映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』のネタバレあらすじ結末

ジゴロ・イン・ニューヨークの概要:ニューヨークの冴えない2人が美女を相手に「ジゴロ」な職業をはじめた。ただの花屋だった通称「ヴァージル」は次々とお客を虜にしていく。ある日、女を封印した女性との出会いが運命を変えた。おとぼけなブラックコメディ。

ジゴロ・イン・ニューヨークの作品概要

ジゴロ・イン・ニューヨーク

公開日:2013年
上映時間:90分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ジョン・タートゥーロ
キャスト:ジョン・タートゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ、リーヴ・シュレイバー etc

ジゴロ・イン・ニューヨークの登場人物(キャスト)

ヴァージル(ジョン・タートゥーロ)
冴えない花屋。お金に困ってダンの男娼ビジネスにのる。思いがけない才能を開花し、どんどんお金を稼ぐ。未亡人のアヴィガルに出会い、本当の愛を知る。
ダン(ウディ・アレン)
店の経営に行き詰まり、男娼ビジネスを思いついた。普段は孫に優しいおじいちゃん。女好き。ドヴィに捕まり、ユダヤ立法で裁かれそうになる。
アヴィガル(ヴァネッサ・パラディ)
未亡人。夫が亡くなってから女の部分を封印していた。 ヴァージルのセラピーで、誰にも触られた事が無いと涙を流す。
ドヴィ(リーヴ・シュレイバー)
アヴィガルの幼なじみ。自警団。 アヴィガルへの嫉妬から、ダンとヴァージルの行動を調べ始める。

ジゴロ・イン・ニューヨークのネタバレあらすじ

映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジゴロ・イン・ニューヨークのあらすじ【起】

ある女性の皮膚科医が、おじいさんに仕事を依頼した。お金ならいくらでも払うらしい。
「それをお前がやるんだよ」
おじいさんは友達の花屋に詰め寄っていた。男娼をやれという。そう若くない花屋の男は、金に困っていた。一旦断るが、金のためしぶしぶ引き受ける事にする。

赤い花を抱えて、女医の元を訪ねた。彼女は、男を買うのは初めてだという。
「私、人妻なの。」
お酒を飲んで、音楽をかける。彼はそっとダンスに誘った。

「どのくらいがんばった?君がそんなだとは知らなかった。時間単位にする?何発やったんだ?バイアグラか?」
「俺に言ってるのか?」
下世話な質問に男は顔をしかめる。彼女は500ドルも多く支払いをしていた。最初の客には気に入られたようだ。
「世界最古の職業だぞ!」
次から次へと客の依頼が来た。彼はどんどん「ジゴロ」として成長していく。

高級レストランで皮膚科医は友達に彼の評判を熱弁していた。
「彼は最高よ。とにかくスゴイの。」
花屋に興奮気味のおじいさんが駆け込んで来た。皮膚科医の友人は超美人のナイスバディ。
「そうだ!名前を決めよう!」
男はヴァージル(ジョン・タートゥーロ)。おじいさんはダン(ウディ・アレン)。2人コンビの「商売」がスタートした。

ジゴロ・イン・ニューヨークのあらすじ【承】

超美人の友達がヴァージルを部屋に招き入れる。
「お手並み拝見。」
彼女は乱暴なのが好きだという。そこにあの皮膚科医から電話がかかってきた。やっぱり前回の話は撤回してほしいというのだ。
「共有したくない。」
しかし友人は笑って言った。
「今度は3人でしましょう。」

ダンは家政婦の女をヴァージルに紹介する。彼女は夫に先立たれた未亡人だった。ダンはセラピーだと嘘をついていた。服を脱いで準備してくれと伝える。 アヴィガル(ヴァネッサ・パラディ)はヴァージルに触れられ、泣き出してしまう。
「だれも私の体に触らない。」
亡くなった夫も アヴィガルの体に触らなかったという。

自警団の大男ドヴィ(リーヴ・シュレイバー)が遠くからその様子を伺っていた。ドヴィはダンとヴァージルを怪しんでいた。大男はアヴィガルに恋していたのだった。

そんな思いも知らず、アヴィガルはセラピーへと急ぐ。途中のショウウィンドウで綺麗なワンピースを眺める彼女。彼女の中の「女」の部分が目覚め始めていた。

セラピーの前、ドヴィが彼女の為に料理をしている。ゆっくり食事をしながら2人は会話を楽しむ。
「今日は時間がないの。」
「ゆっくり急いで。」

ジゴロ・イン・ニューヨークのあらすじ【転】

皮膚科医がヴァージルを呼んだ。
「一度食べたら病み付きになる。」
チョコレートを食べながら彼に迫る。
「今度は3人で。彼女を呼ぶわ。」

家政婦の仕事をしているアヴィガルと、ダンと子供達が公園で遊んでいた。そこにヴァージルがこっそり顔を出す。メリーゴーランドに乗るヴァージルに、アヴィガルはそっと近づいた。彼女を連れ出したヴァージルは、誰もいないところでキスをする。2人は恋に落ちていた。

ダンは下着屋でぜひ自分も混ざりたいと受話器に話しかける。相手は、皮膚科医とその友人だった。ついに彼女達の希望が正式な依頼で来た。料金は2000ドル。しかし、浮かれ足のダンは自警団に捕まってしまう。

ヴァージルはダンに連絡が取れず、友人に助けを求める。見計らったかのように、アヴィガルから電話がかかってきた。自警団のドヴィが自分達のことを見張っていて、気をつけてほしいと頼む。彼は幼なじみで自分の事を心配しているという。宗教的な問題もあり、自分たちのしている事は十分罪になる。ダンが心から心配だった。

ジゴロ・イン・ニューヨークのあらすじ【結】

しかし、彼はその時、ユダヤ立法で裁かれていた。ソロモン王は罪を犯したものは命で償えという。70年に一度しか執行されなかった罪に問われてしまったのだった。

その時まさに彼は彼女達の任務を果たしていた。
「すまない。できない。」
彼は途中でやめてしまった。
「あなた、恋してるでしょ?」
皮膚科医も友達嫌な顔ひとつしなかった。
「いい顔、してるわ。」

「セックスは禁断だと教わった!個人的には禁断だから興奮するんだ!」
そこにアヴィガルが現れた。
「禁止された行為だけど、素肌を触らせました。」
彼女の告白は続く。
「その後泣きました。寂しくて。」
裁判官もみんな、言葉を発することができなかった。

アヴィガルは、晴れ晴れとした顔で言った。
「お別れを言いに来たの。」
ヴァージルは何も言わずその言葉を受け取った。

「本当に街を出るのか?」
ダンはヴァージルは、多くを語らなくてもお互いの事がわかる関係になっていた。名残惜しそうなダンはどうしても引き止めたい。彼は動いた。
「チェリー色の口紅だね」
ダンはカウンターにいた美女に名刺を渡した。もう少し、2人の仕事は続きそうだった。

Amazon 映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』の商品を見てみる