映画『ガールフレンズ(2008)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ガールフレンズ(2008)」のネタバレあらすじ結末

ガールフレンズ(2008)の概要:素朴な普通の女の子・クレアが引っ越したのは、お嬢様学校のリーダー・マシーの家だった。ティーン版「セックス・アンド・ザ・シティ」と名高い、セレブでオシャレなガールズトーク・ストーリー。

ガールフレンズの作品概要

ガールフレンズ

公開日:2008年
上映時間:87分
ジャンル:コメディ、青春
監督:マイケル・レンベック
キャスト:エリザベス・マクラフリン、エレン・マーロウ、ソフィー・アンナ・エヴァーハード、サマンサ・ボスカリーノ etc

ガールフレンズの登場人物(キャスト)

クレア(エレン・マーロウ)
フロリダから引っ越してきた女の子。健康的で、笑顔が可愛い。成績は超優秀だが、流行には疎い。親の都合で、マシーの家のゲストハウスに住むことに。
マシー(エリザベス・マクラフリン)
セレブな家の一人娘。乗馬と愛犬の散歩、おしゃれが大好き。セレブな友人と四人組で、お嬢様女子校のトップに君臨する。プライドが高く、裏表のある性格だが、義理堅いところもある。
ディラン(ソフィー・アンナ・エヴァーハード)
マシーのグループのメンバー。少し太めな体型を気にしている。
アリシア(サマンサ・ボスカリーノ)
マシーのグループのメンバー。ブランドショッピングが大好きで、金に糸目は付けない。
クリステン(ブリジット・メンドラー)
マシーのグループのメンバー。勉強もスポーツもできるが、母親の言いなり。家のことで、マシーにも言っていない秘密を抱えている。
レイン(ヴァネッサ・マラーノ)
クレアのクラスメイト。髪にメッシュを入れた、パンクな女の子。ステレオ内蔵のバッグを持ち歩き、主食はオートミール。
クリス(ケリ・プライス)
マシーの家の近所に住む、男子高校生。乗馬とスケボーが趣味のイケメン。不良で、停学処分を食らうことも。長く付き合っている恋人がいる。妹はレイン。

ガールフレンズのネタバレあらすじ

映画『ガールフレンズ(2008)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ガールフレンズのあらすじ【起】

お嬢様学校の頂点に君臨するマシーは、自他共に認めるセレブ女子だ。彼女はディラン、アリシア、クリステンの三人を率いて、ファッションでもゴシップでも他の生徒達を圧倒し、わがまま放題の日々を送っていた。

しかし、そんなマシーの元に、フロリダから冴えない転校生・クレアがやって来る。クレアの両親はマシーの両親の古い友人で、新しい家が決まるまで、マシーの家のゲストハウスに住むことに。子供っぽい服のクレアを見下すマシー。さらに、クレアたちの歓迎ディナーのせいで、マシーはクラスメイトのパーティーに行かれなくなってしまう。

クレアは、マシーに気に入られようと必死だった。母に頼み込み、白いデニムパンツを買って精一杯のおしゃれをする。それでも、マシーはクレアをバカにし、登校日には徹底的にクレアを邪魔者扱いだ。

マシーは今、乗馬中に知り合った高校生・クリスに夢中だった。そのクリスが、妹を訪ねて女子校へやってきた時、クレアとぶつかって知り合った。二人が親しげに話しているところを見たことも、マシーのクレアに対するいら立ちを募らせた。

あまりの扱いに、思わずマシーを嫌な女と言ってしまったクレアは、セレブグループのメンバーからもいじめられてしまう。白いパンツを絵の具で汚され、保健室で金持ちの子が捨てた服をもらうと、他の生徒たちからも笑われた。しかしクレアは、母に心配をかけまいと、笑顔で帰宅するのだった。

ガールフレンズのあらすじ【承】

ある日の朝、マシーたちは、新しいコスメブランドの立ち上げを思いつく。優等生のクリステンが、さらなる好成績を求めて、新事業のプランニングを考えていたのだ。四人はブランド名に思い悩むが、クレアがそっと“グラムビション”と提案すると、ちゃっかり採用された。

このやりとりを聞いていた送迎車の運転手は、クレアに同情した。他の友人を見つけるように勧めると、クレアも、他の子に話しかける決意をする。そして知り合ったのが、一人でランチをしていたレインだ。個性的なファッションの彼女は、マシーのグループからバカにされていた。

レインと金曜の夜に遊ぶ約束をするクレア。しかし運悪く、マシーの母もその日にクレアを誘ってくる。母屋で、いつもの三人を呼んだお泊り会を開くのだ。目的は、マシーの両親が主催するチャリティー・オークションの出品物集めだった。マシーに認められたいクレアは、弟の子守とウソをつき、レインとの予定をキャンセルしてしまう。

金曜の夜。クレアは母屋へ行くが、グループからは歓迎されていない。しかし、母親に怒られたマシーが、しぶしぶ彼女を仲間に入れる。ベッドでは恋の話で盛り上がり始めるものの、クレアがクリスに気があると告白したとたん、再びいじめが始まった。クレアは、耐えられず、一人家に戻る。

ガールフレンズのあらすじ【転】

翌日、クレアの元に、クリスとレインが立ち寄った。クリスの妹とは、レインだったのだ。クレアはクリスと親密なフリをし、覗き見ていたマシーを挑発する。するとマシーは、金曜の夜にクレアがどこにいたかをレインに告げ口し、レインとクレアの仲を壊した。

クレアもまた、マシーがレインをネイルサロンに連れ出している間に、グループの他のメンバーに近づいた。しかし、すぐにマシーが現れ、また除け者にされてしまう。しょんぼりして家に帰ると、母にマシーとよく話すよう、注意されてしまった。

夜、クレアはマシーの部屋を訪ねる。すると彼女は犬の散歩に出かけていて、パソコンのチャット画面が開きっぱなしになっていた。クレアは、マシーになりすまし、メンバーの三人と会話を始めた。

まずはファッショニスタのアリシアに、流行遅れの格好を勧めた。もちろん、マシーがクレアと仲良くなったと吹き込むことも忘れない。それから、体型を気にするディランの太い脚をバカにする。そして最後は、クリステンから秘密を聞き出した。実は彼女の家は貧乏で、奨学金のために良い成績が不可欠なのだ。

そして、何も知らないマシーの態度は、三人の友人を傷つけた。そこへクレアが入り込み、まんまとマシーを除け者にする。クレアは、新しい四人組でショッピングへ出かけ、ブランド服やヘアメイクを楽しんだ。

始めは強がっていたマシーも、夜には泣きながらメンバーにチャットで呼びかける。グラムビションで使うコスメの材料を話題に、ようやくクリステンが会話をしてくれた。そこで、話の食い違いから、真実に気が付くマシー。彼女はあっという間に友人たちを取り戻し、クレアを責め立てた。

元通りになったグラムビションのメンバーは、マシーの家でリップグロス作りをする。そこへ、クレアが母の使いでやってきた。マシーはクレアに生卵をぶつけ、皆であざ笑う。

泣いて家に戻ったクレアから、母が事情を聞き出した。クレアはずっといじめられていたことを打ち明け、自分らしく過ごすことを決める。

ガールフレンズのあらすじ【結】

翌日の通学バスで、クレアは、レインに心から謝った。レインもまた、マシーに利用され、あっけなく捨てられていた。二人は友情を取り戻す。

すると、そのバスの中で、マシーがリップグロスの販売を始めた。セレブリーダーの名が付いたグロスに、女生徒たちが我先にと飛びつき、購入する。しかしすぐに、彼女たちを悲劇が襲う。グロスに含まれているピーナツオイルが原因で、アレルギー持ちの子たちの唇がぱんぱんに腫れあがったのだ。

慌てふためくグラムビション。それを眺めていたクレアの携帯に、一通のメールが入る。そこには、オートミールには抗炎症作用があるらしいと書いてあった。レインのランチは、いつもオートミールだ。クレアがそれを少女たちに配り、パニックは収まった。

そして、オークションの時がやって来る。マシーは、この日が誕生日のクリスを盛大に祝い、キスまで進もうと考えていた。そして“アイ・ラブ・クリス”Tシャツを着こみ、巨大ケーキの中に隠れてスタンバイ。

一方クレアは、レインとオークションを楽しんでいる。そこへ、クリスが彼女連れで現れた。彼らは中学時代からの付き合いで、クリスの彼女は文句なしの美女だった。

会場にグラムビションのメンバーがやって来ると、クレアは、三人にそれぞれチャットでのことを謝罪した。そしてマシーの姿を探していると、派手なアナウンスと共に、巨大ケーキが運ばれてくる。その中にマシーがいると知り、慌ててクレアは駆けだした。

クレアは司会のマイクを奪うと、ケーキの蓋を抑え込み、クリスの恋人をスピーチに指名した。そしてそのまま、ケーキを舞台袖に引っ込める。クリスに恋人がいると知らなかったマシーは、バツが悪そうに、クレアにお礼のバラを一輪渡した。

クレアがマシーに憧れていたように、マシーもまた、快活でユーモアのあるクレアの存在を恐れていた。さらに、リップ騒動の際、クレアの携帯にメールを送ったのはマシーだった。マシーなりに、クレアとの関係を何とかしようとしていたのだ。それを知ったクレアは、幸せそうに、いつまでもバラの花を見つめていた。

Amazon 映画『ガールフレンズ(2008)』の商品を見てみる