映画『フィッシュマンの涙』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『フィッシュマンの涙』のネタバレあらすじ結末

フィッシュマンの涙の概要:新薬の臨床試験で魚人間に突然変異した男を巡り、巻き起こる社会現象を見事に描いた作品。精巧に作られた魚の面とイ・グァンスの演技が相まって、無表情にも関わらず絶妙な悲哀感が漂う。

フィッシュマンの涙の作品概要

フィッシュマンの涙

公開日:2015年
上映時間:92分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:クォン・オグァン
キャスト:イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン、チャン・グァン etc

フィッシュマンの涙の登場人物(キャスト)

パク・グ(イ・グァンス)
平凡を極めたような男性。29歳、無口。平凡すぎて就職出来ず、公務員試験を目指していた。サンミ製薬の臨床試験のバイトで唯一、魚に突然変異してしまう。夢は平凡な人。
ジン(パク・ボヨン)
パク・グと一夜の過ちをした事がある。性に奔放だったが、パク・グに助けを求められ、協力するようになる。気の強い女性で守銭奴のような面もある。試験に合格し、公務員となる。
サンウォン(イ・チョニ)
報道記者の面接試験として、正体を隠してパク・グを取材。採用となった後も継続して、密着取材をする事になる。夢は弱きを助け、強きを挫く真の報道記者。

フィッシュマンの涙のネタバレあらすじ

映画『フィッシュマンの涙』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フィッシュマンの涙のあらすじ【起】

韓国のABSテレビ局員のサンウォンは、今から5年前に一世を風靡した魚人間の取材をした。それは入局試験の一環でもあり彼自身、初の取材で思い入れも強かった。故に、未だ彼を中心とした事件を忘れられずにいる。

そんなある日、サンウォンの元にパク・グとも関係の深い、ジンという女性が訪ねて来る。彼女は1枚の写真をサンウォンに渡し、パク・グの事を覚えていて欲しいと言い残して去って行く。

サンウォンが彼女と初めて会ったのは5年前の冬。入局試験で現上司から取材をして来いと言われ、会ったのがきっかけだった。
資料には魚人間の恋人となっていたが、実際に話を聞いてみるとパク・グとは、恋人同士ではなく一回寝ただけの友人だった。ある日の夜、突然パク・グが魚人間となって彼女の元へ助けを求めに来たと言う。ジンは彼を自宅に匿った。

パク・グはサンミ製薬の臨床試験のバイトに参加。参加者は1000人いたが、パク・グだけが薬の副作用で突然変異を起こし、魚へと変貌したのだった。
彼はサンミ製薬で拘束され、妙な実験をされそうになり逃げて来たと言う。
事情を聞いたジンは、こっそりとサンミ製薬に通報。パク・グはサンミ製薬に連れて行かれた。

サンウォンはジンと共に、パク・グへ会いにサンミ製薬へ潜入。探し回った結果、パク・グは研究開発室で監禁され、様々な実験をされていた。
サンウォンの取材した魚人間の報道は、瞬く間に世間を混乱の渦へと落とした。
結果、サンウォンは試験に合格して入局を許され、正体を隠したまま取材を続ける事になる。

フィッシュマンの涙のあらすじ【承】

ピョン博士は体内で増殖を続けるタンパク質を開発。サンミ製薬と提携した後、その製品化を進める為に臨床試験を行っていた。実験が成功すれば、3日間は何も食べずに過ごす事が出来て、しかも寿命も延びるという画期的なものだった。

時間が経つにつれ、パク・グは注目を浴びるようになる。サンミ製薬は避難の対象となり、彼は危機に陥った若者の象徴となった。魚人間のパク・グは世間から愛されるようになり
そして、とうとう訴訟を起こすまでになる。パク・グの弁護士は人権擁護を声高に叫ぶ人物だった。

パク・グと彼の父親、ジンとサンウォンは弁護士事務所にいた。弁護士は今後の方針として、パク・グに笑えと指示するも、魚が笑顔を作れるはずもなく。パク・グはひたすら水を飲む。パク・グの父親とジンは補償金について口論となる。どうも、この2人は相性が悪いらしい。

パク・グの体はだんだん魚化していった。進行を止められる者は誰もおらず、積極的に治療しようと言う者もいなかった。何人もの医者が彼を診察したが、医学界は治療不可能を宣言。他の分野の専門家でも匙を投げる始末。

パク・グ一行は藁にもすがる思いで、新興宗教一団の元へ向かう。悪魔祓いと称してパク・グを殴り始める教祖。我慢ならなくなった父親が殴り返してしまい、その場は乱闘となる。帰り道、ジンと父親の口論が再び勃発。父親とジンで意見が割れ、2人に詰め寄られたパク・グは父親を選んだ。

フィッシュマンの涙のあらすじ【転】

各国が博士の実験を称賛した事により事態は一変する。そして、形勢を覆す強力な一発が放たれる。パク・グのセクハラが暴露されたのだ。試験中、看護師に対して自慰行為を行ったとの事だが、証拠としては2枚の写真だけで真相は怪しいものだ。

更に、大企業がサンミ製薬を買収し、博士に多額の実験費を投資するという事態へ。父親と弁護士が騒ぐ中、サンウォンだけがパク・グの本音を聞く。パク・グはセクハラなどしていなかった。

大勢の記者と中小誹謗に晒され、何をしたわけでもない、ただ被害に遭っただけのパク・グは追い詰められていく。支援の輪が広がれば、反対勢力も増大。過激なデモを武力で鎮圧する事態にまで陥る。こうして、相反する2つの勢力が誕生し衝突を繰り返した。

ある日、パク・グは忽然と姿を消す。サンウォンは上司の制止を振り切って、取材を続けていた。サンウォンはいなくなった彼について疑問を抱く。無口なパク・グは何を思い、どこへ行ったのか。

サンウォンは取材のデータと資料を持って、局へ向かっていた。しかし、そこで別の取材陣に詰め寄られ、資料とデータを奪われてしまう。
肩を落として帰宅したサンウォンだったが、誰かが自宅へ侵入した痕跡を見つける。風呂場にはなんと、パク・グがいた。彼には行く宛てが無く、行く場所もない。

フィッシュマンの涙のあらすじ【結】

パク・グと互いの夢を語り合った後、サンウォンは真の報道人となる為に立ち上がる。そうして、弁護士と博士側が交渉している場を目撃。
その後、自宅へ帰ると、パク・グが首を括り自殺しようとしていた。だが、ロープは首ではなく鰓にひっかかっていた為、命に別状は無かった。
病院に駆け付けた弁護士は、自分達に勝ち目がない事を告げる。父親は息子が人間らしく暮らせるだけの補償金をと言うが、サンウォンは納得出来なかった。

そんなある日、サンウォンは会社のテレビでパク・グがサンミ製薬へ向かった事を知る。現状のままでは命に危険が及ぶとの事で、協力するという話だった。サンウォンが見たパク・グの姿は、それが最後だった。

パク・グはありとあらゆる実験を繰り返されていた。苦痛と危険を伴う実験に晒され、非人道的な事を行われる。博士は彼も人間だと、丁重に扱うよう部下達に厳命。パク・グの犠牲により新薬が誕生したが、博士の夢は叶わなかった。
その新薬は高額で、富裕層にしか購入出来ない。博士は大企業の会長に異議を唱えるも、取り合ってもらえず。パク・グはその後すぐ、この世を去った。

サンウォンは葬式で初めて、彼の本当の姿を目にした。
パク・グの遺灰は海へ撒かれた。そこには、サンウォンとジンも一緒にいた。

その後、弁護士の発言により事態は新局面へ。パク・グを人間に戻せる技術があったにも関わらず、それをしなかったとして博士は殺人ほう助罪で7年の実刑判決を受ける。弁護士は議員になった。パク・グの父親は若返ったように奉仕活動へ参加し、ジンは公務員になった。そして、サンウォンは正社員となったが、まだ真の記者ではない。

ジンから貰った写真を持って、サンウォンは博士と面会。写真には遺灰を撒いた時の景色が映っていたが、右下にはパク・グと思われる左手が映り込んでいた。パク・グは人間に戻れる事を知っていた。だが、彼は魚人間のままでいると言ったらしい。だから、博士はパク・グを死んだ事にして、海へと逃がしたのだった。
パク・グは万が一、サンウォンが訪ねて来たら、事の真相を全て明かして欲しいと博士に頼んでいたようだ。真の記者ならば、真実を知りたがるはずだからと。

泣きながら会社へ戻ったサンウォンに、再び現れたジンが1本の画像テープを渡す。画像の中にはパク・グと思われる姿が映されていた。サンウォンはカメラを手に、会社を飛び出した。

Amazon 映画『フィッシュマンの涙』の商品を見てみる