映画『ファンタスティック・フォー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ファンタスティック・フォー」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・フォーの概要:テレポートの実験中の事故により、科学者リード達は人知を超えた能力を手に入れる。地球を破壊しようとする邪悪な敵を倒すため、リード達は困難を乗り越えて結束する。マーベル・コミックが誇る人気タイトルの映画化作品。

ファンタスティック・フォーの作品概要

ファンタスティック・フォー

公開日:2015年
上映時間:100分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジョシュ・トランク
キャスト:マイルズ・テラー、ケイト・マーラ、マイケル・B・ジョーダン、ジェイミー・ベル etc

ファンタスティック・フォーの登場人物(キャスト)

リード・リチャーズ / Mr.ファンタスティック(マイルズ・テラー)
天才科学者。幼い頃から素晴らしい才能を発揮するが、周囲に認められず悔しい思いをしてきた。『量子ゲート計画』の実験中の事故が原因で、手足がゴムのように伸びる体質に変化する。
ベン・グリム / ザ・シング(ジェイミー・ベル)
リードの幼馴染みの親友。リード達に協力したため事故に巻き込まれ、醜い形相の岩男になってしまう。
スーザン・ストーム / インビジブル・ウーマン(ケイト・マーラ)
ストーム博士の養女。パターン解析の専門家。事故の影響で、体を透明にする能力を得る。
ジョニー・ストーム / ヒューマン・トーチ(マイケル・B・ジョーダン)
スーザンの弟。壊した車の代償に実験に参加する。事故の影響で体から火を放つ能力を手に入れる。やんちゃで無鉄砲な性格。
ヴィクター・フォン・ドゥーム / Dr.ドゥーム(トビー・ケベル)
『量子ゲート計画』の創案者。中欧の小国ラトヴェリア出身。ひねくれ者で、自分以外の人間を見下している。実験中に転送された惑星で溶岩に落ち、恐ろしい姿になる。スーザンに想いを寄せている。
フランクリン・ストーム(レグ・E・キャッシャー)
『量子ゲート計画』の監督をする科学者。スーザンとジョニーの父親。
ハーヴェイ・アレン(ティム・ブレイク・ネルソン)
NASA から派遣された政府関係者。

ファンタスティック・フォーのネタバレあらすじ

映画『ファンタスティック・フォー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ファンタスティック・フォーのあらすじ【起】

リード・リチャーズは幼い頃から天才的科学者であった。ある日、リードは転送装置に必要な部品を入手するため、級友ベン・グリムの親が経営するスクラップ工場に侵入する。リードを発見したベンは、リードの発明の手伝いを始める。その日から、二人は無二の親友になる。

7年後、リードとベンは高校の科学コンテストで転送装置を発表するが、審査員の教師陣には全く理解されない。科学者のフランクリンとスーザンのストーム親子が、リードに声をかける。フランクリンは、リードが作った装置が自分達が進める『量子ゲート計画』に必要なものだと気付いている。

フランクリンの勧誘を受け、リードはバクスター財団の研究所に越す。充実した設備に興奮したリードは、図書館で勉強中のスーザンに話しかける。パターン分析専門家のスーザンは、リードの思考パターンを分析してみせる。

バクスター財団の重役達の会議が開かれ、フランクリンは量子ゲート計画について報告する。フランクリンは、リードの他に計画の創案者ビクターを参加させると表明する。

ゲート計画を横取りされたと思い込んでいるビクターは、長らく自宅に閉じこもっている。フランクリンはビクターの家を訪れ、ゲート計画に復帰するよう説得する。スーザンが計画に参加することを知ったビクターは、研究施設に戻ることを承諾する。

フランクリンの息子ジョニーは、腕の良いメカニックである。カーレースで壊した父親の車を弁償するため、ジョニーは渋々ゲート計画に参加する。

共同で作業を進める中、リード達は次第に邂逅する。

ファンタスティック・フォーのあらすじ【承】

転送装置を完成させたリード達は、猿を使って実験を行う。猿の乗った移送ポッドは、時空を超えて未開の惑星に無事到着する。実験の成功を受け、リード達は次回は自分達が装置に乗り込もうと意気込む。

NASAから派遣されたハーヴェイ博士が、実験の視察に研究所を訪れている。ハーヴェイは、今後ゲート計画には政府が介入することを通告する。リード達は自分達の実験が政府に横取りされるのではと危ぶむ。

その夜、酒に酔ったリード、ビクター、ジョニーは、政府より先に転送装置を使おうと決める。ロードはベンに電話をかけて施設に呼び出す。リードはベンを二人に紹介し、転送装置に乗り込むメンバーに加える。

防護服を着用した四人は、移送ポッドに入って転送を開始する。

リード達はある未知の惑星に到着する。緑色のエネルギー体が惑星の土中を流れており、一行はエネルギー体の発生源を発見する。調査中、ビクターがエネルギー体の塊の中に手を差し入れると、エネルギー体は大爆発し溶岩のように流れ出す。

流れ出るエネルギー体から逃げる途中、ビクターはエネルギー体の渦の中へ転落してしまう。リード、ベン、ジョニーは移送ポッドに入るが、故障のため転送が開始できない。緊急事態に気付いたスーザンが施設から手動で転送を行い、三人は地球に帰還する。

転送装置が稼働した衝撃で、施設は炎上する。

エネルギー体の影響を受け、リード達の身体は変異する。リードの体はゴムのように伸縮するようになり、スーザンは身体組織が透明になる。ジョニーは体から炎を発し続け、ベンは岩のような恐ろしい姿になる。

4人は政府の秘密施設エリア57に収容される。ある日、リードは天井のダクトを通って脱走する。ベン達は、リードが自分達を見捨てて逃げ出したと思い失望する。

ファンタスティック・フォーのあらすじ【転】

1年後、ベン、スーザン、ジョニーは、治療と引き換えに政府への協力を強いられている。政府の軍関係者達は、新しい転送装置を開発して世界を掌握しようと企む。

既に兵器として登用されているベンに続き、ジョニーの実戦投入が決定する。血の気の多いジョニーは乗り気だが、フランクリンは息子の出撃を何としてでも止めようとする。

フランクリンはスーザンに相談し、リードを見つけて新しい装置を完成させる提案をする。フランクリンは、新しい転換装置で惑星へ行き、再度エネルギー体を浴びることでスーザン達が元の体に戻れると考えている。

スーザンは身を隠しているリードの痕跡を追い、パターン解析によってリードの居場所を突き止める。

リードはある中東の国に身を潜め、エネルギー体を解明するための研究を単身続けている。突如、政府から派遣された部隊が、リードの住処に乗り込んでくる。リードはゴム化する身体能力を使って部隊を退けるが、突然現れたベンによって捕らわれる。

施設へ移送される間、リードはベンに対し、必ず治療してみせると誓う。

1年振りに会うリードに、スーザンは複雑な表情を見せる。フランクリンやジョニーとの再会を喜ぶのも束の間、リードは新しい転送装置の完成を急かされる。リードの参加により、開発は一気に進む。

装置が完成し、政府が選んだ科学者達が惑星へ転送される。惑星に到着した科学者達は、溶けた金属のような形相に変貌したビクターに遭遇する。衰弱状態のビクターは保護され、転送装置に使って地球へ運ばれる。

ファンタスティック・フォーのあらすじ【結】

施設で回復したビクターは、惑星を救うために地球を滅ぼすと宣言する。ビクターは自分の能力を使って、ハーヴェイを始め施設の職員達を次々と殺していく。

フランクリンは、ビクターの暴走を止めようと説得を試みる。惑星こそが自分の故郷だと考えるビクターに、地球への未練は無い。ビクターは、駆けつけたスーザンとジョニーの目の前でフランクリンを殺害する。

ビクターは転送装置に乗り込み惑星へ戻る。ビクターの操作により、空中に巨大なブラックホールが開く。リード達は、穴に吸い込まれ惑星に飛ばされる。

ブラックホールは地球のあらゆるものを吸い込んでいく。ビクターは地球上の全ての生命体を惑星のエネルギーへと変換しようとする。

リード達はビクターを止めようと攻撃するが、全く歯が立たない。スーザン、ベン、ジョニーは瀕死の重傷を負い、リードは一人ビクターに立ち向かう。一年前のように皆を見捨てたくないビクターは、必死にビクターに対抗する。

再び立ち上がった仲間達との協力攻撃により、リードはビクターを倒す。空中に舞い上がったビクターの身体はブラックホールに吸い込まれて消滅する。ビクターの死と同時にブラックホールは閉じ始め、4人はすんでのところで地球へ帰還する。

数日後、政府関係者はリード達に国家の安全保持への協力を依頼する。リード達は、自由行動と研究施設の使用を条件に、平和を守るために戦うことを誓う。

リード達は、政府が秘密裏に運営している大規模な研究施設に移る。4人は、自らのチームを『ファンタスティック・フォー』と名付ける。

Amazon 映画『ファンタスティック・フォー』の商品を見てみる