映画『ゴジラVSビオランテ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ゴジラVSビオランテ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラVSビオランテの概要:幅広い世代に長年支持を受けている、大人気シリーズ『ゴジラ』。今作はシリーズの17作目にあたり、例年のゴジラ作品よりも、より大人向けの内容となっている。ゴジラの危機から、人間は生き残れるのか。

ゴジラVSビオランテの作品概要

ゴジラVSビオランテ

公開日:1989年
上映時間:105分
ジャンル:アクション
監督:大森一樹
キャスト:三田村邦彦、田中好子、高嶋政伸、峰岸徹 etc

ゴジラVSビオランテの登場人物(キャスト)

白神英理加(沢口靖子)
源壱郎の娘。爆発に巻き込まれ命を落とすが、父親の手によって、ある形でこの世に復活を果たす。
ゴジラ(薩摩剣八郎)
地球を度々危機に陥れている大怪獣。今作では、5年の時を経て再び日本に姿を現した。
白神源壱郎(高橋幸治)
遺伝子工学の分野においてその名を知らぬ者はいない科学者。ある組織に恨まれ、娘を殺されてしまう。

ゴジラVSビオランテのネタバレあらすじ

映画『ゴジラVSビオランテ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ゴジラVSビオランテのあらすじ【起】

1985年、突然のゴジラの強襲によって多大な被害を受けた新宿新都心。そんな地獄のような時から一夜明け、自衛隊は、ゴジラの影響と思われる残留放射能を調査していた。さらに、激しい戦いで、街のあちこちにゴジラの体の破片が飛び散っていた。ゴジラの体の一部があれば、謎に包まれていたゴジラの秘密に迫ることができる。そう考えた政府は、ゴジラのパーツを回収させるのだった。

しかし、そう考えているのは日本政府だけではなかった。アメリカのバイオメジャーもまた、ゴジラの細胞、通称G細胞を狙っていたのだった。そして、見事にG細胞を手に入れてみせたバイオメジャー。しかし、そんなバイオメジャーに襲いかかる者がいた。それは、サラジア共和国のシークレット・サービス工作員だった。その工作員はバイオメジャーのスパイを射殺し、G細胞を奪い取るのだった。サラジア共和国には、遺伝子工学の分野においてその名を知らぬ者はいない、白神博士という人物がいた。

ゴジラVSビオランテのあらすじ【承】

そして、持ち帰ったG細胞をもとに、白神博士が研究を始めるのだった。しかし、そんな白神博士を付け狙う存在がいた。それは、サラジア共和国に大事なG細胞を盗まれた、アメリカのバイオメジャーである。そして、バイオメジャーは復讐のため、白神の研究室を爆破した。この爆発で、白神はG細胞を失っただけではなく、なんと、最愛の娘、英理加までも失ったのである。

そして、それから5年の月日が経過した。その頃、恐ろしいニュースが日本を震撼させていた。なんと、倒れたはずのゴジラが、三原山で復活を果たしたのだ。このままでは、再び東京に被害が及んでしまう。なんとかゴジラを止めようと、日々権威者達による議論が交わされることとなる。

その中で、一つの案が浮上したのだ。それは、『抗核エネルギーバクテリア』、通称ANEBという作戦だった。ゴジラの体内には核物質が含まれており、その核物質を食べるバクテリアを開発することで、ゴジラの動きを止めようと考えたのだった。

ゴジラVSビオランテのあらすじ【転】

しかし、核物質を食べるということは、世界に存在する核兵器などにも影響を及ぼすということである。このバクテリアが完成すれば、世界情勢が大きく変わってしまう。しかし、悩んでいる間にもゴジラが今にも暴れだすかもしれない。政府は観念して、ANEB作戦を推し進めることとなった。

そこで協力を仰いだのは、遺伝子工学に明るい白神だった。白神は、一週間だけG細胞を貸してもらうという条件のもと、ANEBに協力することにした。G細胞を手に入れた白神は、手元にある娘の遺伝子をもとに、新たな生物を生み出した。そして、その生物は急激に成長、巨大な薔薇のような怪獣、ビオランテとしてこの世に誕生したのだった。

一方、その頃バイオメジャーが日本にとある声明を出していた。それは、ANEBを手渡さなければ、ゴジラのいる三原山を爆破し、ゴジラを暴れさせるというのだ。日本政府はその要求に応じようとするが、なんと、シークレット・サービスが横からANEBを奪っていってしまう。

ゴジラVSビオランテのあらすじ【結】

ANEBを手に入れられなかったバイオメジャーは、宣言通り三原山を爆破する。そして、とうとうゴジラが復活、暴走を始めるのだった。ビオランテとゴジラが対峙するものの、ビオランテはゴジラに敗北してしまう。

政府は唯一の希望である、ANEB奪還作戦に打って出る。そして、なんとかANEBを取り戻すことに成功するのだった。政府は、ゴジラにANEBを打ち込んだ。さらに、一度は敗れたビオランテがパワーアップして復活を果たす。ビオランテの中には英理加の心が眠っており、英理加は父親達を守るために再びゴジラと対峙した。

そんな英理加をサポートするように、先ほど打ち込まれたANEBが少しずつ効果を発揮し始めた。体内の核エネルギーをバクテリアによって食べられ、さらに、ビオランテの攻撃を受けたゴジラはとうとう地に倒れた。しかし、ゴジラを倒したビオランテも、限界を迎えていた。ビオランテは最後に「ありがとう」というメッセージを残して、この世を去るのだった。一方、ゴジラは一命を取り留めており、そのまま海へと姿を消したのだった。

Amazon 映画『ゴジラVSビオランテ』の商品を見てみる