映画『ガルシアの首』あらすじネタバレ結末と感想

ガルシアの首の概要:大地主の娘を妊娠させたガルシアの首には100万ドルの賞金が懸けられる。ガルシアの首を奪うため、血なまぐさい争いが始まる。サム・ペキンパー監督の真骨頂が見られるバイオレンスな一本。1974年公開のアメリカとメキシコの合作映画。

ガルシアの首 あらすじネタバレ

ガルシアの首
映画『ガルシアの首』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ガルシアの首 あらすじ【起・承】

メキシコの大地主の娘テレサは、未婚のまま妊娠していた。彼女の父親は部下に娘を拷問させ相手の男を白状させる。男の名は「アルフレッド・ガルシア」。父親はガルシアの首に100万ドルの賞金を懸ける。

100万ドルを目当てにあちこちの組織がガルシアの首を狙って動き出す。メキシコシティの酒場ではガルシアを捜して聞き込みが始まり、ピアノ弾きをしているベニー(ウォーレン・オーツ)も組織の男にガルシアの行方を聞かれる。

ベニーはガルシアと面識があった。しかし彼が今どこにいるかは知らなかった。ベニーは酒場のバーテンからガルシアは歌手のエリータとできていたと聞き驚く。実はエリータはベニーの今の恋人だった。

エリータは以前からガルシアとできており、先週も一緒だったと白状する。しかしガルシアはその直後に事故死したのだという。ベニーはその話を聞いて、酒場に来た男たちのいるホテルへ行く。男たちはベニーが4日以内にガルシアの首を持ってくれば、1万ドル支払うことを約束する。しかし失敗した場合は、ベニーの命はない。

金が欲しかったベニーはこの話に乗り、エリータに案内させてガルシアの墓を目指す。ベニーは本気でエリータのことを愛しており、彼女と結婚しようと思っていた。しかしエリータはベニーがガルシアの首を持ち帰るという話には猛反対し、もしそれを実行したら2人は別れることになると言い出す。

ガルシアの首 あらすじ【転・結】

しかしベニーは後戻りするわけにいかず、嫌がるエリータを連れてガルシアの墓を掘り起こしに行く。いよいよガルシアの首を切ろうとした瞬間、ベニーは何者かに襲われ意識を失う。気づいたときにはエリータとともにガルシアの墓で生き埋めにされていた。

ベニーはなんとか生き延びたが、エリータはすでに死んでいた。ベニーはエリータの遺体を墓に残し、ガルシアの首を横取りした奴らを追う。グリーンのワゴンに乗ったアメリカ人の2人が犯人だとわかり、ベニーは彼らを射殺してガルシアの首を取り返す。

ガルシアの親族は墓を荒らしたベニーの行方を追っていた。ベニーは親族に取り囲まれ、ガルシアの首を奪われるが、観光客を装った組織の男たちがやってきて親族を皆殺しにする。ベニーも殺されそうになるが、撃ち合いの末に組織の男を射殺する。

ベニーは多くの犠牲を伴って手にしたガルシアの首を金と引き換えに黙って差し出すつもりはなかった。組織の奴らから首の本当の買い手を聞き出そうとするが結局撃ち合いとなり、組織の人間を皆殺しにして買い手の名前と居場所を突き止める。

ベニーはガルシアの首を持って、大地主の屋敷を訪れる。ちょうどその日はテレサの産んだ子の洗礼式の日で、屋敷内はお祝いムードに包まれていた。大地主は上機嫌でガルシアの首に100万ドルを支払うが、ベニーは彼を許せなかった。この首のためにエリータを始め16人もの人が死んだのだ。ベニーは大地主を撃ち殺し、首と金を持って帰ろうとする。しかし結局ベニーも門を出たところで蜂の巣にされる。

ガルシアの首 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1974年
  • 上映時間:112分
  • ジャンル:アクション、フィルムノワール
  • 監督:サム・ペキンパー
  • キャスト:ウォーレン・オーツ、イセラ・ベガ、ギグ・ヤング、ロバート・ウェッバー etc

ガルシアの首 批評・レビュー

映画『ガルシアの首』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

マジで首だけになっているガルシア

メキシコの大地主が娘を妊娠させた男の首に100万ドルという破格の賞金を懸けたことからこの物語は始まる。これだけを聞くとガルシアという男が大金目当ての魑魅魍魎に追われるバイオレンス・アクションなのだろうと考えるのが普通だ。しかし本作にガルシア本人は一度も登場しない。なぜなら彼はすでに死体になっているからだ。

賞金目当ての男たちが奪い合うのは、墓から掘り出したガルシアの首そのものだという設定にまずは驚かされる。幸い生首は袋に包まれているので見えないが、腐敗臭を放つ首入りの袋には無数のハエがたかっており、首を積んだベニーの車中はハエだらけ。この腐りかけた首のために総勢20人以上が命を落とすわけで、はっきり言って狂っている。

撃ちまくり!

主人公のベニーは場末のピアノ弾きをしているが、元は軍人だったらしく銃を持たすと異常に強い。車の運転をしながらジンだかテキーラだかをあおり続けているようなアル中気味の冴えない親父が、銃撃戦になると無敵になる。

サム・ペキンパー監督作品らしく、これでもかというくらいの銃撃戦が次々と起こり、しかもそれがいちいちかっこいい。無駄のない銃撃シーンはどこまでも男臭くてサバサバしており、爽快ですらある。切れ味スッキリ、スーパードライ!的な銃撃戦は、やはり本作一番の見どころとなっている。

万人向けではない

いきなり妊婦が腕をへし折られるようなシーンから始まる本作はどこまでいってもバイオレンスだ。冒頭の5分で無理だと感じた人は、その先ももれなく無理だろう。逆にこのピリピリした雰囲気や空気感がたまらんと思えた人は、間違いなく最後まで楽しめるはず。とりあえず“決して万人向けではない”ということだけは、自信を持って宣言できる。

ガルシアの首 感想まとめ

プンプンと匂い立つほど男臭く、こういうのが好きな人には堪らないだろう。主演のウォーレン・オーツの薄汚い感じといい、ボコボコにへこんだアメ車といい、どこまでもドライな演出といい…キメキメではないところが妙にかっこいい。このかっこよさや本作の面白さは“女子供にはわかるまい”というやつで、間違いなく男性向けだ。

好き嫌いがはっきり分かれそうなので星は3つにした。おそらく興味がある人は放っておいても勝手に見ているような作品であり、これからもこのジャンルの傑作として一部のファンには語り継がれていくだろう。その生き残り方が本作には似合っている。

Amazon 映画『ガルシアの首』の商品を見てみる