映画『フランシスコの2人の息子』あらすじとネタバレ感想

フランシスコの2人の息子の概要:2005年に公開されたブラジル映画。ブラジル・カントリーミュージックのトップ歌手ゼゼ&ルシアーノの半生を事実に基づいて映画化した作品である。ブラジル映画で成功を収めた珍しい映画。

フランシスコの2人の息子 あらすじ

フランシスコの2人の息子
映画『フランシスコの2人の息子』のあらすじを紹介します。

舞台はブラジルのシチリオ・ノーヴォ村。
ここにフランシスコと妻、7人の子供たちは暮らしていた。
小作農として生計をたて、豊かではないが家族仲良く明るい生活を送っていた一家には音楽という楽しみがあった。

息子をミュージシャンにしたいという夢を持つフランシスコは、なけなしの金で長男ミロズマルにはアコーディオン、次男のエミヴァルにはギターを与えた。
2人は独学で学びはじめデュオとして村の中で腕を磨いていくが、ついに一家は持ち金が底をつき村を出て行かなくてはいけなくなってしまった。

新しい生活をせまく雨漏りのするバラ屋で始めた一家。
フランシスコが働くも家計を支えるのは非常に厳しく、ミロズマルとエミヴァルは楽器を持ってバスターミナルで路上ライヴを始める。

日金を稼いでくるようになった2人。
声が良く、楽器も歌もうまい幼い兄弟はあっという間に人気者になった。
これがエージェントの目に止まり、2人はミュージシャンとしてツアーをすることになる。

しかしこの移動中車が事故を起こし、弟が死亡してしまう。
このことでフランシスコは音楽活動をやめさせることに。
しかし大人になっても諦めきれないミロズマルは再び音楽家を目指すことにした。
そこで相棒となったのが兄に憧れる末弟のウェルソン。
中々デビューが決まらないものの、ついにヒットをとばす。
そこにはフランシスコの強い家族への愛情があったのだった。

フランシスコの2人の息子 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2005年
  • 上映時間:124分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ブレノ・シウヴェイラ
  • キャスト:アンジェロ・アントニオ、ジラ・パエス、ダブリオ・モレイラ、マルコス・エンヒケ etc

フランシスコの2人の息子 ネタバレ批評

映画『フランシスコの2人の息子』について、感想批評です。※ネタバレあり

父・フランシスコの愛情たっぷりな姿は気持ちが良い

お金も地位も何もないのに夢だけはあるお気楽主義な父・フランシスコ。
自分の音楽の夢を息子2人に託し楽器を与え練習させるわけだが、この子供たちが本当に素直で良い子。
さらに音楽の才能があるから応援したくなる。
とにかくいつも全力で前向きで応援する姿にいつからか羨ましくもあり、呆れ半分でもありという気持ちで作品にのめり込んでしまう。
ラジオでリクエストが必要な時は小銭をかき集め公衆電話でかけまくったりと、こういう父親いるな~というほど微笑ましい。
ここでタイトルが「フランシスコの二人の息子」であることに納得するわけである。

子役が素晴らしい

このメインの2人を演じる子役たちは実はプロではない。
現地でオーディションをした歌の上手い素人をキャスティングしたのだそうだ。
それが吉とでたのだろう。
こなれた感じがしない分素直に鑑賞できたし、その透明感のある歌声が感動させる。
特にバスターミナルで初めて歌を歌うときの、段々慣れていく感じに心が動かされた。
最初はお金のやめだったのに、音楽が楽しいと思えた瞬間ではなかったか。
その表情や歌声の変わる瞬間が鑑賞側もグッと引き込まれるスイッチであった。

堅苦しくない自伝映画

ブラジルにいるカントリーデュオの本当の話である。
しかしカジュアルに仕上げられているので非常に見やすく、肩肘を張らずに見ることができるのが特徴。
自伝映画でありがちな中だるみのシーンも無く、悲劇的な運命に翻弄されながら乗り越えていく家族の心情がリアルに描かれている。

最後の歌のシーンでは本当の歌手のライブシーンを差し込んでいる。
このシーンのおかげで説得力が増し、映画の内容そのものが何故か身近に感じるのである。

フランシスコの2人の息子 感想まとめ

今まで数多くの歌手自伝映画というものを鑑賞してきたが、こんなに記憶に残る映画も珍しい。
特に題材としてあげられている歌手自体が日本では有名ではなく、興味もほとんど無い。
そんな中で歌も頭に残るし、映画も頭にしっかりと残っている。
話の内容は弟が事故死するという暗く悲しい出来事が含まれているのにも関わらず、後味は決して悪くなく、むしろ良い印象で終わるというのは演出の仕方が上手なのかもしれない。

この映画を見てブラジルのカントリーソングの興味を持った人も多いのではないだろうか。
ラテンなのにカントリー、それなのにどことなく懐かしい要素がある音楽なのである。
最後まで見終えた時、この単館公開映画を鑑賞できたことがラッキーであるとそんな風に思える映画である。

Amazon 映画『フランシスコの2人の息子』の商品を見てみる