映画『害虫』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『害虫』のネタバレあらすじ結末

害虫の概要:家庭にも学校にも居場所を見つけられない少女の痛々しいまでの思春期の不安と葛藤を、美しい映像が静かに語る作品。主演の宮崎あおい、さらには蒼井優、田辺誠一など豪華出演陣が脇を固める。

害虫の作品概要

害虫

公開日:2002年
上映時間:92分
ジャンル:青春、ヒューマンドラマ
監督:塩田明彦
キャスト:宮崎あおい、田辺誠一、沢木哲、天宮良 etc

害虫の登場人物(キャスト)

北サチ子(宮崎あおい)
中学生。母の自殺未遂などが原因でどこにも居場所を見つけられないでいる。自由なタカオと出会って惹かれていく。小学校時代に、担任の緒方に恋をしていた。
緒方智(田辺誠一)
元教師。サチ子との仲を疑われて教師の職を失う。現在は秋田原子力発電所で働いており、サチ子とは文通をしている。
タカオ(沢木哲)
地元の不良少年。当たり屋などでお金を稼いでいる。サチ子とはいつも一緒にいる。地元のヤクザに目をつけられている。
山岡夏子(蒼井優)
サチ子の同級生。優等生で、サチ子のことを放って置けない。サチ子とは真逆の性格である。

害虫のネタバレあらすじ

映画『害虫』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

害虫のあらすじ【起】

中学一年生の北サチ子は、学校に行かずに川沿いを歩いたり図書館で時間を潰したりしている。図書館では、誰かと交わしている文通の返事を書いたりしている。

サチ子は母の稔子と二人暮らしをしている。かつて稔子は恋人に捨てられた悲しみで手首を切り、自殺を図ったことがあった。サチ子の学校では悪い噂が立ち、それが学校に行けなくなった原因の一つでもある。

夜、サチ子が道を歩いていると後ろからスーツを着た男がつけて来る。それをタカオという青年が助ける。学校へ行かないサチ子は、タカオと川沿いを散歩したりして時間を潰している。タカオの前では、家でも学校でも見せることのない笑顔を見せるのだった。

サチ子とタカオはキュウゾウという人物のもとを訪れる。そこはダンボールなどで作られたホームレスの家だった。

稔子と男がバーで飲んでいる。家に帰った稔子は涙を浮かべながら玄関で床を叩き、壁にもたれかかる。

ある日、山岡夏子というサチ子の同級生がサチ子の家を訪ねて来る。稔子はサチ子に、サチ子が学校に行っていないという事を夏子から聞いたと伝える。稔子は、サチ子が学校に行っていないことを知らなかったのだ。しかし、決して怒らない稔子の優しさに対して何も反応せず、サチ子は無言で部屋へと戻る。

害虫のあらすじ【承】

小学生時代のサチ子は、担任の緒方という教師に恋心を抱いていた。そして、度々緒方の自宅へと足を運んでいた。サチ子の文通相手は緒方だったのだ。

いつものように友人と登校する夏子。すると、サチ子が自宅から出て来る。友人たちは夏子に、サチ子は夏子の気持ちを分かっていないと言い、小学校時代に担任といけない関係にあったのだという噂話を始める。

車を電話しながら運転している男の前に人が飛び出してくる。倒れていたのはキュウゾウで、そこにタカオが駆けつける。彼らは当たり屋だったのだ。騙し取ったお金をタカオはサチ子に見せびらかしている。

ある日、地元のヤクザに目を付けられていたタカオはリンチされる。

キュウゾウとサチ子がタカオの部屋を訪れる。するとそこには、顔面傷だらけのタカオがベッドに寝ていた。病院には行けないというタカオ。そしてサチ子に、今いくら持っているのかと尋ねる。サチ子はお金なら母に貸してもらうと言ってその場を去る。

サチ子はラブホテルの前をうろついている。売春でお金を得ようとしていたのだ。するとそこへ、男が話しかけにくる。サチ子は怖くなりその場を走り去って行く。

害虫のあらすじ【転】

サチ子が家に帰ると、そこには母と恋人の徳川がいた。あからさまに嫌な顔をするサチ子。

サチ子はタカオのもとへと訪れると、当たり屋をやると言い出す。タカオはそれを止めるが、サチ子はやると言って聞かない。しかし、結局サチ子は恐怖から飛び込む事が出来なかった。

翌日、サチ子との待ち合わせの時間に現れなかったタカオ。サチ子は心配してタカオの部屋を訪れると、そこには知らない男の死体があった。

サチ子からの手紙を読んでいる緒方。緒方はサチ子との関係を疑われ教師としての職を失い、秋田県の原発で働いている。

夏子に連れられて学校に登校するサチ子。夏子は積極的にサチ子がクラスに馴染むように行動する。まるで優等生を演じるようにサチ子と接する夏子。するとある日、夏子の好きだった花坂董平という男子生徒がサチ子に告白をする。サチ子は、夏子の気持ちに気づいていながらすんなりと董平と付き合うことにする。サチ子は夏子の優等生ぶりをあまりよく思っていなかった。夏子はサチ子に、応援するからと強がりを言うのだった。

害虫のあらすじ【結】

サチ子が家に帰ると母の姿はなく、徳川がいた。夏子が、間違えて持って帰ってしまったサチ子のノートを届けにサチ子の家に行くと、徳川がサチ子を襲っていた。そこへ稔子も帰ってくる。夏子は稔子に、サチ子が可哀想だと訴える。

再び学校にはサチ子の噂が飛び回る。必死に夏子はサチ子とコミュニケーションを取ろうとするが、サチ子の態度は冷たい。

ある日、サチ子はキュウゾウに再会する。董平とも別れ、キュウゾウと行動を共にするようになったサチ子は再び学校へ行かなくなる。キュウゾウと色々な悪戯を楽しむサチ子。しかし、そこにはタカオの姿はない。タカオはヤクザに殺されてしまっていた。

大量の火炎瓶を作ったサチ子とキュウゾウは、悪ふざけでそれらに火を点けて夏子の家に投げ込む。夏子の家は炎上し、恐怖を覚えたサチ子はヒッチハイクでトラックに乗り込み、その場を逃げ去る。

ヒッチハイクを続けてサチ子が向かったのは秋田原子力発電所だった。サチ子は緒方に電話をかけ、喫茶店で待ち合わせする約束をする。

喫茶店で緒方を待っているサチ子。待ち合わせの時間は過ぎたが緒方は現れない。緒方は車のトラブルで遅れていたのだ。するとサチ子の目の前に若い男が座る。その男はサチ子をナンパし、サチ子はその男について行く。男の車に乗り、喫茶店を後にする二人と入れ違うように緒方が到着する。遠くなる喫茶店の中に緒方を見つけるサチ子。しかし、サチ子は再び前を向き、車に揺られるのだった。

Amazon 映画『害虫』の商品を見てみる