映画『フラッシュダンス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フラッシュダンス」のネタバレあらすじ結末

フラッシュダンスの概要:昼は溶接工、夜はダンサーとして働きながら、夢に向かって進んでいく少女の成長を描いた青春映画。今作では当時まだ珍しかったミュージックビデオ的な手法がふんだんに用いられ、後世の映画音楽の使い方に大きな影響を与えた。

フラッシュダンスの作品情報

フラッシュダンス

製作年:1983年
上映時間:95分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、ミュージカル
監督:エイドリアン・ライン
キャスト:ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、サニー・ジョンソン etc

フラッシュダンスの登場人物(キャスト)

アレックス・オーウェンズ(ジェニファー・ビールス)
昼は溶接工、夜はバーでダンサーとして働く18歳の少女。プロダンサーになるために、ダンサー養成学校への入学を目指している。
ニック・ハーレイ(マイケル・ヌーリー)
アレックスが溶接工として働く建設会社の社長。バーで踊るアレックスに一目惚れする。離婚歴あり。
ジェニー(サニー・ジョンソン)
アレックスの親友で、同じバーでウェイトレスをしている。プロのアイススケーター志望。
リッチー(カイル・T・ヘフナー)
アレックスの勤め先のバーのコック。ジェニーの恋人で、コメディアン志望の青年。
ハンナ・ロング(リリア・スカラ)
元バレエダンサーの老女。アレックスのダンスの師で、アレックスを心から応援している。
ジョニー・C(リー・ヴィンク)
ストリップクラブ経営者。ニックの古い知人。アレックスとジェニーを自分の店にスカウトしようとしている。
ケティ・ハーレイ(ベリンダ・バウアー)
ニックの元妻。ブロンドの美女。
マーゴ(ステイシー・ビックレン)
アレックスと同じバーで働く先輩ダンサー。

フラッシュダンスのネタバレあらすじ

映画『フラッシュダンス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フラッシュダンスのあらすじ【起】

昼は溶接工、夜はマウビー・バーのダンサーとして働くアレックスには、プロダンサーになるという夢がある。アレックスは元工場を改装した部屋で愛犬グラントと暮らしながら、日々ダンスの練習に励んでいる。

ある夜、アレックスの勤める建設会社社長のニックがマウビー・バーを訪れる。活き活きと踊るアレックスに心奪われたニックは、アレックスが自社の従業員だと聞かされ驚く。

翌日、ニックは建設現場でアレックスに声をかける。ニックはアレックスにアプローチをかけるが、上司とプライベートな関係になりたくないアレックスはニックと距離を置く。

アレックスは、入学願書を受け取るためにダンサー養成学校を訪れる。アレックス以外の志望者は全員正規のレッスンを受けており、ずっと自己流で踊ってきたアレックスは自信を無くす。自分は場違いだと痛感したアレックスは、養成学校から逃げるように走り去る。
アレックスは、ダンスの師であるハンナの家を訪れる。ハンナは、アレックスが早く養成学校のオーディションを受けるよう励ます。アレックスは、願書を取りに行ったものの逃げ帰ったことを打ち明けられない。

アレックスは、親友ジェニーやダンサー仲間達とともに日々トレーニングに励んでいる。ある日、アレックスとジェリーはストリップクラブ経営者のジョニーから勧誘される。二人は冗談交じりにジョニーの誘いを退ける。

ある夜、マウビー・バーを訪れたジョニーは、アレックスに迫るが手ひどく断られる。ジョニーは店の外でアレックスを待ち伏せ、腹いせに車に連れ込もうとする。アレックスの終業を待っていたニックが、ジョニーを追い払う。

家まで送ろうというニックの申し出を断り、アレックスは自転車で帰路につく。自転車の後ろをニックの車がゆっくりとついていく。アレックスは、自宅まで追ってきたニックに好意を持ち始める。二人は翌日のデートの約束をする。

フラッシュダンスのあらすじ【承】

翌日、アレックスとニックは、ジェニーを応援するためにアイスショー出演者選考会へ足を運ぶ。ジェニーの恋人リッチーや両親も声援を送るが、ジェニーは二回転倒し、不合格となる。ジェニーは意気消沈する。

選考会の後、アレックスはニックを自宅に招待する。音楽やダンスに対して自由な感覚を持っているアレックスに、ニックは強く惹かれる。アレックスとニックは一夜を共にする。

ある夜、ハンナはアレックスをバレエ鑑賞に誘う。終演後、アレックスはブロンドの女性をエスコートするニックを見かける。ニックが浮気をしていると早とちりしたアレックスは、ニックの家に石を投げて窓を割る。

帰宅したアレックスのもとへ、リッチーがやってくる。コメディアン志望のリッチーは、夢を実現するために単身ロサンゼルスへ行くという。アレックスとリッチーは、友情に満ちた抱擁する。

翌朝の建設現場で、ニックはアレックスに不機嫌の理由を尋ねる。アレックスはニックが浮気をしたと責め立てる。ニックは、一緒にいた女性は元妻で、慈善事業のために仕方なく付き合っただけだと説明する。二人は仲直りする。

フラッシュダンスのあらすじ【転】

ニックの励ましもあり、アレックスは養成学校の願書を手に入れる。ニックは知り合いの文化委員に連絡し、アレックスが書類選考に合格するようコネを使って手回しをする。

ハロウィンの日、挫折したリッチーがマウビー・バーへ帰ってくる。リッチーと別れた後、ジェニーはジョニーと付き合い始めた。ジェニーはリッチーを突き放す。

数日後、アレックスは書類選考の合格通知を受け取る。アレックスの朗報を聞いたハンナは、次のオーディションも自信を持って挑むよう、アレックスを激励する。ニックは、合格祝いにアレックスを高級レストランでの食事に誘う。

ニックが前日からレストランを予約していたことを知ったアレックスは、書類選考合格はニックの手回しによるものだったと気付く。アレックスは激怒し、ニックを怒鳴りつける。意地になったアレックスは、オーディションは受けないと言い放つ。翌朝、アレックスは無断欠勤する。

自暴自棄になったジェリーは、ウェイトレスを辞めてジョニーの店でトップレスダンスをしている。アレックスはジョニーの店に押しかけ、無理やりジェリーを連れて帰る。

雨の中、ニックがアレックスの帰宅を待っている。ジェリーのこともあり気持ちが荒んでいるアレックスは、ニックに八つ当たりをする。口論の最中に電話が鳴るが、アレックスは出ない。

ニックは、アレックスはオーディションを受けることが怖くて逃げていると指摘する。ニックに負け犬呼ばわりされ、アレックスは自己嫌悪に陥る。

フラッシュダンスのあらすじ【結】

翌日、アレックスはハンナの家を訪れる。アレックスは、ハンナの家にいた女性から、ハンナは前日に急病で息を引き取っていたことを知らされる。昨夜かかってきた電話は、ハンナの急死を告げるものだった。

失望し無気力になったアレックスは、ダンスをやめようと考える。アレックスはマウビー・バーを去ろうと、私物を取りに控え室へ立ち寄る。アレックスの沈んだ様子を見て、先輩ダンサーのマーゴは自分の過去を話す。マーゴの話を聞いて、アレックスはダンスへの情熱を取り戻す。

アレックスは、養成学校のオーディションを受ける。アレックスは緊張し、実力が発揮できない。迷いを振り切ったアレックスは、二回目のテストに挑む。アレックスは街で黒人たちが踊っていたブレイクダンスを取り入れ、独創的なダンスを披露する。アレックスののびやかで斬新な踊りに、審査員たちは感激する。

合格したアレックスが興奮しながら外へ飛び出してくる。通りでは、大きな花束を持ったニックがグラントを連れてアレックスを待っている。アレックスはニックの腕の中に飛び込む。

この記事をシェアする