映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレあらすじ結末

破門 ふたりのヤクビョーガミの概要:黒川博行による小説『破門(疫病神シリーズ)』の映画化。建設コンサルタントの二宮と二蝶会に所属するヤクザ・桑原が、映画プロデューサーに騙し取られた金を取り返すべく奮闘する。

破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報

破門 ふたりのヤクビョーガミ

製作年:2017年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:小林聖太郎
キャスト:佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、濱田崇裕 etc

破門 ふたりのヤクビョーガミの登場人物(キャスト)

二宮啓之(横山裕)
ヤクザと土建屋の仲介をする、建設コンサルタントの男。亡き父親がヤクザだったため、なんとなく今の仕事をしている。取引のあるヤクザ・桑原のことを疫病神だと思っている。
桑原保彦(佐々木蔵之介)
眼鏡をかけてスーツ姿のヤクザ。二蝶会に所属している。二蝶会より大きな組織のヤクザと問題を起こす。
渡辺悠紀(北川景子)
二宮のいとこの女性。二宮のよき相談相手。
小清水隆夫(橋爪功)
小さな映画製作会社のプロデューサー。お調子者で胡散臭い。
玲美(橋本マナミ)
小清水の愛人。本名・真鍋恵美。小清水と共に行動する。
嶋田勝次(國村隼)
二蝶会の若頭。二宮の父と親交が深かったため、二宮のことを常に気にかけている。

破門 ふたりのヤクビョーガミのネタバレあらすじ

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

破門 ふたりのヤクビョーガミのあらすじ【起】

二宮啓之は、事務所のソファで横になりながら、バイトに来てもらっているいとこの渡辺悠紀と話をしている。ヤクザと土建屋の仲介をする、建設コンサルタントとして働く二宮は、暴排条例が出てから景気が悪いという。彼は、亡き父がヤクザだったため今の仕事をしていた。そんな彼に、映画のプロデューサーから裏稼業の取材と出資の話が来る。

二宮が二蝶会のヤクザ・桑原のことを疫病神だと噂していると、眼鏡をかけてスーツ姿の桑原保彦が事務所に入って来た。桑原は二宮が手に持つ紙を見つけ、映画の話に興味を持った。

桑原と二宮は映画製作会社へ行き、色っぽい秘書の玲美がお茶を出してくれた。二宮へ取材の依頼をしてきたのは、小清水という男で、彼はサバキを題材にした映画を撮るつもりだという。

二宮が実家に帰ると、二蝶会の若頭・嶋田が来ていた。彼は二宮の父と親交が深かったため、二宮のことを気にかけていた。二宮は、映画への出資者を紹介すると、アソシエイトプロデューサーとしてクレジットに載せてくれるらしいという話をした。それを聞いた嶋田は、二宮が新しい道へ進むチャンスだと思い、出資を決めた。

破門 ふたりのヤクビョーガミのあらすじ【承】

後日、製作会社はもぬけのからになっていた。嶋田は3000万円の出資の契約をしており、その内先に払っていた1500万円をやられ、桑原も150万円持っていかれたという。

桑原は不動産屋から小清水の住所を聞き出し、二宮を連れて家へ行ったが、既に逃げた後だった。彼らが帰ろうとすると、道を塞ぐように車が止まっていた。桑原は、どこうとしない車に歩み寄り、車に乗っていた二人のヤクザをボコボコにした。

翌日、二宮の元に嶋田から電話が来た。先日の車のヤクザは滝沢組という大きな組織の組員で、その滝沢組は小清水に1億5000万円貸していたという。

桑原は再び不動産屋に行き、小清水の情報を更に聞き出した。秘書の玲美は小清水の愛人で、本名は真鍋恵美だという。桑原と二宮は彼女のマンションへ向かったが、そこには滝沢組の組員が二人いた。相手が包丁を構え、桑原は二人相手に戦った。桑原に「逃げろ」と
言われた二宮は、車に乗って一人で逃げてしまう。桑原から電話があり、二宮はマンションへ引き返して桑原を乗せた。桑原は肺を刺されており、入院することになった。

破門 ふたりのヤクビョーガミのあらすじ【転】

桑原が入院している間、二宮は悠紀と一緒にスナックを周り、玲美と小清水の場所を突き止めた。二宮は、小清水を捕まえたら100万円という約束で、桑原と共にマカオへ向かった。

小清水たちが泊まっているマカオの高級ホテルに押しかけ、桑原たちは金の在り処を聞いた。しかし、小清水は500万円しか持っていないという。現金は420万円ほどしか見つからなかったが、桑原は玲美の財布からカジノカードを見つけた。

1000万円を現金に換えるべく、桑原はカジノへ行った。見張り番の二宮に、小清水は銀行の金庫に2500万円の通帳があることを明かした。小清水は、二宮のために出資した嶋田にはきちんと金を返したいと訴えた。

桑原は金を回収するのに時間がかかっており、その隙に二宮、小清水、玲美は空港へ向かった。玲美は「母の面倒を見る」と言って空港で去って行った。

二宮が小清水と一緒に銀行へ行ったが、通帳は差し止められていた。隙をついて逃げた小清水だが、GPSでつけてきた桑原が現れ、彼を捕らえた。小清水は、3日後に新しい通帳が届くと言った。

破門 ふたりのヤクビョーガミのあらすじ【結】

桑原は、小清水の身柄と引き換えに出資契約書を渡すよう滝沢組に要求し、交渉成立させた。

二宮は、若い衆のセツオとケンと一緒に小清水の見張りをしていたが、取引の朝に逃げられてしまう。桑原は、小清水がレンタカーのトランクから逃げたように細工をした。

桑原は滝沢組にレンタカーのキーとナンバーを書いた紙を渡した。滝沢組は小清水の姿を確認したいと言ったが、桑原は相手を言いくるめ、契約書を手に入れた。

桑原たちは、小清水の居場所を突き止め、彼を捕まえた。セツオは小清水の見張りをし、桑原、二宮、ケンの三人で銀行へ向かった。無事金を降ろせた三人だが、帰り道滝沢組に囲まれてしまう。桑原とケンが戦い、二宮は金を守って逃げるよう言われた。二宮が小清水の部屋に行くと、セツオはボコボコにされ、小清水はいなくなっていた。二宮は一人で逃げようとしたが思いとどまり、車で桑原たちの元へ戻って全員助けた。

一人絶縁にした滝沢組と釣り合いを取るため、桑原は破門になってしまう。二宮が一人カラオケ中の桑原を訪ねると、小清水が香港で製作中のアクション映画のプロデューサーになっているという。桑原は二宮を連れて香港へ向かった。

この記事をシェアする