映画『フランス組曲』あらすじネタバレ結末と感想

フランス組曲の概要:フランス人女性とドイツ軍中尉の禁断の恋。原作はアウシュビッツで死亡したイレーヌ・ネミロフスキー。出演はミシェル・ウィリアムズ、マティアス・スーナールツ。ソウル・ディブ監督の2014年英国・仏・ベルギー映画。

フランス組曲 あらすじネタバレ

フランス組曲
映画『フランス組曲』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

フランス組曲 あらすじ【起・承】

1940年6月、フランス中部の町ブュシー。リュシル・アンジェリエ(ミシェル・ウィリアムズ)は、ピアノを弾くことが唯一の心の慰めだった。夫ガストンは、戦場へ赴いたまま、まだ帰ってきていない。

義母であるアンジェリエ夫人(クリスティン・スコット・トーマス)と暮らしていたが、義母と共に小作人宅へ行き、小作料を徴収するのが仕事だった。

ある日、小作料徴収の帰りに逃げ惑う人々と出会った。無残にも逃げ惑う人々の頭上に戦闘機が飛んでくるのだ。戦争状態にあることをようやく、義母も悟ったようだ。

やがて、町には戦車とドイツ兵があふれ、駐屯する将校たちに宿を提供することが求められた。リュシルの家も例外ではなく、ブルーノ・フォン・ファルク中尉(マティアス・スーナールーツ)に宿を貸すことになった。

彼は、予想に反して礼儀正しい男で、戦禍で拾ったという犬も一緒だった。また毎晩、ピアノで同じ曲を弾くのだった。

音楽が好きということもあり、次第にリュシルはブルーノと心を通わせてゆく。ブルーノ中尉は、リュシルに兵隊として招聘される前は作曲家だったと話した。結婚して4年目だとも。
しかし、リュシルは、義母の監視がうるさく、少し彼と話をしただけでも怒られてしまう。

義母はとてもケチだった。町で見かけた小作人の娘に、“私達を追い出し、避難者を住まわせ、2倍以上の家賃を取っているのよ!”とリュシルは恨まれてしまう。

リュシルは、マドレーヌ(ルース・ウィルソン)の家を訪ねた。貧しい農家なため、ドイツ人兵士が来ないだろうと思っていたが、ワルト・ボネ中尉(トム・シリング)が突然、宿泊させてくれとやってくるのだった。

フランス組曲 あらすじ【転・結】

マドレーヌは、足の悪い夫ブノワ(サム・ライリー)と子供3人で暮らしていた。
ところが、ワルト・ボネ中尉がマドレーヌを隙あればものにしょうと企む。ブノワはそんな中尉に対抗するため、銃を備えるのだった。

ある日、ドイツ兵たちが水浴びをするのを目撃したブニワは、銃を手にし、ワルト・ボネ中尉を狙った。撃つことはなかったが、リュシルを通じて、ブルーノ中尉と話した。
“家にいるドイツ兵に妻が狙われているんです!妻に近づくな!と言って欲しい”と。

ブルーノ中尉のもとには、周囲の人間関係について密告する“手紙”が、たくさん送られてきていた。リュシルが、ブルーノ中尉が毎晩弾く楽譜を探していた時、机に広げていたため、彼は手紙を読まれたと誤解してしまう。

ある日、リュシルは森の中で、ドイツ兵と抱き合う小作人の娘を見た。彼女は、リュシルに向けて、“私の家を奪ったのはあなたよ!ご主人の浮気を知らないのはあなただけよ!”と言い放つ。リュシルは、その言葉にショックを受け、ブルーノ中尉に寄せられた“密告の手紙”を読んでしまう。

夫ガストンが結婚前から浮気を繰り返していたことを知ったリュシルは、“シモーヌという孫までいるのね!”と怒りをあらわにした。

落ち込むリュシルの心をブルーノ中尉のピアノが優しく慰めてくれた。
リュシルは、胸の内をブルーノ中尉に明かした。“私は死んでいたのも同じだわ”と。
その後、義母に頼まれ、屋敷にある大切な品物を取り戻すためにブルーノ中尉と共に動いた。

“私が心を通わせることが出来るのはあなただけ・・。”
2人はキスを交わし、親密になるが、義母に見つかりそうになってしまう。そこで、義母が出かける木曜日の夜、会おうと約束するのだった。

だが、木曜日の夜に2人で会うことは出来なかった。ブノワが、民家の鶏を盗んだことで、モンモール子爵(ランベール・ウィルソン)の妻が訴えたのだ。
ブノワに逮捕状が出され、ドイツ兵による大規模な捜索が行われた。

“ブノワをかくまう者は、48時間以内に報告せよ!さもなければ殺す!”とドイツ軍からの指令が下ったのだ。リュシルは、自分の家にブノワをかくまった。
義母にその事を打ち明けると、息子のように思えてならないからと彼女は協力したのだった。

ブルーノ中尉は兵隊を連れて、アンジェリエ夫人の屋敷を探した。タオルなどをしまっているクローゼットの地下にブノワをかくまっていたが、幸い見つかることはなかった。
しかし、ブノワの煙草の残り香が残っていたようだ。

48時間後、ブノワの行方は分からなかった。そのため、見せしめにモンモール子爵が銃殺刑に処されてしまう。

一方、ブノワはパリに行くとリュシルたちに告げた。リュシルは、ブノワを助けるため、自分がパリまで運転すると決めた。そして、ブノワの妻マドレーヌに彼が無事であることを伝えた。

リュシルは、ブルーノ中尉にパリまでの通行証の発行を頼んだ。部下の報告により、リュシルの家で煙草の匂いがしたと言う。ブルーノが吸った煙草と成分が違っていると分かったらしい。リュシルの事を疑うが、ブルーノはその件を伏せていた。
“私達はきっとまた出会う・・生まれ変わってあなたが僕を覚えていなくても”と。

アンジェリエ夫人の屋敷には、ブルーノが作曲した「フランス組曲」が残されていた。
ブノワと共に車でパリに向かう、リュシルは、国境で検問を受けた。パリまでの通行証を兵士に見せると兵士の様子が変わった。

車を調べると兵士は言い、車のトランクを開けるはめになってしまう。
ブノワは、兵士に発砲して死なせた。その後、ブルーノ中尉が現れた。
何も言わないで、ブルーノ中尉はリュシルを助け、2人を逃がしたのだった。

リュシルとブノワは無事にパリで着いた。その4年後、ドイツ軍から解放された。
リュシルは、戦後になって、ブルーノ中尉が亡くなったことを知った。

この物語は、1942年にアウシュビッツ強制収容所で亡くなった女流作家イレーヌ・ネミロフスキーの小説を映画化したものです。彼女の死後、愛用のトランクに入っている小説の原稿を娘が見つけ、出版したのだった。

フランス組曲 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:107分
  • ジャンル:戦争、ラブストーリー
  • 監督:ソウル・ディブ
  • キャスト:ミシェル・ウィリアムズ、クリスティン・スコット・トーマス、マティアス・スーナールツ、サム・ライリー etc

フランス組曲 批評・レビュー

映画『フランス組曲』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

ハーレクイン的展開を匂わせつつ、絶妙なバランスでナチス・ドイツ占領下の禁断の愛を描いた話題作!

“ナチス”率いるドイツ軍の支配に置かれたフランスの町ピュシーでひっそりと咲いた愛の華。「フランス組曲」をブルーノ中尉がピアノで奏でるシーンがとても印象的です!

私は、ナチス・ドイツを描いた作品を毎年、2作以上は必ず観ようと決めていますが、数ある作品の中で本作と、「あの日のように抱きしめて」(14)が特におすすめです。

アウシュビッツ強制収容所で、39歳という若さで散った女流作家イレーヌ・ネミロフスキーの未完の小説が基になっています。小説というフィクションでありながら、ナチス・ドイツの占領下であるフランスの暮らしがリアルに甦ります。

登場人物の感情を抑えた演技をしていて良かったのですが、フランスの片田舎町を舞台にしているのに台詞が英語だと違和感があります。

なぜ、フランス語で演じなかったのでしょうか?できれば、フランス語で情感たっぷりな演技を観たかったと思います。

また、占領下に置かれると人は思わぬことで命を落としてしまいます。主人公リュシルが、懸命に町民ブノワを助けようとしますが、そのおかげで、子爵が銃殺刑に処されてしまうのは残酷です。戦争の痛みを民衆の視点から描いている点に注目です。

しかし、なぜ危険な思いまでして、ブノワを助けたのだろうか?ドイツ軍に対する、“抵抗”という意味合いもあるのだろうと思う。ハーレクイン的恋愛小説だが、ナチス・ドイツ占領下の日常が鮮やかに描かれていて、戦争という無情さを充分に味わえます。

マティアス・スーナールツの魅力

ベルギー出身で、ロシア大統領プーチン氏によく似ていると評判の俳優、マティアス・スーナールツ。

まだ出演作は少ないのですが、長身で整った顔立ちが目立ちます。ジャック・オーディアール監督の「君と歩く世界」(12)でマリオン・コティアールとの親和性と存在感を魅せつけた彼。

リリーのすべて」(15)のリリーの初恋の相手ハンス役や本作の音楽を愛する繊細な中尉役でも、悪くいえば女性の引き立て役、良くいえばイケメン的オーラがあふれています。

もし、彼が自分の演技をどう魅せたいかと追求してゆくなら、女優の引き立て役ではない役柄を求めるべきかもしれません。今後の彼に期待をしたい。

フランス組曲 感想まとめ

アウシュビッツ強制収容所の悲劇は永遠に終わらない。しかし、私達は語り続ける勇気があるのだと思う。

「フランス組曲」は39歳で亡くなった、女流作家イレーヌ・ネミロフスキーの遺作として発表された。本作は、未完の遺作を基に映画化されたのだが、懸命に生きる人々の生活の中にこそ、愛や人を喪う痛みがあるのだと思う。

ミシェル・ウィリアムズ演じる、主人公リュシルの厳格な義母との暮らしが、ドイツ人中尉ブルーノとの出会いで外の世界へ開いてゆく過程が素晴らしい。

リュシルとブルーノは、“音楽”という共通の言語で語り合うことができた。
さぁ、私達は“平和”のために何が出来るだろうか。

Amazon 映画『フランス組曲』の商品を見てみる

コメント

  1. 柴山登美子 より:

    心に残る作品、もし完成していたならどにようになっていたのか、と思ったりします。多くの人に見て欲しいです。