映画『フォー・ウェディング』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フォー・ウェディング」のネタバレあらすじ結末

フォー・ウェディングの概要:女性との付き合いは途切れないが、結婚に消極的な主人公。彼は友人の結婚式に参列した際、運命の女性と出会う。だが、彼女とはいつもタイミングが合わず、すれ違ってばかり。結婚をテーマに、主人公が探す真実の愛を描いたラブストーリー。

フォー・ウェディングの作品情報

フォー・ウェディング

製作年:1994年
上映時間:118分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:マイク・ニューウェル
キャスト:ヒュー・グラント、アンディ・マクダウェル、クリスティン・スコット・トーマス、サイモン・キャロウ etc

フォー・ウェディングの登場人物(キャスト)

チャールズ(ヒュー・グラント)
人当たりが良いため、交友関係が広く数々の女性とも、浮世を流している。英国在住で独身。真実の愛を探しており、キャリーに運命を感じる。
キャリー(アンディ・マクダウェル)
アメリカ人女性で洗練された美人。アバズレと呼ばれるほどの男性遍歴を持つ。チャールズに惹かれているが、タイミングが合わずにすれ違っている。
フィオナ(クリスティン・スコット・トーマス)
英国で7番目にお金持ちの家柄で、チャールズに片思いをしている。黒髪の大人の女性。チャールズの結婚を機に、新しい恋をしようと決心する。
ギャレス(サイモン・キャロウ)
恰幅が良く、壮年の男性。チャールズの友人で、マシューとはパートナー。豪快で明るい性格。同性愛者。
マシュー(ジョン・ハナー)
ギャレスのパートナーで、チャールズの友人。同性愛者だが、優しく気の良い男性。

フォー・ウェディングのネタバレあらすじ

映画『フォー・ウェディング』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フォー・ウェディングのあらすじ【起】

寝坊したせいで、友人の結婚式に遅れて参加したチャールズ。今日は新郎付き添いのため、時間通りに来なければいけなかった。どうにか式の直前に間に合うも、交換用の指輪を持って来るのを忘れてしまう。友人達の助けもあり、無事に式を済ませることができた。

同じ結婚式に、洗練された美しい女性が参列しているのを見かけたチャールズ。彼女も遅れて来た口だが、どうにも気になる。女性の名前はキャリーと言った。
和やかで楽しい披露宴の後、友人宅への宿泊を断り、キャリーが待つパブへやって来たチャールズ。

披露宴では何かと話す機会が無かったため、彼女の部屋でゆっくりと会話をする。どうやら互いに惹かれていたようで、幸せの余韻が残る中、羽目を外して身を重ねてしまう。

翌朝、キャリーはアメリカへ帰国する準備をしていた。彼女は帰国してチャールズとの婚約発表をすると言う。それを聞いた彼は驚いて、キャリーが言うことを冗談だと笑ってしまう。
すると、彼女は笑顔を見せチャールズに別れを告げると、帰って行った。

フォー・ウェディングのあらすじ【承】

それからしばらく後、またも友人の結婚式に招待されたチャールズ。前回と同じように寝坊してしまったが、ぎりぎりで間に合う。今回の司祭は、結婚式を取り仕切るのが初めてだった。誓いの儀式からすでに、にこやかである。

式が終わり披露宴までの待ち時間。キャリーと再会したチャールズだったが、彼女は婚約者と来ていた。紹介されて、急に落ち込んでしまうチャールズ。

結婚式は祝いの場だが、出会いの場でもある。新郎新婦の友人達が出会って恋に落ちれば、結婚式が芋蔓式に続くという構図。披露宴でチャールズが座った席は、彼がデートしたことのある女性が集められた席だった。

結婚せずに浮世を流すチャールズは、肩身の狭い思いをして早々に退散。ホテルの部屋で披露宴が終わるのを待っていると、盛り上がった新郎新婦が部屋へ戻って来てしまい、事を始めてしまう。一先ずはシャワールームへ避難したが、それからしばらく経っても終わらない。

転寝しつつ、終わる頃を待ち部屋を辞したところで、キャリーに声を掛けられる。婚約者は忙しい人物のようで、式終了直後に仕事へ行ってしまったと言う。彼女に誘われるまま、チャールズはまたも彼女と体を重ねてしまうのだった。

フォー・ウェディングのあらすじ【転】

それから1カ月後、またも結婚式の招待状が届いた。中を見て驚いたチャールズ。花嫁があのキャリーだったのだ。
贈り物リストも入っていたため、受付へ下見に向かったチャールズ。手頃の値段の贈り物が見つからない。出直そうと踵を返した時、たまたま居合わせたキャリーに声を掛けられた。

キャリーはチャールズに、ウェディングドレスを選んで欲しいと言う。しばし付き合って、その後はカフェへ。互いに付き合った人数の話をした。彼女の男性遍歴は、驚くべき人数だった。

弟と待ち合わせしていたチャールズは、時間を過ぎていることに気付き、キャリーと共に向かった。弟はろうあ者だが、気の良い男である。キャリーを紹介し、そこで別れた。
だが、どうしても彼女を諦めきれないチャールズ。キャリーを追いかけて、生まれて初めての告白をする。しかし、結婚を目前にした彼女は、彼の気持ちを受け止めるも相手にしてはくれなかった。

キャリーの式に遅れて参加したチャールズは、誓いの言葉を耳にして完全に諦める決心をする。披露宴では幸せそうなキャリーを見つめ続けた。
そんな彼の傍にフィオナがやって来る。彼女との会話で、フィオナの思い人が自分だと知ったチャールズ。だが、彼はフィオナに応えることができない。長く友人関係を続けて来たフィオナもそれを知っているため、無理をして付き合おうとは考えていないようだった。

新郎新婦のスピーチが始まった。新婦のスピーチが終わり、新郎のスピーチに入る。だがその時、チャールズの背後にいたギャレスが突如、昏倒。彼はそのまま、息を引き取ってしまう。

結婚式の後、すぐに葬式へ参列。ギャレスとパートナーだったマシューが、葬儀のスピーチを行った。豪快で陽気だったギャレス。マシューとは夫婦同然の関係だった。そんな愛の育み方もあるのだと思い知ったチャールズ。真実の愛とは、どういうものなのかが分からなくなる。

フォー・ウェディングのあらすじ【結】

思い悩んだ末、結婚を断っていた女性とやり直すことにしたチャールズ。彼女と結婚することを決意した。

10カ月後、チャールズ本人の結婚式当日。さすがに自分の結婚式に遅れるわけにはいかない。友人達の策略によって、チャールズはちゃんと時間通りに来ることができた。

参列者を労うチャールズの前に、キャリーが1人で姿を現す。話を聞くとどうやら、数カ月前に離婚してしまったらしい。互いに惹かれているはずなのに、全くタイミングが合わないチャールズとキャリー。

初めて愛した女性が独身になったと聞いたチャールズは、激しく動揺した。ここにきて、結婚を取りやめるべきか、否かで思い悩むチャールズ。心配して駆け付けたマシューと弟に相談するも、今更何を言うのかと責められる。時間は刻々と迫り、とうとうその時がやってきた。

チャールズは祭壇に立っても尚、悩み続ける。花嫁が入場し、隣に並ぶ。祭司の説教を聞いていると、弟が結婚に異議を申し立てた。彼は兄が本当に愛している人と結婚するべきだと力説。すると、チャールズはそれを聞いた花嫁に、グーパンチで殴られてしまう。当然、結婚式は即座に中止となった。

その後、皆で帰宅。落ち込むチャールズを、友人達は責めたり慰めたりと忙しい。
外は雨が降っていた。自宅へキャリーが訪ねて来る。自分のせいで結婚がダメになったと、後悔しているようだった。だが、チャールズは本心を彼女に告げる。

雨に濡れながら、愛の告白をしたチャールズ。彼はキャリーに、ずっと傍にいてくれるかを問う。すると彼女は微笑みながら、チャールズの問いに誓うと答える。
そうして2人は、ずぶ濡れになりながらも、熱い口付けを交わすのだった。

この記事をシェアする