映画『FRANK フランク』あらすじとネタバレ感想

FRANK フランクの概要:なんの才能もない音楽好きの僕の前に現れた被り物の青年。最高の音楽を作って僕を夢を叶えてくれるはずだった君のほろ苦く哀しい物語。

FRANK フランク あらすじ

FRANK フランク
映画『FRANK フランク』のあらすじを紹介します。

サラリーマン・ジョン(ドーナル・グリーソン)は、作曲が好きだが、お世辞にも才能があるとは言えない。
その証拠にキーボードに向かって曲作りに挑んでも、パっとしたインスピレーションが浮かばない日々を送っていた。

ある日、ジョンの町に一風変わったバンド『ソロンフォルブス』がやってくる。
彼らが地元ラジオに出演すると聞きつけ、ラジオ局の近くまで行くジョン。
が、彼らはラジオ番組に出演中、仲間内で大喧嘩を起してしまい、キーボード担当のルーカス(ジェーン・オブライアン)がブチきれて局の近くの川で入水騒動を起してしまった。

インタビューの後にライブを行なうはずだったのにと落ち込むバンドのマネージャー・ドン(スクート・マクネイリー)の姿を見るに見かねたジョンは、自分はキーボードが弾けるとアピール。
ジョンは、今までの音楽スタイルと全く違う、ノイズパンク系の『ソロンフォルブス』のキーボードとして即興でライブに出る事になった。

そこで彼は、万年ユルキャラマスクをしている、リーダーで、ヴォーカルのフランク(マイケル・ファスベンダー)に出逢い、彼の不思議な存在に魅了されていく。

FRANK フランク 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:95分
  • ジャンル:ファンタジー、ヒューマンドラマ、音楽
  • 監督:レニー・アブラハムソン
  • キャスト:ドーナル・グリーソン、マイケル・ファスベンダー、マギー・ギレンホール、スクート・マクネイリー etc

FRANK フランク ネタバレ批評

映画『FRANK フランク』について、感想批評です。※ネタバレあり

ジョンだけが暴走しメンバーが離れ離れに

ライブ終了後も、気を良くしたドンは、ジョンがリーマンであるにも関わらずあちこちのライブに参加する様に誘う。
しかしそれは俗に言われる『ライブ』というよりも、レコーディング合宿で、合宿に使うコテージの賃貸料も滞納しているというだらしなさだった。

しかもジョンは、ドンに気に入られているだけで、ドラムのナナ(カーラ・アザール)、ギターのバラク(フランソワ・シヴィル)、
局でルーカスとケンカしたクララ(マギー・ギレンホール)らには無視される始末。

ジョンは、こっそりとソロンフォルブスの曲をYoutubeの動画にアップする。
するとその再生回数は驚くべき数字になっている事に気づいたジョンは、このままソロンフォルブスの面々を片田舎に埋もれさせておくのは惜しいと思う様になる。

フランクの被り物が取れる時

ジョンは、テキサス州で開かれる音楽コンペ『サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)』にソロンフォルブスを出演させようとするが、メンバーには知らん顔をされてしまう。
バンドのメンバーがジョンの言い分に次々離反していき、フランクだけが残り、最後は2人でコンペの会場に向かう事になる。

フランクとジョンは、音楽祭に出るが、フランクはその場の勢いでハイになってしまい、会場で倒れてしまった挙句逃げ出してしまう。
被り物をしたフランクは目立つので、ツイッターを駆使してフランクの居所を掴み探したジョンは、ついに彼を見つけるが、フランクは車にはねられ、長年被ってきた被り物が取れてしまう。

被り物が取れたフランクは、泣きながら『I love you all』を歌う。

それに気づけないでいるジョンの暴走は、後からとんでもない結果を招く。

フランクの被り物が取れた時

過去のトラウマから、素顔を見せられずに居たフランク。それをあえてバンドの面々は取ろうともしなかった。

自己表現の方法として歌を選んだフランクを見守ってきたソロンフォルブスの面々。彼らは、フランクはこのままではダメになってしまうと判っていつつも何も出来なかった。
そこに荒療治として現れたのがジョンだった。それは彼らにとって複雑な思いだったという事が判る。

FRANK フランク 感想まとめ

音楽を題材とした映画は、数多くあるが、この映画が意味するのは、全ての人々が、その道のスペシャリストや超一流のプロを目差そうとしているのではないという事だ。

ジョンに見出されたフランクをはじめとするソロンフォルブスには、思わぬ才能があったかもしれない。
しかしソロンフォルブスの面々にとって音楽は、自分たちの過去に抱えていたトラウマを癒してくれる薬でもあり、音楽を作る源泉は穏やかな田舎町という環境にある。

それを無視して、才能があるからコンテストに出ようと、彼らを連れ出すジョンは、強引だし、この様な形で才能を平気で潰す人間はどの業界にも居る。
それでもなお『全てを愛している』と被り物を剥がれたフランクがラストで歌うシーンに、惹かれる観客がいる限り、この世の中は捨てたものではない。

Amazon 映画『FRANK フランク』の商品を見てみる