映画『ゴジラ FINAL WARS』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ゴジラ FINAL WARS」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ FINAL WARSの概要:人類が戦争を行い環境を破壊したせいで、古代怪獣が目覚めてしまう。人類は互いに争うことを止め、地球防衛軍を結成して怪獣と戦った。そんな時、ミュータントと呼ばれる超人類が発見される。

ゴジラ FINAL WARSの作品情報

ゴジラ FINAL WARS

製作年:2004年
上映時間:125分
ジャンル:SF、アクション、ヒューマンドラマ
監督:北村龍平
キャスト:松岡昌宏、菊川怜、宝田明、ケイン・コスギ etc

ゴジラ FINAL WARSの登場人物(キャスト)

尾崎真一(松岡昌宏)
地球防衛軍のM機関に所属する戦闘員。ミュータントの中でも珍しい、“カイザー”と呼ばれる最強の力を秘めている。戦いの中でも優しさを忘れない強い心を持っている。
音無美雪(菊川怜)
国連から未知の怪獣を調査するためにやって来た学者。知識が豊富で頭がいい人物。
ダグラス・ゴードン大佐(ドン・フライ)
地球防衛軍の大佐。若かりし頃、ゴジラにミサイルを放ち、南極に封じ込めた人物。口や態度は悪いが、指揮官としても戦闘員としてもとても優れた人物。
音無杏奈(水野真紀)
美雪の姉。キャスター。洞察力に優れた人物。
X星人参謀(北村一輝)
X星からやって来た宇宙人。人間を家畜のように扱い、武力で支配しようとする。尾崎と同じ、カイザーの力を持っている。
風間勝範(ケイン・コスギ)
地球防衛軍のM機関に所属する戦闘員。ミュータントと呼ばれる超人類の1人。尾崎とはライバル関係にある。
波川玲子(水野久美)
地球防衛軍の司令官。規律を守らないゴードン大佐のことを、苦々しく思っている。
神宮寺八郎(佐原健二)
防衛博物館に所属する学者。未知の怪獣“ガイガン”の研究を行っている。
熊坂教官(船木誠勝)
地球防衛軍のM機関の教官。部下思いの優しい人物。
小美人(長澤まさみ / 大塚ちひろ)
妖精。尾崎達に怪獣のガイガンについて情報を与え、お守りを授ける。
X星人司令官(伊武雅刀)
X星からやって来た宇宙人。世界のトップに立つ人間とX星人を入れ替えて徐々に地球を支配しようとするが、風間達に見破られて殺されてしまう。
醍醐直太郎(宝田明)
日本人初の国連事務総長。一番初めにX星人と入れ替えが行われた人物。

ゴジラ FINAL WARSのネタバレあらすじ

映画『ゴジラ FINAL WARS』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ゴジラ FINAL WARSのあらすじ【起】

人類は戦争と環境破壊を繰り返して生きてきた。発達した科学は地球の環境を破壊し、眠っていた古代怪獣を呼び覚ました。人類はお互いに争うことを止め、地球防衛軍を結成して怪獣の脅威と戦った。また、世界各地で特殊な身体能力を持った超人類、“ミュータント”が確認されるようになった。地球防衛軍はミュータント達を集めた戦闘機関、“M機関”を作った。地球防衛軍の最大の敵は、1954年に初めて姿を現して以来、何度も世界を滅亡の危機に陥れた怪獣の王“ゴジラ”である。

M機関訓練所で尾崎真一と風間勝範が戦っていた。尾崎は風間に負けてしまい、首を絞められてしまう。そこに、熊坂教官がやって来て、練習を止めるよう声を上げた。熊坂教官は2人に対して、練習の目的は昨日の自分より強くなるためだと声を掛けるが、風間は相手よりも強くなることを重視しており、熊坂教官の言葉を不服そうに聞いていた。熊坂教官が去った後、風間は何故手を抜いたのか尾崎に問い掛けた。だが、尾崎は何も言おうとはしなかった。風間は敵にも情けをかける尾崎の優しさに、腹立たしさを感じていた。

未知の怪獣のミイラが発見され、国連から学者がやって来ることになった。尾崎はその学者(音無美雪)の警護をすることになった。尾崎と美雪は未知の怪獣が保管されている防衛博物館に向かった。未知の怪獣で分かっているのは、機械と生物の融合体であることと、1万2000年前に存在していた怪獣だということだった。地球ではそんな昔に機械はなかったため、地球外から来たことが推察できた。そして、ミュータントに存在しているのと同じ塩基が、未知の怪獣からも検出されていた。

尾崎と美雪、研究所の学者である神宮寺八郎が、妖精の小美人に呼ばれ、インファント島の洞窟にいつの間にかワープしていた。小美人は未知の怪獣が“ガイガン”と呼ばれる怪獣で、破壊の限りを尽くして暴れていたことを話した。怪獣のモスラが人々を守り、ガイガンを倒したのだ。そして、小美人は邪悪な存在であるガイガンと同じ血が、尾崎にも流れていることを教えた。尾崎がその言葉に戸惑っていると、小美人は「自分がどんな存在であるかは自分で決めるこができる」と伝えた。尾崎達が地球の敵にならない限りモスラが味方することを告げ、光の中に消えていった。尾崎達は元の場所に戻っていた。夢でも見ていたのかと訝しむが、尾崎の手には小美人から贈られたお守りが握られていた。

ゴジラ FINAL WARSのあらすじ【承】

ニューヨークの街を、空を飛ぶ巨大な怪獣が襲った。しかも、同時期にシドニーや上海など、世界各地で怪獣が突然現れ暴れ出した。地球防衛軍は部隊を派遣し、怪獣の始末に向かわせた。熊坂教官の指揮の元、M機関も現場に向かった。風間が怪獣に止めを刺そうとしたとき、光に包まれて怪獣が消えてしまう。それは、他の国にいた怪獣達も同じだった。その直後、地球防衛軍本部の上空に、未知の飛行船が現れる。

未知の飛行船から国連事務総長の醍醐直太郎が現れる。飛行船に乗っている宇宙人に、危ないところを救ってもらったと言うのだ。醍醐は宇宙人達に敵意がないことを、地球防衛軍の司令官の波川に訴えた。波川は飛行船の中に入り、宇宙人達と対話をした。世界中に現れた怪獣達を倒したのは、目の前にいる宇宙人達だった。宇宙人達はX星と呼ばれるところから、地球に危機が訪れるのを警告するためにやって来たことを話した。妖星ゴラスが地球にぶつかろうとしているのだ。X星人の司令官は、地球の軍事力を結集させて迎え撃つしか方法がないと訴えた。

世界の人々は、怪獣を倒してくれたX星人を歓迎した。だが、尾崎はガイガンとX星人に何らかの繋がりがあるのではないかと考えていた。尾崎が美雪にそのことを話していると、美雪の姉の杏奈があるテープを持ってやって来た。そのテープには、醍醐の演説する姿が映っていたのだが、醍醐は一度も瞬きをしていなかった。杏奈達は醍醐の元に行って話を聞こうとするが、時間がないと言って冷たくあしらわれる。その時、刃物を持った男が突然現れ、醍醐に切りかかった。男はすぐに警備員に取り押さえられるが、醍醐は手を怪我してしまう。美雪はハンカチで傷口を抑えて病院に行くことを勧めるが、醍醐は美雪の手を跳ね除け、苛立った様子でその場を後にした。杏奈は美雪に、ハンカチに付いた血を検査することを勧めた。美雪が検査すると、その血は人間の物ではなくX星人のものだった。

ゴジラ FINAL WARSのあらすじ【転】

神宮寺が調査した結果、妖星ゴラスが存在しないことが判明した。しかも、波川までX星人の毒牙にかかっていた。尾崎は地球防衛軍のゴードン大佐に助けを求めた。その後、尾崎達はM機関の仲間と共に波川を倒した。そして、X星人の姿に戻った波川の遺体を持って、醍醐達の元に向かった。ゴードン大佐が醍醐を撃つと、中から波川の遺体と同じ、X星人の本当の姿が現れる。その姿はテレビで放映された。ゴードン大佐は醍醐の横にいたX星人の司令官も射殺した。

X星人の参謀がゴードン大佐達の前に立ち塞がった。4人のX星人まで瞬間移動で現れるが、ゴードン大佐はその倍以上の仲間達を引き連れて来ていた。だが、X星人の参謀は焦った様子もなく、手を突き上げた。すると、M機関の仲間達が突然苦しみだした。尾崎はX星人の参謀を倒そうとするが、逃げられてしまう。その後、苦しんでいたM機関の仲間達がゴードン大佐達に牙を向いた。熊坂教官がゴードン大佐に後のことを任せ、たった1人戦いの場に残った。尾崎はその姿を目に焼き付けた後、悔しそうに部屋を出て行った。ゴードン大佐達はトラックに乗って逃げるが、X星人に操られた風間に襲撃される。尾崎が風間と戦い、戦闘不能にさせた。

X星人の参謀がガイガンを復活させた。地球防衛軍本部の戦闘部隊がガイガンと戦うが、全く歯が立たなかった。ゴードン大佐達は基地に戻り作戦を練った。ゴードン大佐は最後の砦として、南極に眠っているゴジラを甦らせる案を提示した。他の局員はゴジラがX星人に操られることを心配するが、美雪がゴジラにはM塩基がないから大丈夫だと太鼓判を押した。操られた風間や怪獣達には、このM塩基が存在していたのだ。話し合った結果、ゴジラを起こしてガイガンと戦わせている間にX星人を倒し、再びゴジラを南極に封じ込めることになった。無茶苦茶な案だが、人類を救うにはこれしか方法が残されていなかった。

ゴジラ FINAL WARSのあらすじ【結】

ゴードン大佐達は空中戦艦“轟天号”に乗り込み南極に向かった。途中でガイガンに襲撃されるが、何とかゴジラを目覚めさせることに成功する。ゴジラは圧倒的な力でガイガンを倒した。ゴードン大佐達はゴジラに追われたまま、X星人の参謀がいる飛行船の元に向かった。X星人の参謀は次々と魔物を召喚させるが、いずれもゴジラを倒すことはできなかった。

尾崎が美雪の様子を見に行くと、美雪は自分の無力さを感じて憂いていた。尾崎は小美人の「自分がどんな存在であるかは自分で決めるこができる」という言葉を用いて励ました。そして、小美人から貰ったお守りを手渡した。

轟天号はX星人の飛行船を襲撃した。だが、バリアが張られているため、攻撃が届かなかった。風間が小型の飛行船に乗り、X星人の飛行船の内部に侵入して、バリアを張っている装置を破壊した。風間の飛行船はその爆発に巻き込まれて木端微塵に吹き飛んだ。尾崎はそのことに呆然とするが、ゴードン大佐に激を飛ばされ戦いに意識を向けた。しかし、轟天号の船内にX星人が侵入してきて、尾崎やゴードン大佐達は捕まってしまう。

ゴジラは長い戦いを経て、遂に膝をついてしまう。そこに、モスラが助けに現れる。だが、X星人の参謀はパワーアップしたガイガンを召喚し、モスラと戦わせた。モスラはガイガンに羽を切り取られ、墜落してしまう。その頃、飛行船内では、ミュータントについて驚きの真実がX星人の参謀の口から告げられた。それは、X星人の祖先と人間の祖先が交わり、生まれた存在だということだった。尾崎が操られなかったのは、“カイザー”と呼ばれる特別な存在だったからだ。だが、尾崎はカイザーとしての力が覚醒していなかった。X星人の参謀は力を使い尾崎の力を目覚めさせ、ゴードン大佐達を襲わせた。しかし、美雪が小美人のお守りを使い、尾崎を正気に戻させた。

モスラは必死にガイガンと戦い、首を切り落として倒した。尾崎がX星人の参謀と戦っているとき、ゴジラが放った光線が飛行船を直撃した。ゴードン大佐達はその隙を狙ってX星人に反撃した。ゴードン大佐はX星人に切られそうになるが、本物の醍醐や波川に助けられる。尾崎はゴードン大佐達を逃がし、X星人の参謀との戦いの場に残った。尾崎はX星人の参謀にやられそうになるが、「自分がどんな存在であるかは自分で決めるこができる」という言葉を思い出し、カイザーの力を目覚めさせて再び立ち上がった。そして、X星人の参謀を倒し、爆発する飛行船から逃げ出した。X星人の参謀は爆発する船内で呻き声を上げた。轟天号は危機一髪のところで脱出に成功する。

轟天号はゴジラに襲われ、機能を停止させた。ゴードン大佐達は轟天号から出て、ゴジラと相対した。そこに、ゴジラの子供のミニラと、ミニラを連れてきた家族が現れる。ゴードン大佐達はゴジラを攻撃しようとするが、ミニラを連れてきた少年がゴジラを庇った。そして、ゴジラの攻撃をミニラが止めた。ゴジラは戦闘意欲を失くし去っていった。その後をミニラが追いかけた。

この記事をシェアする