映画『ヘイル、シーザー!』あらすじネタバレ結末と感想

ヘイル、シーザー!の概要:ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作。1950年代ハリウッド全盛期の映画業界の裏側を描いたコメディ。出演はジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソン。2016年製作の米国映画。

ヘイル、シーザー! あらすじネタバレ

ヘイル、シーザー!
映画『ヘイル、シーザー!』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ヘイル、シーザー! あらすじ【起・承】

1950年代のハリウッドは、映画の全盛期だった。キャピタル・ピクチャーズ・スタジオで、統括マネージャーのような立場にあり、“なんでも屋”のエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、毎日、スタジオ内のトラブルを解決すべく働いていた。

撮影現場では、ちょうど宗教大作「ヘイル、シーザー!」の撮影が始まっていた。主演を飾るのは、当時大スターのベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)だった。

この作品のためにユダヤ教からカトリックまで宗教関係者を呼び、宗教的解釈や表現について不愉快に思われないか聞いたり、カウボーイ役で人気だが演技はからっきしダメな男ホビー・ドイル(アルデン・エーレンライク)の指導を映画監督のローレンス・ローレンツ(レイフ・ファインズ)に頼んだりと、エディは忙しく動いていた。
そんな中、ベアード・ウィットロックが撮影中に何者かに誘拐され、“10万ドルを用意しなければ、殺す!”という脅迫状が届いたのだ。

秘かにエディは、ベアードを救うため、準備を始めた。
その頃、女優として大人気だったのは、妖艶な水中ショーが魅力的なディアナ・モラン(スカーレット・ヨハンソン)だった。

プールでの水中シーンを撮影し、彼女が主演のミュージカルが完成しつつあった。
ところが、そんな彼女にも私生活での悩みがあった。結婚していないのに、妊娠してしまったのだ。

また、素晴らしいタップダンスと歌で魅了する、ミュージカルスターのバート・ガニー(チャニング・テータム)が主演する水兵のミュージカルなど、ハリウッドの全盛期らしい作品が続くのだった。

ヘイル、シーザー! あらすじ【転・結】

一方、誘拐されたスターのベアード・ウィットロックは、海の近くにある共産主義者たちの館に監禁されていた。彼らは、映画の脚本家や教授などで、仕事の対価がきちんと支払われていないと強い不満を持っていた。間抜けなベアードは、そんな彼らに親近感を持って接していた。

エディは、“ザ・フューチャー”と名乗る犯人に対して、10万ドルを用意して渡すことに。
ところが、ばれていないハズのスター誘拐事件をかぎつけた女がいた。彼女たちは、双子の記者ソーラ&サリー(ティルダ・スウィントン)だった。

なんとか彼女の取材交渉をかわすが、未だベアード・ウィットロックがどこにいるのか掴めなかった。

撮影の合間を縫って、エディは編集室を訪れていた。編集室には、メガネと煙草が印象的な編集者C・C・カルフーン(フランシス・マクドーマンド)がいた。
彼女は、編集に夢中になるあまり、エディの前でフィルムの巻き戻し途中にスカーフが詰まってしまい、死にかけてしまう。
こうして、撮影の進行状況を確かめるのもエディの重要な仕事なのだ。

一方、エディも私生活で悩んでいた。教会へ通って、懺悔をしても、煙草を止めることが出来ない。仕事が多すぎて、飛行機会社にでも転職しようかとも考えていた。

エディは次に、女優ディアナ・モランの妊娠・出産を隠すために、まじめな公証人のジョー・シルバーマン(ジョナー・ヒル)の事務所を訪ねた。

彼女が出産した後、子供をいったん、公証人ジョーの養子にするという密約を交わした。
これで、彼女のイメージを損なうことはない。

そんな中、大根役者として、ローレンス・ローレンツ監督の怒りを買っていた俳優ホビー・ドイルは、ある晩、恋人と訪れた店でエディの用意した10万ドルが入ったトランクが持ち逃げされる現場に居合わせた。彼がトランクの行き先を追跡したところ、海辺の別荘にたどり着いた。

そこに1人でいたベアード・ウィットロックを発見。彼らが、いない間に脱出することに。
ようやく、ベアードはハリウッドに戻れたが、エディの怒りはそうたやすく収まるものではない。

エディは、ベアードを呼び出し、思いっきり殴るのだった。
そして、転職することなく、映画界のフィクサーを生涯続けたのだった。

ヘイル、シーザー! 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2016年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:コメディ、サスペンス
  • 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • キャスト:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ etc

ヘイル、シーザー! 批評・レビュー

映画『ヘイル、シーザー!』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

コーエン兄弟の映画への愛と映画界を裏で支えたフィクサーの物語

華やかな映画業界の裏側を扱った作品には、「サンセット大通り」や「マルホランド・ドライブ」といった名作があります。

本作では、映画界を裏で支えてきたフィクサーを主人公に、有名スターの誘拐事件を巡るサスペンス・コメディが展開してゆきます。

コーエン兄弟らしさが作品に出ているシーンとしては、編集担当のC・C・カルフーン演じる、フランシス・マクドーマンドが、フィルムの巻き戻し中にスカーフが巻かれてしまい、危うく死にかける場面がかなり笑えます!

また、劇中劇の「ヘイル、シーザー!」の主役を演じる、ジョージ・クルーニーが変な物を飲まされて誘拐される展開も必見です。

1950年代の映画産業の隆盛とジョシュ・ブローリン演じる、映画界のフィクサーの暗躍が合わせ鏡のように重なり、それを笑いと映画というエンターティンメント作品として魅せるコーエン兄弟の趣向が見事にハマります!劇中劇を取り出してみても、当時の映画を研究し、華麗な舞台へと昇華させた再現性に驚くはず!

特にシンクロナイズドスイミングと合わせた水中ショーやジーン・ケリーを模したようなダンサーが水兵に扮して踊るミュージカルシーンに心ときめきます。

劇中劇の「ヘイル、シーザー!」は宗教をテーマにしていますが、個人的な信仰にとどまっており、映画という神話性に騙されて楽しむ私達への愛が詰まっているんです!

なぜ、スカーレット・ヨハンソンはハリウッドで愛されるのか?~北欧出身女優にみる美の歴史

コーエン兄弟の常連俳優といえば、本作で主人公を演じたジョシュ・ブローリンや「ファーゴ」の女警官役を演じたフランシス・マクドーマンド。
そして、おバカぶりがいい味を出している、ジョージ・クルーニーだろう。

今回は、そんな個性的なメンバーにスカーレット・ヨハンソンが加わり、お色気女優をチャーミングに演じています。

ハリウッド女優にはない、色気や凛とした存在感が目を惹きます。古くは、イングリッド・バーグマンのハリウッドでの成功から始まり、スカーレット・ヨハンソンに至るまでの北欧出身女優の歴史があります。美人であるだけでなく、演技に賭ける情熱もすごい!

本作では、スカーレット・ヨハンソンの人魚姿が楽しめますよ。
人魚に水兵ミュージカルというように、コーエン映画には、“水”をイメージさせる映像が多い。

加えて、「ファーゴ」の女警官が妊娠していたように、売れっ子お色気女優もまた妊娠しているのだ!映画&女性賛歌の作品なのではないだろうか。

ヘイル、シーザー! 感想まとめ

ランニング・ハイという言葉があるが、人はいつも何かしら夢中になってしまう。
コーエン兄弟の作品を観ると、ムービー・ハイになるようだ。

知的な語り口で、どんなバカげている登場人物でも、愛すべきキャラクターに変えてしまう。

私は、ジョージ・クルーニーをあまり好きではないが、コーエン兄弟の作品に出演している時の生き生きとした演技が好きです。

最新作「ヘイル、シーザー!」を観て、面白いと思ったら、ぜひ過去の名作「ファーゴ」や「ノー・カントリー」も観て欲しい。

Amazon 映画『ヘイル、シーザー!』の商品を見てみる