映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』のネタバレあらすじ結末

グレイヴ・エンカウンターズ2の概要:やらせのオカルト検証番組で起こった怪奇現象を映画化した「グレイヴ・エンカウンターズ」を見た映画学校の学生たちが、その真相を追う。前作の監督ザ・ヴィシャス・ブラザースが脚本を担当した。

グレイヴ・エンカウンターズ2の作品概要

グレイヴ・エンカウンターズ2

公開日:2012年
上映時間:99分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:ジョン・ポリカン
キャスト:リチャード・ハーモン、リアン・ラップ、ディラン・プレイフェア、ステファニー・ベネット etc

グレイヴ・エンカウンターズ2の登場人物(キャスト)

アレックス・ライト(リチャード・ハーモン)
映画学校に通う青年。寮生活をしている。映画マニアで、ホラー映画監督を目指している。ジェニファーは彼女。名前を売るために、映画批評動画を投稿するサイトを作っている。学校の課題のホラー映画「炎の切り裂き魔」の監督をしていたが、死の番人からのメールにより、「グレイヴ・エンカウンターズ」の謎にのめり込んでいく。
ジェニファー(リアン・ラップ)
アレックスの彼女。学校の課題で撮影していた「炎の切り裂き魔」では、ヒロイン役を演じていた。アレックスとは体の関係を持ったことがない。謎を追うアレックスに対し、最初は腹を立てるものの、ジェリー・ハートフィールドの言葉を聞いてアレックスに賛同する。
トレバー(ディラン・プレイフェア)
アレックスの親友で、同じ映画学校に通っている。社交的で明るい性格をしていて、スマホで動画を撮ることが多い。「グレイヴ・エンカウンターズ」を追う企画を提案されて良い顔をしなかったが、プロデューサーになってほしいとアレックスに頼まれ、一緒に行動することに。
ジャレッド(ハウィー・ライ)
アレックスやトレバーの友人の青年。「炎の切り裂き魔」の撮影にも、カメラマンとして参加していた。撮影係として、アレックスたちと廃病院に向かうことになる。
テッサ(ステファニー・ベネット)
黒髪の女の子。「炎の切り裂き魔」でも、音響係を担当していた。アレックスたちと廃病院に向かうことになるメンバーのひとり。
ジェリー・ハートフィールド(ベン・ウィルキンソン)
「グレイヴ・エンカウンターズ」の製作総指揮を務めた男性。資金難だった会社を、映画「グレイヴ・エンカウンターズ」によって立て直した。出演者たちの家族に大金を渡して秘密を守らせており、次回作の計画も立てている。
ショーン・ロジャーソン
「グレイヴ・エンカウンターズ」の主演で、ランス・プレストン役を演じていた男性。廃病院に閉じ込められるが、ネズミを食料にして生きながらえていた。9年近く行方不明だったが、廃病院の中では9ヶ月しか経っていない。病院内の道を把握している。院長の手術を受けており、片方の目が白濁している。気が触れている。

グレイヴ・エンカウンターズ2のネタバレあらすじ

映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グレイヴ・エンカウンターズ2のあらすじ【起】

本当にあったという体で撮影された、約10年前のホラー映画「グレイヴ・カウンターズ」の批評動画を公開したアレックス。
翌日、アレックスの動画サイトにビデオレターが届いた。
「グレイヴ・エンカウンターズ」のワンシーンのようだったが、映画本編には無いシーンだった。
送り主は“死の番人”。

課題のホラー映画「炎の切り裂き魔」を撮影していたアレックスの元に、死の番人からメールが届く。
そこには「グレイヴ・エンカウンターズ」の舞台にそっくりの、廃病院の住所が記されていた。
ロボトミー手術と、オカルト研究に取り憑かれた病院長の存在もあった。

映画の出演者たちの次回作が1つも無い事に気付き、独自に調査を始めるアレックス。
一方で自分の作品に納得が出来ず、撮影は一時中断する。

死の番人から、「グレイヴ・エンカウンターズ」主演のショーンの実家の電話番号が届く。
アレックスは電話をかけ、ショーンの母を通してインタビューを申し込む。
しかしショーンの母親は認知症で、ショーンは10年近く行方不明だった。

グレイヴ・エンカウンターズ2のあらすじ【承】

「グレイヴ・エンカウンターズ」の出演者全員が、行方不明、もしくは自殺していた。

アレックスのプリンターが勝手に動きだし、映画の製作総指揮ジェリー・ハートフィールドの予定表が印刷される。
ジェリーの会社に向かったアレックス。
ジェリーはオフレコという条件で、「グレイヴ・エンカウンターズ」は実話だと語った。
それを隠しカメラで撮影し、トレバーやジェニファーたちに見せた。

アレックスは、「グレイヴ・エンカウンターズ」を追うドキュメンタリーホラー映画を撮る事になった。
運よく、病院近くに住むという死の番人から会いたいというメールも届いた。

2011年、12月3日。
アレックス、ジェニファー、トレバー、テッサ、ジャレッドは問題の病院へ入ろうとするが、警備員に止められる。
仕方なく、夜中に病院に忍び込んだ。

8台の暗視カメラを病院内に設置し、撮影を始めるアレックスたち。
死の番人との待ち合わせ場所へ行くが、相手は来なかった。
そこで見つけたヴィジャボードで降霊術をすると、死の番人から「全部撮れ」というメッセージが。

グレイヴ・エンカウンターズ2のあらすじ【転】

ポルターガイスト現象が起こり、逃げ出した5人。
そこに警備員が現れ、警察に引き渡すと告げる。
物音を聞いた警備員は様子を見に行くが、銃声と共に姿を消してしまう。

アレックスは暴走し、トレバーとジェニファー、テッサとジャレッドにカメラの回収を命じる。
途中でジャレッドは吹き飛ばされて窓から落ちた。
テッサは全員を呼び出して事情を説明する。

出口へ急ぐが、出口は消えていた。
病院内をさまようアレックスたち。

ケイトリンという少女の幽霊に襲われ、テッサがはぐれてしまう。
回収していなかったカメラを手に、アレックスたちを探すテッサ。
しかし彼女は死に、その様子はカメラに残された。

テッサを探すアレックス、ジェニファー、トレバーは、電気ショックを受けて死んでしまう警備員を目撃する。
そして怪物に襲われるが、運よく廃病院からの脱出に成功する。
ホテルに戻った3人は、荷物をまとめて帰る事に決めた。
だがエレベーターの扉が開くと、そこは廃病院の中だった。

再びさまよい始めた3人の前に、不気味な男が現れる。

グレイヴ・エンカウンターズ2のあらすじ【結】

男は、9年前から行方不明になっているショーンだった。
しかしショーンは気がふれていて、9ヶ月前から閉じ込められていると言う。
出口かもしれないという赤いドアには鎖がかかっていて、ボルトカッターが入った荷物は建物内に置いたままだった。

不可思議な建物内を知り尽くすショーンの案内で、荷物を手に入れたアレックスたち。
しかしショーンはトレバーを殺し、荷物を奪って逃げてしまう。
ショーンが忘れた地図を頼りに、ドアへ急ぐアレックスとジェニファー。

カメラが勝手に動き、ショーンを撮影し始める。
テープを回収して映画を完成させれば、1人だけ出られると知ったショーン。

赤いドアの前で、アレックスとジェニファーを待っていたショーン。
テープの奪い合いになるが、ショーンは壁に開いた穴に吸い込まれた。
アレックスは、カメラを使ってジェニファーを殺害する。
そしてテープを持って、ドアから脱出した。

2011年12月5日、アレックスはロスで発見された。
その後、アレックスが監督した「グレイヴ・エンカウンターズ2」が、フィクション映画として発表された。

Amazon 映画『グレイヴ・エンカウンターズ2』の商品を見てみる

関連作品

前作 グレイヴ・エンカウンターズ