映画『GONIN2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「GONIN2」のネタバレあらすじ結末

GONIN2の概要:ヤクザに工場を差し押さえられ、強姦された挙句自殺した妻の仇をとろうとしている外山正道。偶然宝石店の強盗に居合わせ、犯人から宝石を奪って逃げてしまう5人の女たち。そんな彼らの物語が交錯するアクション映画。

GONIN2の作品情報

GONIN2

製作年:1996年
上映時間:108分
ジャンル:アクション
監督:石井隆
キャスト:緒形拳、大竹しのぶ、喜多嶋舞、夏川結衣 etc

GONIN2の登場人物(キャスト)

外山正道(緒方拳)
小さな鉄工所を営む男。借金があり、ヤクザに工場を差し押さえられ、妻は強姦されて自殺してしまう。自分で日本刀を作り、ヤクザたちへ復讐をしに向かう。
蘭(余貴美子)
フィットネスクラブを経営し、身体を鍛えている女。スタンガンを購入し、宝石を盗もうとする。
サユリ(大竹しのぶ)
セーラー服を着て売春をしている38歳の女。前科者。
早紀(夏川結衣)
学生の頃男に襲われ、それがトラウマとなっている女。
志保(西山由海)
夫に浮気され、不倫現場へ包丁を持って押しかける女。結婚指輪が外れなくなり、宝石店へ行く。
ちひろ(喜多嶋舞)
宝石店の店員で強盗グループの一員。蘭たちと逃げることになるが、途中で裏切る。
梶(松岡俊介)
強盗グループの一員。ちひろと付き合っているが、仲間のもう一人の女・直子にも手を出す。
直子(片岡礼子)
強盗グループの一員。男勝りな性格。

GONIN2のネタバレあらすじ

映画『GONIN2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

GONIN2のあらすじ【起】

妻が猫目石の指輪を欲しそうに眺めている中、夫の外山正道は一万円のイヤリングを誕生日プレゼントとして購入した。帰りの車の中、妻・陽子は嬉しそうにイヤリングを着けている。

家に着くと、怪しい車が止まっており、男が一人立っている。外山は、妻を車に残し鉄工所へ入った。すると、ヤクザが大勢おり、彼らは今週中に工場を解体すると言った。外では男が鳩小屋を乱射し、妻が強姦されている。

ヤクザたちが去った後も妻は家に戻らず、外で落としてしまったイヤリングを一心不乱に探している。夜中、外山が目を覚ますと、彼女は首を吊って死んでいた。

セーラー服を着たサユリは、テレクラで知り合った男と待ち合わせしている。サユリを見た男は、「38歳の女子高生が出るという噂だ」と言って怒って帰った。

男に「飽きた」と言われた蘭は、サンドバッグを蹴って鍛えている。

学生の頃に男に襲われた早紀は、それがトラウマとなって今でも襲われる夢を見ている。

夫に不倫された志保は、包丁を持って不倫現場へ乗り込んでいる。志保は夫に「出てけ」と蹴られ、結婚指輪を外そうとしたが、まったく外れず女に笑われた。

GONIN2のあらすじ【承】

早紀が防犯グッズ店に行くと、蘭がスタンガンを購入していた。早紀は蘭のことが気になった。

志保は指輪を切ってもらうため、宝石店へ行った。彼女に続き、蘭も同じ宝石店へ入った。

外山は自分で作った日本刀でヤクザの事務所を襲い、札束をいくつか持ち出した。

ちひろという店員がこっそり防犯カメラをオフにすると、蘭はランプが消えたことに気付いた。蘭をつけてきた早紀も入店し、近くにいたサユリも入って来た。

蘭がキャッツアイの指輪を見せてもらいながらスタンガンを構えていると、強盗集団が現れた。蘭は指輪をポケットに忍ばせ、強盗をキックで撃退した。早紀も警棒で対抗し、サユリと志保も強盗相手に戦った。蘭たちは、偶然人質に取ったちひろも連れて、宝石を持って逃げた。

他の客や強盗たちも逃げていく中、外山は店へ入ったが、何も残っていなかった。そして、今すれ違った強盗が、妻が襲われた時近くにいた奴だと彼は気づいた。

蘭の車に乗った5人は、ちひろの案内で横浜へ向かっている。潰れたディスコへ着き、皆で10億円相当の宝石を山分けした。蘭が、防犯カメラが切れていたことを話すと、皆喜び、踊りながら自己紹介をした。

GONIN2のあらすじ【転】

外山は強盗集団のアジトへ行き、次々と斬って行った。そこにちひろから電話があり、外山は電話を取ってちひろのいる場所へ向かった。難を逃れた梶という若い男と、直子という男勝りな女は、その様子を窓の外から覗いていた。

蘭たちが宝石を広げているところに、日本刀を持って血みどろの外山が現れ、「498万の猫目石を売ってくれ」と言った。しかし、そこに猫目石はなかった。

梶と直子も現れ、銃で蘭たちを脅した。そこで、ちひろも強盗団とグルだったことが判明するが、梶はちひろを捨てた。梶は、逃げようとしたサユリを撃ち、サユリは倒れた。外山は直子を切って去って行き、梶は宝石を持って一人で逃げた。

アジトへ戻った梶だが、組長に「似顔絵が出たらしいな」と言われ、後ずさりをしている。

蘭たちは、傷を負った直子を連れて蘭の経営するフィットネスクラブへ向かった。5人はそこで解散することにして、プールサイドのイスで眠った。早朝、志保はこっそり帰り、ちひろは廃ディスコへ向かった。ちひろはそこで梶の遺体を見つけ、銃を持ったヤクザに囲まれた。

GONIN2のあらすじ【結】

プールサイドにもヤクザが現れ、直子が銃で撃ったが、反撃されてしまった。蘭と早紀は彼らに捕まった。

ちひろは裸で厨房に縛られているが、見張りの男を油断させて殺し、逃亡した。ちひろは蘭たちが連れて来られるのを確認し、再び厨房に戻って身を潜めた。蘭たちは厨房へ連れて来られた。蘭が、外山が梶の携帯を持っていることを教えると、ヤクザの一人が電話をかけた。すると、外山が現れ、厨房で撃ち合いが始まった。

蘭と早紀、ちひろは、怪我をした外山を背負って上の階へ避難した。蘭は、隠し持っていた猫目石の指輪を外山に見せた。ちひろは蘭を怒って出て行き、早紀はちひろを追いかけた。ちひろたちは外で敵と鉢合わせになり、二人とも海へ飛び込んだ。

ちひろたちが海から上がって近くの車に乗ると、助手席に女性(陽子)の遺体があった。そして、彼女たちは外山の復讐を理解した。

ちひろたちは、外山の所まで陽子の遺体を運んだ。外山は立ち上がり、敵から何発もの銃弾を受けた。蘭、早紀、ちひろの三人は銃を持って敵に向かって歩き出した。

半年後、雨の降る夜、三人は残りのヤクザを街中で撃ち殺した。

関連作品

次作 GONIN サーガ

この記事をシェアする