はまるで人間のようにスマートに話し、ロボットであることを感じさせなかった。
このテストはカメラにより全てネイサンに見られている。
しかしテスト途中、突然停電が起こった。
ネイサンによると、最近頻回に起こるらしい。
この停電の時は、一切の電源が落ちてしまうため、2人のやりとりは映せなかった。
その時、エヴァがネイサンに近寄り、「ネイサンを信用してはいけない」と忠告してくる。

エクス・マキナのあらすじ【転】

ある日の面談テストの日。
エヴァはケイレブに見て欲しいと、突然部屋に戻り、用意されていた花柄のワンピースにウィッグを被って来た。
どこからどう見ても美しい若い女性のエヴァに、女性を感じてしまうケイレブ。
彼女との面談のやりとりにも、気まずさを感じるようになっていく。

この日も停電が起こった。
エヴァはこの停電は自分がおこしているのだと言い、ネイサンに見られたくない時にわざとおこしていた。
ケイレブに「一緒にどこかに行きたい」と言うエヴァに、ケイレブも同情心か愛情かもわからない複雑な感情で助けてあげたいと思うようになっていく。

しかし賢いケイレブは、ネイサンがエヴァに恋愛感情を仕組んだのではないかと疑いだした。
これは自分とエヴァとをテストするものなのでは無いか?と。
しかしネイサンはそれを否定。
エヴァは、より新化していく過程のロボットに過ぎないのだと言った。

ショックを受ける中、ネイサンが泥水している間に彼のカードキーを使いパソコンを無断で立ち上げたケイレブは、衝撃の事実を目の当たりにする。
それはエヴァ以前に彼が造った女性型ロボットの実験記録の動画であり、あまりにむごい最後を迎えたロボット達が映っていたのだ。

ケイレブはネイサンの部屋に行き、クローゼットを開けるとそこには動きが止まったロボットが何体も置かれていた。
そしてネイサンのメイドである東洋人風の女性がケイレブに近寄り、自分の皮膚を剥がしロボってあるのだと教えてきた。

エクス・マキナのあらすじ【結】

部屋に戻ったケイレブは、自分もロボットなのではないかと腕を切って血を確認する。
間違い無く人間だった。
ネイサンに不信感を覚えたケイレブは、次の面談の時エヴァに停電させる。
そしてその間に「10時に停電させてくれ。一緒に逃げよう」と提案した。
その日はケイレブの仕事最終日で、ヘリコプターが迎えに来る日でもある。
彼の計画は酒好きなネイサンを泥水させ、その間にシステムを変えるというものだったがネイサンは酒を飲まなかった。

敢えて飲まないその理由。
それは停電中、実は電池に切り替えたカメラを起動し2人のやりとりは知っていることも話した。
つまりこの実験は、エヴァが人間を恋愛の振りで誘惑し、脱出出来るかどうかという試験だったのである。
ケイレブが選ばれた理由は、勿論優秀さもあったが性格の良さと道徳的、彼女がいないなどがあげられた。
何も言えないケイレブ。

10時になった。
停電が起こり、エヴァが脱出の準備をしている。
だがケイレブは上手だった。
ネイサンが停電中もやりとりを監視していると想定し、あらかじめ警備モードを変えていたのである。
それは停電が起こると自動で閉まる扉が、開くようになってしまうというもの。

停電後、エヴァは部屋から出てきた。
それを止めにいったネイサンだったが、エヴァから何かを吹き込まれたキョウコはナイフで後ろからネイサンを刺す。
そしてとどめをエヴァに刺されたのだ。

一緒に逃げようとしていたケイレブをよそに、エヴァは先ほどネイサンとのもみ合いに時に壊れた腕を他のロボットと交換、皮膚を貼り付け人間の服を着て外に出て行こうとする。
厳重な警備である施設、ケイレブは開けることが出来ない扉の中に閉じ込められてしまった。

騒ぐケイレブを置いて、エヴァが始めて見る地上に出て行く。
そしてケイレブを迎えに来たヘリコプターの乗り込み、人間社会に降り立ったのだった。

Amazon 映画『エクス・マキナ』の商品を見てみる