映画『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』のネタバレあらすじ結末

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちの概要:スラム育ちのウィルはMITの清掃員。黒板に張り出された難問を解いた事で人生が変わってゆく。数学者のランボー教授とショーンのカウンセリングで人間的にも成長して行く感動のヒューマンドラマ。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちの作品概要

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち

公開日:1997年
上映時間:127分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ガス・ヴァン・サント
キャスト:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ステラン・スカルスガルド etc

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちの登場人物(キャスト)

ウィル(マット・デイモン)
スラム育ちで暴力と犯罪に明け暮れる生活を送っていたウィル。清掃のバイトをしていたMITの黒板の難問を解いた事から人生が変わり始める。天才的な頭脳を持て余し、心に傷を負った少年はランボーとショーンによって成長していく。
ショーン(ロビン・ウィリアムズ)
妻に先立たれ人生を捨てかけていたが、ウィルのセラピーを担当し、自分の人生を見つめ直す。時には厳しい言葉でウィルの心の傷を癒して行く。
ランボー(ステラン・スカルスガルド)
数学者で大学教授。埋もれていたウィルの才能を発見し開花させようとする。その才能を恐れながらも、ショーンとぶつかりながらウィルを導いて行く。
チャッキー(ベン・アフレック)
ウィルの友達。一緒にスラム街で育って来た。自分とは違う才能を持ったウィルを支え導く。
スカイラー(ミニー・ドライヴァー)
ウィルが恋したハーバード大の女の子。頭がいいが、冗談も通じる気さくな性格。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちのネタバレあらすじ

映画『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちのあらすじ【起】

MITで黒板に問題が張り出される。清掃員のウィル(マット・デイモン)がそれを見つめた。家に帰って解き始める。誰もいない隙を狙って、答えを書き始めた。

生徒がランボー教授(ステラン・スカルスガルド)に黒板を見てくれと報告した。見に行くとすべて正解だった。誰がこの問題を解いたのか?ランボーの授業は満員で、天才の正体を知りたい学生がつめかけている。しかし誰も手をあげない。ランボーが教室を出るとウィルが黒板になにか書いていた。書いてある答えを見て驚くランボー。

ウィルと仲間達はハーバード大学の女をナンパしに行く。そこに長髪の男が割り込んだ。学部はどこかと聞く。チャッキーは適当に答えるが更に挑発してくる。そこにウィルが助け舟を出す。ウィルは図書館で読んだ本を丸暗記していた。

ウィルの裁判をランボーは見に来ていた。ウィルは自分で弁護士と議論している。ランボーは彼が犯した罪の多さに驚くが、拘置所に面会に来て、監督付きの保釈手続きをとったという。それには条件があった。毎週自分と会うこと、どう解いたか教えること、セラピーを受けること。ランボーの特別授業がはじまる。

数学の授業は問題ないが、セラピーではかなりの問題児だった。次々と医者が降りてしまう。彼はある人物を思い出した。大学時代のクラスメイト、ショーン(ロビン・ウィリアムズ)だ。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちのあらすじ【承】

ウィルは100万人に1人の逸材、だが心を閉ざしてしまっている。カウンセリング当日、煙草片手にカウンセリングを受けるウィル。ショーンが描いた絵を見て精神分析しはじめる。彼は妻を亡くしていて心は癒えていない。挑発したウィルを押さえつけて叱る。ウィルは出て行ってしまったが、ウィルはセラピーを引き受けることを誓った。

ウィルを連れて外へ出て、公園のベンチで話をする。ウィルは本で読んだ事は何でも話せる。しかしボストンからでたことがないだろう。本当の戦争を知らず、本当の愛を知らない。今の君は怯えたただの少年だ。君の事が知りたいんだ。ゆっくり慎重に少年の心に近づく。

次のセラピーは1時間無言だった。数学の授業では饒舌なウィル。高名な教授を論破した。次のセラピーで我慢できなくなったウィルが語り始めた。ウィルが気になっている女の子の話だ。妻の話で大笑いするウィルとショーン。愛する人には完璧ではない姿を見せてもいいんだと、ウィルに教えた。

ウィルはハーバードの女子寮に侵入した。スカイラーはずっと電話を待っていた。明日会う約束をして別れたが今日デートしたいウィルは計算を一瞬で解いた。ドッグレースにスカイラーを誘う。家族のことを聞かれて嘘をつくウィルだが、その嘘にスカイラーは笑ってくれる。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちのあらすじ【転】

妻のことを話すショーンは幸せそうだ。最近生き生きしてきた気がする。レッドソックスの伝説の試合、彼女を見ていて伝説の一打を見逃した。彼女と一緒に病気と闘うために仕事も辞めた。

スカイラー(ミニー・ドライヴァー)の家で抱き合うウィル。私を友達に紹介してくれと話した。彼女はハーバード大の人間。素行の悪い友達に会わせたくなかった。もう一緒に寝ないと言ったら観念して友達に連絡する。スカイラーは友達の前で口からコーラを出した。下ネタ満載の話も出来る。チャッキーは頭が良くて気取った女だと思っていたがスカイラーを気に入った。

ランボーとショーンはバーでウィルのことを報告する。ランボーは早く彼をしかるべき機関に就職させたい。彼の頭脳はアインシュタインレベルだ。しかしショーンは早すぎるという。数学の天才と言われたテッド・カジンスキーは優秀な頭脳を持った爆弾魔になってしまった。一つ間違えば彼もそうなりかねない。

カフェでスカイラーが勉強している。遊びに行きたい彼は問題を解こうとするが、それでは勉強にならない。スカイラーは彼の記憶力について聞いた。数学を解くのはピアノを弾くのと同じ。感覚だと彼は話した。一緒にカリフォルニアに来ないかと誘うスカイラー。しかし彼は不安だった。もし自分に飽きたら?彼の不安が吹き出す。彼はスラム育ちでここから一歩も出た事が無い。彼は両親も兄弟もいない、継父に煙草を押し付けられて殴られて育った。愛されなくなるのが不安だった。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちのあらすじ【結】

むしゃくしゃしたウィルは自分が解いた回答に火をつけた。ウィルはどんな難問も一瞬で解けてしまう。逆にこんな問題も解けないランボーにイライラしていた。ランボーは夜眠れなくなっていた。ウィルという脅威を知らない方が幸せだった。

ショーンが「自分が何をしたいか考えろ」と言った。清掃員は立派な仕事だがなぜ自分はMITを選んだのか、黒板の問題を解いたのか考えろと言った。友人は本だと答えたウィルを心配していた。ウィルは自主性がなく、巨大な才能を持て余していた。

スカイラーはひとりでカリフォルニアに旅立った。何度もウィルが来ていないか振り返る。ウィルは大学に来なかった。このまま才能を棒に振ってしまうのか。

チャッキーと解体の仕事に来ていた。ウィルはこのままこの仕事をしてもいいと言った。チャッキーは生まれてからずっと一緒にスラムで育った。自分には無い才能が彼にはある。もし50年後ここに一緒にいいたら殺すと言った。彼なりの愛だった。

ランボーとショーンが部屋の中で口喧嘩している。ショーンはドアの前で動けない。無理強いをするのではなく、彼の意思を尊重したいショーン。才能を無駄にしたくないランボー。人に捨てられる前に捨てるのは防衛本能だと言うショーン。たまらず部屋に入るウィル。ランボーはたまらず出て行ってしまった。君は悪くないと、何度もショーンに語りかけた。ウィルは父親に殴られる自分が悪い子だと思い込んでいた。彼の目が赤くなっている。彼を縛り付けている呪いを開放する為に、ショーンはウィルに何度も何度も語りかける。堰を切ったように泣き出した。彼の呪いが解けて行く。

ウィルの誕生日。就職が決まり、ショーンの最後のセラピーが終わった。電話番号を渡し、彼を送り出した。ショーンはここを辞めて旅に出る事に決めた。チャッキーがプレゼントでくれたぼろぼろの車。スクラップからここまで作った。ショーンの家のポストに手紙を入れて走り出す。

ウィルの手紙にはこう書かれていた。就職を断ってごめんなさい。僕には愛する彼女がいます。ウィルは恋人に会いに、カリフォルニアへ旅立った。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちの解説・レビュー

ベン・アフレックの友情が熱い!

マッド・デイモンとベン・アフレックは他の作品でも共演するなど仲がよいことで有名ですが、本作における役柄でも熱い友情が感じられます!ベン・アフレック演じるチャッキーは、ウィルと共に工事現場で働く青年です。ですが、彼はウィルの才能を見抜いているのです。そして、「お前はここにいちゃいけないんだ」と言い放ちます。「俺の夢は、ある日、いつものようにお前の家の前に車を止めて、お前を呼ぶが出てこない。それが俺の夢だ」と語るのです。つまり、ウィルは才能があり、その才能は自分たちと同じ環境では活かせないから、自分の才能を発揮できる場所に行け、ということを友情として言ったわけです。熱いですね!これぞ真の友情だな~と胸が熱くなりました。そして最後シーンでは、チャッキーがいつものようにウィルの家の前に車を止めます。でも、ウィルは出てこない。そこでチャッキーは、ウィルが自分の人生を走り出したことを悟ります。この時のチャッキーの笑みが爽やかすぎて泣けました。名シーンだと思います!

ロビン・ウィリアムスの懐の深さ

コメディ的な映画にもよく主演しているロビン・ウィリアムス。今回は非常にシリアスであり、ヒューマンドラマど直球な内容でした。しかし、ロビンの演技は最高でした!亡き妻を侮辱された時の鬼気迫る演技・・・もう面白いロビンは吹き飛んで鬼の形相です!でも、ウィルのトラウマを「お前は歩くない」と何度も言いながら抱きしめてあげる優しさは、本当に懐が深い愛を感じました。ロビンその人自体に備わった器を感じます。私的に名優だと思う俳優の一人です!

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ちの感想まとめ

この作品で、マッド・デイモンとベン・アフレックを好きになりました。一番心に染み入った映画です。心のトラウマを乗り越える映画なのですが、友情物語として観ても十分に熱いものを感じます!チャッキーの言葉・・・「お前はここにいちゃいけないんだ」という台詞には本当に感動しました。足の引っ張り合いや競争社会などと言われている現代日本で、疑心暗鬼になってしまうような希薄な人間関係を感じていた私にとっては、こんなにも温かくて、こんなにも友人のことを真剣に考えて、厳しくも愛に溢れた言葉を言えるっていう関係に、心から羨ましく感じました。素晴らしい関係です。ショーンの建て前ではない心からのアプローチにも感動しました。こういう人間の奥深い愛を描いた映画がもっともっと多く撮られてほしいと切実に願います。本当に素晴らしい映画に出会えました。

Amazon 映画『グッド・ウィル・ハンティング』の商品を見てみる