映画『ゲーム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ゲーム』のネタバレあらすじ結末

ゲームの概要:仕事のことしか頭にない兄のため、弟は兄の誕生日に、あるゲームに参加する招待状を贈る。しかしこのゲームはあまりに過激な内容で、兄は現実とフィクションの境界線が見えなくなっていく。実業家の兄をマイケル・ダグラス、その弟をショーン・ペンが演じている。

ゲームの作品概要

ゲーム

公開日:1997年
上映時間:128分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:デヴィッド・フィンチャー
キャスト:マイケル・ダグラス、ショーン・ペン、デボラ・カーラ・アンガー、ジェームズ・レブホーン etc

ゲームの登場人物(キャスト)

ニコラス・ヴァン・オートン(マイケル・ダグラス)
父親の莫大な遺産と会社を引き継いだ投資銀行社長。妻と離婚し、サンフランシスコにある大きな屋敷でひとり暮らしをしている。家政婦のイルサや仕事関係者以外に、ほとんど人付き合いはない。父親は48歳の時に飛び降り自殺した。
コンラッド・ヴァン・オートン(ショーン・ペン)
ニコラスの弟。通称コニー。優秀で現実的な兄とは正反対の性格をしており、人生を楽しむ主義。母親の死後、薬物依存になり、精神科に通っていた。寂しい人生を送っているニコライに、ある誕生日プレゼントを贈る。
クリスティーン(デボラ・カーラ・アンガー)
ゲームが始まってからニコライの前に姿を現した謎の女。

ゲームのネタバレあらすじ

映画『ゲーム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ゲームのあらすじ【起】

サンフランシスコの大きな屋敷でひとり暮らしをしているニコライは、48歳の誕生日を迎える。ニコライは父親から引き継いだ大手投資銀行の社長で、忙しい日々を送っていた。妻のエリザベスとは離婚し、幼い娘とも離れて暮らしている。

今日もいつも通りのスケジュールをこなしていたニコライに、弟のコニーから連絡が入る。兄弟は、ニコライ行きつけのレストランで、久しぶりに再会する。

コニーは、ニコライに「CRSクラブ」の招待状を渡し、人生が楽しくなるから電話するように言う。この招待状が、コニーから兄への誕生日プレゼントだった。

仕事を終え、夜遅くに帰宅したニコライは、家政婦のイルサが用意したハンバーガーとケーキの侘しい夕食をとる。ニコライは、孤独な誕生日の夜、今の自分と同じ年で死んだ父親のことばかりを思い出していた。仕事も人生も順風満帆に見えた父親は、48歳の時に、この家の屋根の上から飛び降り自殺を図ったのだ。その出来事は、ニコライのトラウマになっていた。

翌日、ニコライは仕事のために訪れたビルに、CRSのオフィスが入っているのを見つける。ニコライは好奇心から、CRSのオフィスを訪ねる。

対応してくれたのは、部長のファインゴールドだった。“このクラブは何を売っているのか”というニコライの問いに、ファインゴールドは“人生の不満を満たす”と答える。ニコライは何となくその答えを気に入り、申込用紙にサインをする。

早速入会に必要なテストが実施される。念入りな心理テストや体力テストが1日がかりで行われ、ニコライはヘトヘトになる。最後に保険などの書類にサインをして、ニコライはようやく解放される。ゲームにかかる経費は、全てコニーが支払うことになっていた。

ゲームのあらすじ【承】

ところが翌日、CRSから不合格の電話がある。ニコライはコニーにその事実を隠す。帰宅すると、玄関前には大きなピエロ人形が横たわっていた。ピエロ人形の口からは、見覚えのないキーが出てくる。

いつものように株価のニュースを見ていたニコライは、キャスターが自分の名前を口にしたので驚く。キャスターには、こちらの行動が全て見えているようで、ニコライは恐怖を感じる。

翌日、出張のため空港へ来たニコライは、誰を見ても怪しく感じてしまう。出張の目的は、会社に損失をもたらした系列会社の社長アンソンを、解雇することだった。

ニコライはアンソンに解雇の理由を説明し、書類にサインするよう迫る。しかし書類を入れたトランクがどうしても開かない。ニコライは仕方なく、その日アンソンにサインさせることを諦める。

夕食のため、馴染みの高級レストランを訪れたニコライは、クリスティーンというウエイトレスにワインをこぼされる。クリスティーンは支配人の怒りを買い、その場でクビにされる。

別席へ移ったニコライは、ウェイターから“彼女を逃すな”というメモを渡され、クリスティーンを追いかける。すると、目の前の路上で見知らぬ男性が倒れ、意識不明となる。クリスティーンとニコライは、倒れた男性と救急車に乗り、地下の駐車場へ入る。ところが急に全ての電気が消え、一瞬にして誰もいなくなってしまう。

2人は扉の開いたエレベーターに乗るが、エレベーターは動かない。ニコライは昨日ピエロの口から出てきたキーを、半信半疑で差し込んでみる。するとエレベーターが動き出す。

しかしエレベーターは緊急停止し、2人は天井裏からロビーまで出る。そのビルは、CRSのオフィスがあったビルだった。ニコライがそれに気づくと、突然警報音が鳴り出し、2人は警備員と犬に追われる。

中華街の雑居ビルに逃げ込んだ2人は、追っ手を巻いて、ニコライの会社まで避難する。クリスティーンは、“400ドルでワインをこぼせと頼まれた”とニコライに打ち明け、タクシーに乗って帰る。

ゲームのあらすじ【転】

翌朝、ホテルで寝坊したニコライは、秘書の電話で起きる。秘書は、ホテル・ニッコーからニコライのカードを預かっているという連絡があったと伝える。

ニコライはホテル・ニッコーでカードを受け取り、スウィート・ルームに案内される。その部屋には、ニコライらしき男とクリスティーンらしき女性が、セックスをしている様子を撮影した猥褻なビデオや写真が散らばっていた。ニコライは写真などをスーツケースにしまい、急いでホテルを後にする。

自分の車を尾行していた男に気づき、ニコライの怒りが頂点に達する。ニコライは、一連の出来事の首謀者は、自分を恨んでいるアンソンだと思い込んでいた。しかしそれは誤解で、アンソンはニコライを恨んでなどいなかった。

ぐったりして帰宅すると、家の壁中にひどい落書きがしてあり、室内はめちゃくちゃにされていた。警察を呼ぼうとしたところで、怒り狂ったコニーがやってくる。

ニコライは興奮しているコニーを乗せ、ドライブに出る。コニーはCRSクラブに騙され、何もかも奪われたと怒っていた。車がパンクし、ニコライは車外へ出る。コニーは車のボックスにCRSのキーが大量に入っているのを見つけ、“奴らの仲間なのか”とニコライを疑い始める。コニーはニコライが止めるのも聞かず、怒ってどこかへ行ってしまう。

ニコライは車を捨て、タクシーに乗る。しかしタクシーの運転手は車を暴走させ、走行中に車外へ飛び出してしまう。タクシーはそのまま海へ転落し、ニコライは先ほど家に届いていたネジ巻きを使って、車外へ脱出する。

翌日、ニコライは刑事とCRSのオフィスへ向かうが、すでにオフィスはもぬけの殻だった。ニコライの話は刑事にも信用してもらえず、彼は独自で黒幕を探し始める。

ニコライはクリスティーンの自宅を突き止め、彼女を訪ねる。しかしそこで謎の集団に狙撃され、2人は車で逃げる。クリスティーンはニコライに、“口座は調べたか”と聞く。ニコライが急いで銀行に電話すると、彼の口座のからは全財産の6億ドルが引き出されていた。

コニーもサザランドもグルだと言われ、ニコライは頭を抱える。さらにクリスティーンに薬を飲まされ、そのまま意識を失ってしまう。

ゲームのあらすじ【結】

メキシコの墓穴の中で目覚めたニコライは、バスでアメリカへ帰り、トラックに乗せてもらってサンフランシスコまで戻る。ようやくたどり着いた自宅は競売にかけられており、ニコライは銃とかき集めた現金を持って、コニーが宿泊しているホテルへ行く。しかしコニーは警察に拘束され、ナパの精神病院へ送られたと言われる。

ニコライはエリザベスを訪ね、車を貸してもらう。今のニコライが信用できるのは、彼女だけだった。ニコライは今になってようやくエリザベスが自分のもとを去った意味がわかり、彼女に心から謝罪する。

偶然目にしたテレビのCMで、あのファインゴールドが、フィッシャーという名の俳優だったと知り、ニコライは彼を脅して黒幕を聞き出そうとする。フィッシャーを連れてあのビルへ行くと、そこにはクリスティーンやタクシー運転手など、一連の出来事に関わった人物たちが、みんな揃っていた。

警備員に追われたニコライは、クリスティーンを人質にとって屋上へ登る。クリスティーンは、ニコライが持っている銃が本物だと気づき、ゲームを中止するよう無線で知らせる。これはあくまでゲームだと言っても、ニコライは信用せず、タキシード姿で現れたコニーを撃ってしまう。そしてニコライは、ビルの屋上から飛び降り自殺を図る。

もはやこれまでと思われたが、ニコライは高級レストランに備え付けられた巨大なマットの上に落ち、そこに集まった人々に取り囲まれる。レストランにはイルサやエリザベスに加えて、死んだはずのコニーもいた。コニーは大事なことを見失っていたニコライのために、この壮大なサプライズを用意したのだった。

散々な目にあったニコライだったが、心からコニーに感謝し、莫大な経費の半分を支払うことにする。そして次の仕事へ向かおうとしていたクリスティーンを追いかける。クリスティーンは本名を明かし、“空港でコーヒーでもいかが?”とニコライを誘う。

Amazon 映画『ゲーム』の商品を見てみる