映画『フォーリング・ダウン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フォーリング・ダウン」のネタバレあらすじ結末

フォーリング・ダウンの概要:ひたすらまじめに生きてきた男が、些細なことをきっかけに暴走し始め、後戻りできなくなる。主人公の怒りを通して、アメリカ社会が抱える問題や生きることの難しさが浮き彫りになっていく。マイケル・ダグラスとロバート・デュバルの熱演が光る秀作。

フォーリング・ダウンの作品概要

フォーリング・ダウン

公開日:1993年
上映時間:118分
ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
監督:ジョエル・シューマカー
キャスト:マイケル・ダグラス、ロバート・デュヴァル、レイチェル・ティコティン、フレデリック・フォレスト etc

フォーリング・ダウンの登場人物(キャスト)

ウィリアム・“Dフェンス”・フォスター(マイケル・ダグラス)
軍需産業に従事するまじめなサラリーマンだったが、ストレスで心を病み、突然暴走し始める。妻に離婚され、娘とも会わせてもらえない。1ヶ月前に会社もクビになった。現在は母親と2人暮らし。不条理な社会に腹が立って仕方がない。
プレンダガスト(ロバート・デュバル)
ロス市警の刑事。有能な刑事だったが、妻が過剰に心配して騒ぐので、定時で帰れる内勤にしてもらった。定年前に退職願を出し、妻とアリゾナへ移住する予定。まじめで誠実な人柄のため、ロス市警では浮いた存在。
エリザベス(バーバラ・ハーシー)
通称ベス。ウィリアムの元妻。現在は、娘と2人で暮らしている。暴力を振るわれたことはないが、ウィリアムのことを恐れている。娘の誕生日に家へ来たいというウィリアムの願いを拒み、彼の怒りに火をつける。
サンドラ(レイチェル・ティコティン)
プレンダガストの同僚の女性刑事。プレンダガストのことを愛しているらしく、彼の退職を心から悲しんでいる。プレンダガストの唯一の理解者。
アマンダ(チューズデイ・ウェルド)
プレンダガストの妻。最愛の娘を突然死で亡くし、夫の優しさに依存しきって生きている。更年期障害の症状が出ており、よくヒステリーを起こす。

フォーリング・ダウンのネタバレあらすじ

映画『フォーリング・ダウン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フォーリング・ダウンのあらすじ【起】

1991年6月12日。猛暑のロサンゼルスで、白シャツにネクタイ姿のウォリアム・フォスターは、道路工事による大渋滞に巻き込まれていた。『Dフェンス』のプレートをつけた車はエアコンが故障しており、クーラーが効かない。手動の窓も壊れており、ウィリアムは灼熱の車内で、苛立ちを募らせる。どうにも我慢できなくなったウィリアムは、車を乗り捨てて立ち去ろうとする。文句を言う後続車の運転手に、ウィリアムは「うちへ帰る」と一言告げ、茂みの中へ消えてしまう。現場にいたロス市警のプレンダガスト刑事は、駆けつけた白バイ警官を手伝って、ウィリアムの車を道路脇へ移動させる。

ウィリアムは、移民の多い貧困地区の公衆電話から、元妻のエリザベス(以下ベス)に電話をかける。今日は娘の誕生日で、ベスは誕生日会の準備に追われていた。しかし、ウィリアムは何も言えないまま、電話が切れてしまう。

小銭がなくなったので、ウィリアムは韓国人のリーが営む雑貨屋へ入る。両替を頼むが、リーに「何か買って崩せ」と断られる。ウィリアムは仕方なく、冷たいコーラを買おうとする。しかし、高値をふっかけられて腹が立ち、リーと喧嘩になる。ウィリアムは、リーの護身用のバットを奪い、店内をめちゃくちゃに破壊する。そして、コーラの代金を払い、バットを持って出ていく。

プレンダガストは、今日付でロス市警を退職することになっていた。退職後は、妻のアマンダとアリゾナへ引っ越す予定だった。内勤を望んで事務屋になり、定年前に退職するプレンダガストは、同僚からバカにされていた。有能な刑事のプレンダガストが内勤を望んだのは、情緒不安定な妻のせいだった。妻は今日も、早く帰るよう職場に電話してくる。

フォーリング・ダウンのあらすじ【承】

「不良の巣」と呼ばれる地域で休憩していたウィリアムは、2名の若者にカツアゲされそうになる。ウィリアムは、隙を見てバットで若者を殴り、彼らの持っていたナイフを奪って逃走する。

警察には、リーが被害届を出しにきていた。強盗事件担当のプレンダガストは、彼の調書を取るよう言われるが、ウィリアムがコーラ代を支払ったと聞き、事件にならないと判断する。ただ、男が白シャツにネクタイ姿で、店のバットを持ち去ったことはプレンダガストの記憶に残る。

ウィリアムは、改めてベスに電話をかけ、娘の誕生日だから会いに行くと告げる。しかしベスは、もし来たら警察を呼ぶとまで言って、ウィリアムが家に来ることを拒む。ベスは、ウィリアムを怖がっており、長く娘に会わせていなかった。

バットで殴られた若者たちは、仲間を集めてウィリアムの行方を追っていた。彼らの車には、マシンガンなどの銃が入ったカバンが積んであった。彼らは公衆電話の前にいるウィリアムを見つけ、車から銃を乱射する。多くの人がこの乱射事件に巻き込まれるが、ウィリアムは無傷だった。若者たちの車は、その直後事故を起こして停車する。ウィリアムは彼らの銃を奪い、重傷を負った若者の足を撃ち抜く。そして、銃の入ったカバンを持ち去る。

その頃ベスは、自宅に警察を呼んでいた。警察は、一応彼女の話を聞くが、ウィリアムが酒もドラッグもせず、暴力を振るったこともないと聞き、ベスが神経質すぎるのではないかといぶかしむ。

警察では、直前まで若者たちと一緒だった女性が事情聴取を受けていた。その女性が、バットを持った白人が犯人だと言っているのを聞き、プレンダガストはリーの話を思い出す。プレンダガストは、リーの店を荒らした男が乱射事件にも関与していると直感し、それを同僚に伝える。しかし相手にしてもらえなかった。

朝食を食べ損ねていたウィリアムは、バーガーショップに入って、朝食メニューを注文する。しかし、11時半を過ぎているので、朝食メニューは出せないと言われてしまう。時計の針は、11時33分を指していた。ウィリアムは、また無性に腹が立ち、マシンガンで店員を脅す。脅すだけのつもりだったが、引き金が軽くて天井に発砲してしまい、店内は恐怖で凍りつく。ウィリアムは、あれこれ不満をぶちまけたあと、注文したメニューの代金を払って、店を出ていく。プレンダガストは、この犯人も、白シャツにネクタイの男ではないかと考え、現場へ向かったサンドラに、それを確かめるよう頼んでおく。

フォーリング・ダウンのあらすじ【転】

ウィリアムは、娘の誕生日プレゼントにスノードーム型のオルゴールを買い、家を目指して歩いていた。途中の公衆電話からベスに電話しようとするが、電話が故障していたため、怒りに任せて電話ボックスに銃を乱射する。

サンドラからの連絡で、バーガーショップで発砲した犯人も、白シャツにネクタイ姿だったことがわかる。プレンダガストは、妻から早く帰るよう催促の電話を受けていたが、この犯人を追うことに夢中になっていく。

靴底に穴が空いていたので、ウィリアムは中古の軍用品を売っている店に入る。サンドラはその店に聞き込みに行くが、店主のニックは、なぜかウィリアムのことを隠してくれる。ニックは、警察無線を盗聴するのが趣味の差別主義者で、ウィリアムが移民を嫌って、銃を乱射したのだと勘違いしていた。そうではないと訂正すると、ニックは態度を一変させて暴力的になる。プレゼントのスノードームを破壊され、逆上したウィリアムは、ニックをナイフで刺したあと、射殺してしまう。

プレンダガストは、白シャツにネクタイ姿の男を追うよう署長に訴える。しかし署長はプレンダガストを見下しており、「俺は汚い言葉を使わない奴は信用しない」と言って、相手にしてくれない。プレンダガストは、自分でウィリアムを逮捕するしかないと考え、サンドラと2人で現場へ向かう。

ウィリアムは、ニックの店からベスに電話をかけ、後戻りできなくなった宇宙船の話をする。彼の異常さにと気づいたベスは、家に警察がいると嘘をついて電話を切る。地元警察は、ベスの話を信用してくれず、何かあれば電話するよう言って帰っていた。

リーの店が渋滞している道路のすぐそばにあるのを見て、プレンダガストは車を乗り捨てた男のことを思い出す。そして『Dフェンス』のナンバープレートから、ウィリアム・フォスターという男の名前を突き止める。

軍服に着替えたウィリアムは、ニックが所有していたバズーカ砲を持ち、道路の工事現場へ向かう。ウィリアムは、大渋滞の原因となっているこの工事が、予算消化のための無意味な工事であることを確かめると、バズーカ砲で道路を爆破する。

プレンダガストはウィリアムの実家を訪ね、母親から話を聞く。ウィリアムはベスと離婚後、母親と2人で暮らしていた。母親はずっと息子は軍需工場で働いていると思っていたが、彼は1ヶ月前に会社をクビになっていた。プレンダガストは、きちんと整頓されたウィリアムの部屋で家族写真を見つけ、彼が帰ろうとしているのが、妻と娘のいる家なのだと気づく。しかし母親は、孫がどこに住んでいるのかを知らなかった。

フォーリング・ダウンのあらすじ【結】

近道をするため、ウィリアムは会員以外立ち入り禁止のゴルフ場へ侵入する。そこで自分に向けてゴルフボールを打った老人に怒り、カートを銃で撃つ。驚いた老人は心臓発作を起こし、その場に倒れてしまう。ウィリアムは、自業自得だと思っていた。その後、ゴルフ場に隣接する大豪邸に侵入し、管理人一家に遭遇する。管理人の娘を見て、ウィリアムは幸せだった頃の自分の家庭を思い出し、思わず涙ぐむ。

プレンダガストとサンドラは署に戻り、ベスの住所を調べる。ウィリアムは、ベスの家のすぐそばまできて、再び電話をかける。ベスは近くにウィリアムがいることを察し、娘を連れて急いで逃げる。入れ違いで、ウィリアムが家にやってくる。ウィリアムは、誰もいない家に入り、昔のホームビデオを見始める。

ベスの住所を突き止めたプレンダガストとサンドラは、現場へ向かおうとする。そこへ、ヒステリーを起こしたアマンダから、早く帰れという電話が入る。プレンダガストは、突然死で娘を亡くした妻をいたわり、彼女のわがままに付き合ってきた。しかし我慢することをやめ、アマンダを一喝する。さらに、自分をバカにしてきた同僚を一発殴り、署を出る。

ホームビデオを見ていたウィリアムは、ベスが家の近くの桟橋に行ったのではないかと気づく。ちょうど家の外には、プレンダガストとサンドラが到着していた。ウィリアムは、裏に回ったサンドラに発砲し、逃走を図る。プレンダガストは救急車を呼び、ウィリアムを追う。

桟橋の売店にいた娘は、ウィリアムの姿を見て喜ぶ。ウィリアムは、怯えるベスを無理やり抱擁し、自分に従うよう銃で脅す。周囲の人が銃に気づいて逃げてしまったので、桟橋には、3人だけが残される。ウィリアムは、成長した娘を見て、涙を流す。そこへ、プレンダガストがやってくる。

プレンダガストはベスだけに腰元の銃を見せ、自分が刑事であることを無言で伝える。そして、ウィリアムが興奮しないよう、穏やかに話し続ける。娘を優しい眼差しで見つめ、自分に共感してくれるブレンダガストに、ウィリアムも心を開きかける。ベスは、桟橋の入口までパトカーがやってきたのを見て、ウィリアムの銃を奪って海に捨て、娘を連れて逃げる。プレンダガストはウィリアムに銃を向け、おとなしく逮捕されるよう説得する。

追い詰められたウィリアムは、ポケットにもうひとつ銃があるのだと嘘をつき、プレンダガストにわざと射殺される。まじめに生きてきたのに不当な扱いを受け、怒りを爆発させたウィリアムの気持ちが、プレンダガストには痛いほど理解できた。ウィリアムの行動を正当化することはできないが、海に浮かんだウィリアムの死体を見つめ、プレンダガストはやりきれない気持ちになるのだった。

Amazon 映画『フォーリング・ダウン』の商品を見てみる