「陽気なギャングが地球を回す」のネタバレあらすじ結末

陽気なギャングが地球を回すの概要:伊坂幸太郎の同名小説を、2006年に前田哲監督が映像化した。大沢たかお、佐藤浩市、鈴木京香、松田翔太が、ロマンを求めて銀行強盗を繰り返す陽気なギャングを演じている。海外の犯罪映画を思わせるポップな作りで、娯楽性の高い作品。

陽気なギャングが地球を回すの作品概要

陽気なギャングが地球を回す

製作年:2006年
上映時間:92分
ジャンル:コメディ、アクション、フィルムノワール
監督:前田哲
キャスト:大沢たかお、鈴木京香、松田翔太、佐藤浩市 etc

陽気なギャングが地球を回すの登場人物(キャスト)

成瀬(大沢たかお)
市役所勤めの公務員。人の嘘を見抜く力があり、響野たちと組んでギャングになる。雪子を愛しているが、傷つくのが怖くて、なかなか前に進めない。チームのリーダー格。
雪子(鈴木京香)
自動車教習所の教官。正確な体内時計を持っており、秒単位で確実に動く。車の運転技術もスタントマン並み。シングルマザーで、小学1年生くらいの慎一という息子がいる。
響野(佐藤浩市)
「ロマン」という名のレトロな喫茶店のオーナー。演説の達人でとにかくよく喋る。ロマンを追い求めてギャングになった。
久遠(松田翔太)
動物をこよなく愛する大学生。スリの天才で、あっという間に人の財布を盗んでいる。「エレファント」という名のハムスターを飼っている。
地道(大倉孝二)
雪子の元夫で、慎一の父親。慎一が生まれる前に蒸発した。金に困り、数年ぶりに雪子の前に現れる。雪子から全く信用されていない。
祥子(加藤ローサ)
響野の妻。まだ若いが響野よりしっかりしており、喫茶店は彼女が切り盛りしている。
田中(古田新太)
あらゆる物を作ってしまう発明家。響野や成瀬に頼まれ、銀行強盗に必要な道具を作る。「田中商会」という怪しげな店を経営している。
朝倉(光石研)
爆弾マニアの銀行員。自分の強盗計画を邪魔した成瀬を恨んでおり、復讐の機会を伺っている。

陽気なギャングが地球を回すのネタバレあらすじ

映画『陽気なギャングが地球を回す』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

陽気なギャングが地球を回すのあらすじ【起】

派手ないでたちをした3人組のギャングが、とある銀行に押し入ってくる。年長者の響野はカウンターの上に立ち、怯える店員や客の前でビックバンについて演説し始める。その間に、成瀬は支店長の嘘を見抜いて金庫の鍵を特定し、スリの達人の久遠が金庫から金を抜く。彼らの仲間の幸子は、正確な体内時計を持っており、予定時刻きっかりに銀行前に車を到着させる。

9ヶ月前。偶然同じ銀行に居合わせた4人は、そこで爆弾騒ぎに遭遇する。犯人からの脅迫電話を受けたのは、朝倉という銀行員で、彼に指示され、店員や客は急いで店外へ避難する。しかし、成瀬はこれが朝倉の狂言であることを見抜き、雪子、響野、久遠と協力して、金を持って逃走した朝倉を捕まえる。意気投合した4人は仲間となり、ロマン溢れる犯罪を目指して、ギャングとしての活動を開始した。

そして今日、華麗な連携プレイで4000万円を奪った成瀬たちは、雪子の運転する車で逃走を図る。雪子のハンドル捌きは見事なもので、パトカーの追跡を余裕でかわしていく。しかし、山道まで逃げた時、4人の車は覆面姿の男たちに襲撃され、4000万円を奪われてしまう。

陽気なギャングが地球を回すのあらすじ【承】

4人にはそれぞれ表の顔があり、雪子は自動車教習所の教官をしながら、1人で息子の慎一を育てている。成瀬は市役所の職員で、久遠はのん気な大学生、そして響野は「ロマン」という喫茶店のオーナーだ。しかし、響野はほとんど働かず、妻の祥子が店を切り盛りしていた。

ロマンに集合した4人は、奪われた金について話し合う。今後の方針で響野と成瀬が揉めていると、久遠がおもむろに財布を出す。久遠は犯人の財布をスっており、中には「林」という男の免許証が入っていた。

一方、成瀬に嘘を見抜かれ、ひどい目に遭わされた朝倉は、ロマンの向かいのビルに常駐し、彼らの様子を伺っていた。朝倉は客を装ってロマンに潜入し、ビリヤードの玉に盗聴器を仕掛けておく。

林の身元を突き止めるため、成瀬と雪子が尾行を開始する。ボーリング場にいた林は、ガラの悪い2人組に拉致され、車で夜の山へ連れていかれる。車外へ出された林ともうひとりの男は、2人組に銃で撃たれ、林はその場に倒れる。その様子を見ていた雪子は、逃げ延びたもうひとりの男の顔を見て困惑する。

成瀬たちを探していた響野と久遠は、走行中の車内で銃声を聞く。その直後、森から男が飛び出してきて、響野が男を撥ねてしまう。響野はすぐに男を病院へ運び、男の家族と連絡を取ろうとする。しかし、男の携帯のアドレス帳は白紙だった。仕方がないのでリダイアルボタンを押すと、なぜか雪子が電話に出る。

響野に撥ねられた男は雪子の元夫の地道だった。地道は、慎一を身ごもった雪子を捨てた最低の男だ。その地道が最近になって雪子の前に現れ、「5000万円用意してくれ」と言い出す。地道は、借金のせいで神崎という男に脅されており、このままでは慎一が危ないと説明する。地道は、雪子が銀行強盗をしていることも知っていた。

地道の言葉通り、銀行強盗をする日に慎一が誘拐されてしまい、雪子は仲間を裏切った。成瀬に全てを打ち明けた雪子は、自分の嘘に気づかなかったのか尋ねる。成瀬は、「全てがわかるわけではない」と答える。

軽傷だった地道は、ロマンに連行され、神崎について聞かれる。しかし、地道も神崎の正体を知らない。成瀬は、このままでは危険だと判断し、チームの解散を決める。

陽気なギャングが地球を回すのあらすじ【転】

元の生活に戻った4人は、何となく気の抜けた日々を過ごす。市と警察は、これ以上犯罪を増やさないため、大規模な防犯訓練の計画を立てる。そんなある日、市役所にいた成瀬に電話が入る。電話で誰かと話をした成瀬は、急いでどこかへ走り出す。

同じ頃、スーパーで買い物を終えた雪子と慎一は、駐車場でピエロの面をつけた2人組の男に襲われる。雪子は後頭部を殴打されて気絶し、慎一は男たちに連れ去られる。しばらくして、成瀬が現場に到着し、雪子を抱き起こす。慎一を誘拐した犯人は、雪子の携帯に出た成瀬を、遊園地へ呼び出す。

夜の遊園地で、成瀬は謎の男に、慎一を守りたければ10日以内に1億円用意するよう脅される。男の正体は恐らく神崎で、これが単なる脅しでないことは明白だった。観覧車に乗せられていた慎一は、一旦解放され、雪子に返される。

成瀬は仕事を放棄し、田中商会へ向かう。田中には、スイッチを入れると絶対に外へ出られない車を注文していた。その後、防犯訓練が行われる予定の大手銀行を視察し、念密な計画を練る。この銀行の金庫には、2億円の現金があることがわかっていた。

成瀬の呼びかけで、4人はロマンに集まる。なぜかそこに地道がいて、雪子は不快感をあらわにする。しかし、地道を呼んだのは成瀬だった。

成瀬の計画はこうだ。防犯訓練の日の14時45分、成瀬、響野、久遠、地道の4人はアタッシュケースを持って銀行に入り、いつも通り金を奪う。15時には訓練のために警察がやってくるので、犯行は420 秒以内に終わらせる。地道はこの情報を事前に流し、神崎一味を銀行におびき寄せておく。何も知らない神崎は、偽札の入ったアタッシュケースを奪い、田中の作った車に閉じ込められる。神崎は警察に逮捕され、本物の2億円を手にした成瀬たちは、そのまま海外へ高飛びする。難しい計画だったが、この4人なら大丈夫だと、成瀬は信じていた。

ロマンでの会話を盗聴していた朝倉は、この計画を聞いて高笑いする。犯行前夜、どうしても地道を信用できない雪子は、地道に銃を突きつけ「仲間に迷惑をかけたら殺す」と、彼を脅しておく。

陽気なギャングが地球を回すのあらすじ【結】

犯行当日。市内では、防犯を呼びかける派手なパレードが行われる。雪子の運転する車で銀行前に乗りつけた4人は、アタッシュケースを持って店内へ入る。

いきなり突入してきて発砲する成瀬たちに、支店長は「これは訓練ですよね?」と不安そうに聞く。成瀬は「訓練です」と笑顔で答え、金庫の鍵を渡すよう迫る。支店長は抵抗するが、体を拘束されて鍵を奪われる。成瀬は訓練用の偽札をケースに詰め、久遠は本物の現金をケースに詰める。響野は演説を披露し、店員たちの注意を逸らしておく。その横で、地道が銃を構えて店内を見張る。

7分が経過した頃、殺されたはずの林と仲間2名が押し入ってきて、成瀬たちに銃を向ける。その時、店内のトイレが爆発し、アタッシュケース型の爆弾と着弾スイッチを持った朝倉が現れる。朝倉は、成瀬に復讐するため、ここへやって来たのだ。

そうこうしているうちに15時となり、銀行前に警察が到着し、店内には訓練のための犯人役が入ってくる。朝倉と林たちがもみ合っている隙に、成瀬は銃を手にするが、地道が態度を急変させ、爆弾の着弾スイッチを奪う。そして、成瀬に銃を捨てるよう迫る。地道はついに本性を現し、神崎など最初からいないことを白状する。

地道は現金が入ったアタッシュケースを奪い、訓練用の犯人役を装って、仲間3名と外へ出る。外で待機していた雪子は、地道の裏切りに激怒するが、何もできない。地道が車に乗り込む直前、成瀬が銃を持って玄関口に現れ、地道を撃とうとする。ところが、警官が成瀬に発砲し、成瀬は肩と胸を撃たれてしまう。その間に、地道たちは車で逃走する。

雪子は瀕死の成瀬を抱きかかえ、涙を流す。成瀬は、救急車へ運ばれる直前に息絶える。と思いきや、成瀬は無傷で生きていた。成瀬に向けられた銃弾は田中が作ったもので、着弾寸前に破裂し、中から血のりが吹き出す仕組みになっていた。つまり、成瀬はここまで計算済みだったのだ。雪子は腹を立てながらも、成瀬と甘いキスをする。

地道は警察の追跡を逃れ、車内でアタッシュケースを開ける。その瞬間、地道たちの車は大爆発する。銀行内に取り残されていた朝倉が、意図せずスイッチをオンにしてしまい、ケース型爆弾が爆発したのだ。アタッシュケースは、久遠によって入れ替えられていた。そして、2億円の入ったケースは、久遠がひとりで持ち逃げしていた。

メキシコへ高飛びした久遠は、動物保護のためにその金を活用する。成瀬と響野もメキシコへやって来て、久遠を巻き込んで、また銀行強盗を始める。彼らを迎えに来た雪子の車には、慎一と祥子も乗っていた。こうして4人は再びチームを組み、陽気なギャングとしての活動を再開させるのだった。

Amazon 映画『陽気なギャングが地球を回す』の商品を見てみる