「禁断の惑星エグザビア」のネタバレあらすじ結末

禁断の惑星エグザビアの概要:遺伝子研究施設で暴走した検体を退治するため、マイクという男が惑星エグザビアに降り立つ。急成長を遂げて怪物と化した検体は、次々に研究員達を殺していく。不死身の怪物を、マイクはどのようにして倒すのか。

禁断の惑星エグザビアの作品概要

禁断の惑星エグザビア

製作年:1982年
上映時間:77分
ジャンル:SF、アクション
監督:アラン・ホルツマン
キャスト:ジェシー・ヴィント、ジューン・チャドウィック、ドーン・ダンラップ、フォックス・ハリス etc

禁断の惑星エグザビアの登場人物(キャスト)

マイク(ジェシー・ヴィント)
修理工で、宇宙パトロールをする男。宇宙防衛軍からの命令で、惑星エグザビアへと向かう。そこで、検体20という怪物の始末を依頼される。最後まで勇敢に戦う。女好き。
トレイシー(ドーン・ダンラップ)
惑星エグザビアにある遺伝子研究施設の所員。死んだ同僚のジミーとは恋人関係にあった。マイクに誘われ、体を許そうとする。マイクと共に、最後まで生き残る。美しい容姿と体を持った女。
カル(フォックス・ハリス)
惑星エグザビアにある遺伝子研究施設で、細胞研究のチーフをしている男。研究の末、自らの癌細胞が検体20の弱点だということを発見する。マイクに頼み、命と引き換えに肝臓を取り除いてもらう。責任感の強い男。
バーバラ(ジューン・チャドウィック)
ゴードンの助手で、遺伝子工学の権威。検体20に知性があることを知り、共存しようと交渉をする。しかし、検体20に殺されてしまう。女としての魅力に溢れ、マイクを誘って関係を持つ。
ジミー(マイケル・ボーウェン)
トレイシーの恋人。検体20の繭が隔離された箱を開けてしまい、殺されてしまう。お調子者。
ゴードン(リンデン・チャイルズ)
惑星エグザビアにある遺伝子研究施設の所長。検体20を貴重な研究材料だと考え、殺すことに反論する。自分勝手な性格の男。

禁断の惑星エグザビアのネタバレあらすじ

映画『禁断の惑星エグザビア』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

禁断の惑星エグザビアのあらすじ【起】

宇宙船に乗ったサム14というロボットが、緊急事態発生の知らせを受ける。ベートーベンの曲を流しながら、サム14は同じ宇宙船で寝ているマイク・コルビーを起こしに向かう。

起きたマイクは、サム14に近況を聞く。サム14によると、現在はベータ・ゾーンという場所にいて、食料強盗団が接近しているらしい。

食料強盗団からの攻撃を受けるマイクの宇宙船。マイクは宇宙船の運転席に着くと、鮮やかな手さばきで強盗団からの攻撃をかわす。途中電源が切れたり、バリアエネルギーを失ったりするも、マイクはなんとか強盗団を退治する。

マイクは、宇宙連邦軍から任務を依頼される。それは、遺伝子研究施設の検体暴走事件の後片付けをするために、惑星エグザビアへと向かうという任務だった。

惑星エグザビアに無事着陸し、研究施設に着いたマイク。研究所の所長であるゴードンと、助手で遺伝子工学の専門家であるバーバラがマイクを出迎える。二人は早速マイクを事件現場へと案内する。

禁断の惑星エグザビアのあらすじ【承】

マイクが案内されたのは、生物学的有害物質実験室という部屋だった。部屋の中には、兎達の無残な死体が散乱している。そこへ、細胞研究のチーフである、カルが姿を現す。カルはマイクに、検体20という実験体が暴れまわったのだと説明する。

すぐに殺そうと提案するマイクだが、ゴードン達はそれを受け入れようとしない。彼らにとって検体20は、貴重な研究材料なのだ。

兎達の死体の処理をしていたジミーが、検体20の繭が隔離されている箱を開けてしまう。孵化した検体20は、ジミーに襲いかかる。

マイクは、ゴードン達から検体20についての話を聞く。食糧問題を解決すべく、プロトBという遺伝子を細胞に移植して検体20を培養していたところ、この検体20が巨大化して暴走してしまったのだ。

緊急警報が鳴り、生物学的有害物質実験室へと向かうマイク達。そこには、脳みそを食べられてしまったジミーの死体があった。さらに検体20が、どこかへ逃げ出してしまう。運ばれた部屋に放置されたジミーの体の中で、検体20が動き出す。

禁断の惑星エグザビアのあらすじ【転】

研究所の所員で、ジミーの恋人だったトレイシーは彼の死にショックを受ける。その頃、バーバラがマイクを誘う。マイクはバーバラの部屋に向かい、二人はベッドの上で抱き合う。

通気ダクトに異常発生という警告がモニターに表示される。それを見た所員の一人が、確認に向かう。そして、検体20に襲われてしまう。

サウナ室で休んでいたトレイシーの前に、マイクが姿を現す。裸だったトレイシーを見て、マイクは彼女を誘う。二人が体を寄せ合った瞬間。検体20が姿を見せる。

どうにかサウナから逃げ出した二人。マイクと所員達は、それぞれの担当に分かれて検体20の退治に向かう。

ジミーの遺体を使って研究を続けるカル。ジミーの遺体は検体20に襲われた後ですべての細胞が区別なく同じ細胞になり、分裂と増殖を繰り返していた。

検体20は、退治に向かったゴードンを飲み込んだ後、通気孔へと侵入する。検体20には知能があると言いだすカル。検体20は、人間の中にプロトBを移植して単純細胞に変化させ、永久的に増殖を繰り返させようとしているのだと彼は説明する。人間を食糧だと考えている検体20は、これによって永久的に食糧を得ることができるのだ。

禁断の惑星エグザビアのあらすじ【結】

カルは、検体20を作るためにプロトBを人間の細胞に移植したのだとマイクに話しだす。それにより、一人の所員が命を落としたのだ。

バーバラがトレイシーを誘い、検体20のもとに向かう。知性のある検体20に対して、交渉しようとバーバラが提案したのだ。

バーバラは、パソコンを使って検体20と会話することに成功する。お互いに共存し合おうと伝えたバーバラだが、検体20は彼女を襲う。

逃げ出したトレイシーが、マイク達にバーバラの死を伝える。その頃カルは、検体20の退治の方法を発見したと言う。カルの作戦は、末期癌である自分の肝臓を検体20に食べさせるという作戦だった。

マイクは、カルの指示に従ってカルの腹部を開口する。そして、中から肝臓を取り出す。そして、カルは息を引き取る。

そこへ検体20が姿を現す。激闘の末、マイクはカルの肝臓を検体20の口の中に放り込むことに成功する。検体20は怯み、身体中から液体を放出させる。マイクは、検体20の退治に成功するのだった。

Amazon 映画『禁断の惑星エグザビア』の商品を見てみる