映画『グッドナイト・マミー』あらすじネタバレ結末と感想

グッドナイト・マミーの概要:2014年のシッチェス・カタロニア国際映画祭をはじめ、さまざまな映画祭で話題となった、オーストラリアのサイコホラー映画。ウルリッヒ・ザイドル監督の妻、ベロニカ・フランツがメガホンを取った。

グッドナイト・マミー あらすじネタバレ

グッドナイト・マミー
映画『グッドナイト・マミー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

グッドナイト・マミー あらすじ【起・承】

仲良し兄弟のルーカスとエリアス。
整形手術をして家に帰ってきた母を嬉しく思う2人だったが、神経質な母に違和感を覚える。
ルーカスを無視し、以前の母とは別人のようだったが、ルーカスとエリアスは手術したのだからと納得せざるを得なかった。

ある日2人は、外から何も持ち込んではいけないという約束を破り、猫を拾ってきてこっそり飼いはじめる。
やがてルーカスとエリアスは母の写真が残されていないことに気が付き、何者かが母に成りすましていると考えるように。
可愛がっていた猫のレオの亡骸を見つけ、2人は偽物の母の仕業だと確信。
レオの亡骸を水槽に入れ、自分たちが飼っている昆虫をビンに詰めて置いておくと、母は苛立ちを隠さずに水槽の中に昆虫を放り込んだ。

母を非難するルーカスは部屋に押し込められ、エリアスはルーカスと喋ってはいけないと誓わされる。
そして、2人は引き離されると確信する。

包帯が取れた母の目を盗み、教会の神父に助けを乞うルーカスとエリアスだったが、なぜか家に戻されてしまう。

グッドナイト・マミー あらすじ【転・結】

ルーカスとエリアスは相談し、母を監禁して母に成りすましている人物の正体、本当の母の居場所を聞き出そうとする。
目の色の違い、顔のホクロの有り無しを指摘し、偽物だと問い詰めるルーカスとエリアス。
それに対して、カラーコンタクトをしていた、ホクロは手術で取ったと説明する母。
エリアスは母を開放しようとするが、ルーカスはそれを許さなかった。

寄付を募る2人組が現れるが、助けを求める声は届かず、本物の母の居場所を聞き出すためのルーカスとエリアスの行動は過激さを増す。
接着剤で母の口を塞ぎ、その口を開こうとしたルーカスとエリアスは、結局彼女の傷を広げることに。
隙をついて逃げようとした母だったが、ルーカスとエリアスの仕掛けた罠によって捕らえられ、更にひどい状態に。

そこで母は、ルーカスは事故で死んでいる、エリアスにしかルーカスは見えないと告げる。

本物の母は別の場所にいると信じ込んだまま、ルーカスとエリアスは家に火を放ち、母は死んだ。
燃える家を後にし、トウモロコシ畑を抜けたルーカスとエリアスの前に、優しい笑みを浮かべた母が現れた。

グッドナイト・マミー 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:ヴェロニカ・フランツ、ゼヴリン・フィアラ
  • キャスト:ズザンネ・ヴースト、エリアス・シュヴァルツ、ルーカス・シュヴァルツ、ハンス・エッシャー etc

グッドナイト・マミー 批評・レビュー

映画『グッドナイト・マミー』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

境目があやふやで薄気味悪い作品

主人公の幻覚や二重人格というオチは多いので、またこのパターンかと思わせる部分は多い。
エリアスが泥だらけなのに対してルーカスが汚れていないこと、ルーカスの言葉はエリアスが言い直さないと他人に話が通じない、といった部分でルーカスの存在が幻だとわかってしまう。
しかしルーカスとエリアスが双子の兄弟であり、髪型までそっくりににする設定が、どっちが幻覚でどっちが実物だかわかりにくくして見ている側を惑わせる。

また、最初は包帯ぐるぐる巻きの顔で得体のしれない不気味な母と、本物の母親かどうかを疑い怯える2人の少年という構図がいつの間にか入れ替わっているストーリーと、入れ替わったことに違和感を抱かせない演出は上手い。
ルーカスが死んだ事故のシーンを見せないからこそ、疑う余地がない“ルーカスの存在”、中盤まで母の顔が包帯ぐるぐる巻きだからこそ“母は偽物”というエリアスの思い込みに、見ている側も巻き込まれる作品。

独特の映像が印象的

ルーカスとエリアスが本物の母の居場所を聞き出そうとするシーンは、昆虫好きの子供のイタズラから徐々に過激になっていき、気が付かない間に常軌を逸してしまっているという見せ方がうまい。
ベッドに母を縛る過程やボンドで口をふさぐなどのシーンを全て映すのではなく、残酷描写からは遠いイメージの子供部屋の映像と合わせることで、薄気味悪さと怖さを倍増させている。
見えないからこその恐怖も加わり、想像してしまって気持ち悪くなる部分は多い。

手作りのお面をかぶって母の前に出てくるルーカスとエリアスの姿は、お面の色合いも相まって印象的。
エリアスの夢の中で、母の対内から昆虫が出てくるなど、残酷描写が苦手だったり虫嫌いの場合は気を付けたい。

ルーカスとエリアスが母と手をつなぎ消えていくラストシーンは幻想的で、後味の悪さを少なくさせている。

グッドナイト・マミー 感想まとめ

メインの出演者がルーカスとエリアスの少年2人、そして母の3人で構成されていて、ほとんど家の中だけの撮影という低予算のサイコホラー映画。

母がなぜ整形手術をして父親がいないのか、ルーカスの事故が何だったのかすら描かないために、見ている側も手探り状態で始める作品。
しかしそれらを描かなかったことで、ルーカスが幻だとわかりにくくなっている。

寄付を募りに来た2人組に早く気付いてと焦るお決まりのシーンや、包帯で顔を覆った不気味な母におびえる2人の少年、いつの間にか立場が逆転していくというストーリーの見せ方がうまい。

Amazon 映画『グッドナイト・マミー』の商品を見てみる