映画『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のネタバレあらすじ結末

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の概要:爆発的ヒットをほこった、アクション超大作。紀元前の亡霊が強大な力を持ってこの世に復活!その圧倒的な力を前に、人類はどう立ち向かうのか。三部作の第一弾。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の作品概要

ハムナプトラ 失われた砂漠の都

製作年:1999年
上映時間:124分
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:スティーヴン・ソマーズ
キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、アーノルド・ヴォスルー、ジョン・ハナー etc

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の登場人物(キャスト)

リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)
元軍人であったが、色々な事情から死刑を待つ身だった。エヴリンに救い出され、ハムナプトラへと向かうことになる。
エヴリン・カナハン(レイチェル・ワイズ)
古物書に目がない、好奇心旺盛な女性。兄が持ってきた地図を元に、死者の都、ハムナプトラへと向かう。
ジョナサン・カナハン(ジョン・ハナー)
エヴリンの兄。調子がいい性格で、長いものには巻かれるタイプ。宝物に目がない。
イムホテップ(アーノルド・ヴォスルー)
紀元前1290年に、愛のためにクーデターを起こした人物。3000年の時を経て、再びこの世に蘇る。
アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)
イムホテップの最愛の人。3000年前に自害しており、イムホテップは彼女の復活を成し遂げようとしている。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のネタバレあらすじ

映画『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のあらすじ【起】

今から遡ること遥か昔、紀元前1290年のエジプトでのことだった。その頃のエジプトに、イムホテップという大司祭が存在した。そして、そんな彼はとある女性と恋に落ちることになる。彼が恋に落ちた女性はアナクスナムン。なんと、当時の国王の愛妾である人物だった。

アナクスナムンを我が物とするため、イムホテップはセティ1世を殺害する。しかし、そのクーデターの途中、アナクスナムンが敵に捕まり、自ら命を絶ってしまったのだった。悲しみ嘆いたイムホテップは、魔術でアナクスナムンを蘇らせようと、儀式を行おうとしていた。しかし、その途中、イムホテップを追い続けていた政府の人間にとうとう捕らえられてしまう。

クーデターの首謀者であるイムホテップには重い罰が与えられることになる。そして、彼はホムダイという極刑に課されることになった。ホムダイとは、人の肉を食べるスカラベに生きたまま食べ殺されるという非常に残酷な刑であった。こうして、イムホテップはこの世に恨みを抱きながら死んでいったのである。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のあらすじ【承】

そして時は流れ、3000年が経過した1923年のことである。リック・オコーネルという人物が、砂漠を一人放浪していた。彼は元々エジプト革命関連の内乱で活躍していた軍人だった。しかし、そこで舞台は全滅、彼はこうして一人あてもなく彷徨っているのであった。

そして、不運は重なり、3年後、彼はカイロの刑務所で処刑を待つ身となっていた。そんな彼の元に、一人の女性が訪ねてくる。彼女の名前はエヴリン、博物館で働く、好奇心旺盛な美女だった。ある日、エヴリンの元に彼女の兄、ジョナサンがとある物を持ってやってきた。それは、例のイムホテップ達が暮らしていた、死者の都、ハムナプトラへと続く地図だった。ジョナサンは、その地図をリックから受け取ったのだ。

その地図の真偽を確かめるため、こうして彼女はリックに会いにきたのである。ハムナプトラに眠る宝を手に入れるため、リックの力は必要不可欠である。エヴリンは持てる力を全て使いリックを解放、そして、一行は共にハムナプトラを目指すことになるのだった。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のあらすじ【転】

しかし、ハムナプトラへの道のりは容易ではなかった。リック、エヴリン、ジョナサン、そして、リックを捕らえていた刑務所の所長を襲う者がいた。それは、死者の都ハムナプトラを代々守ってきたという、秘密結社だった。襲撃を受けながらも、一行はなんとかハムナプトラへと到着する。

しかし、ハムナプトラには、一攫千金を狙う多くのトレジャーハンター達もやってきていた。そして、そのうちの一人が一冊の本、『死者の本』を見つけ出したのである。そして、古文書に興味を持つエヴリンは、思い切ってその本を強奪してしまう。そして、その本に書かれていた内容をエヴリンが声に出して読んだ時だった。密かに、一体のミイラが蘇ったのだ。そして、そのミイラこそが、あのイムホテップだったのだ。

しかし、復活したといっても、まだその復活は完全ではなかった。イムホテップは都にやってきているトレジャーハンターを捕まえては、その生気を吸い徐々に元の力を取り戻していったのだった。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のあらすじ【結】

そして、イムホテップが力を取り戻すたびに、日食や虫の大量発生、皮膚病といった恐ろしい出来事が立て続けに起こる。ハムナプトラに来る際、リック達が出会った秘密結社は、こうなることを恐れ、代々ハムナプトラから人を遠ざけていたのだった。

そして、復活を果たしたイムホテップの目的は一つだった。それは、かつて叶えることのできなかった、アナクスナムンの復活である。そして、その復活の生贄として、なんとイムホテップはアナクスナムンを攫っていったのである。

そんな時、リックとジョナサンは、『アムン・ラーの書』を発見した。それは、強大な力を手に入れたイムホテップを倒す唯一の手段だった。リックがイムホテップと決死の戦いを繰り広げる中、ジョナサンがその書を読み上げた。すると、イムホテップはただの人間に戻ったのだ。そして、とうとうリックがイムホテップを倒すことに成功する。一行はハムナプトラを立ち去る。そして、エヴリンとリックの間には愛が芽生えていた。それは、彼らがこの冒険で手に入れた1番の宝だった。

関連作品

次作 ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①残酷な処刑方法ホムダイとは

    物語の序盤にイムホテップが処刑されるまでが描かれています、王を殺害し愛人であるアナクスナムンの遺体を盗んだ大司祭イムホテップ達は恐ろしい刑を受けます。余談ですがイムホテップはエジプトで初めて作られたピラミッドといわれるジェセル王の階段ピラミッドを設計した人物として非常に有名です。さらに医学にも精通していて神格化されています。

    イムホテップにつき従った神官たちは生きたままミイラ処理を施されます。神である王を殺害したイムホテップはあまりの残酷さに一度も執行されたことがないという極刑を受けます、それがホムダイです。ショッキングなのでハムナプトラはこのホムダイを外して語る事ができないほどです。その処刑方法とは最初に舌を切り取り生きたまま包帯を巻かれ棺に入れられます、そして無数のスカラベを投入してそのまま蓋をして2重に棺を重ねそれぞれ封印をして地下深くに埋めてしまうのです。このスカラベは肉食でゆっくり人肉を食いつくしていきます。この刑を受けた人物は永遠に死のやすらぎを得る事はできません。

    さらにこの刑がそれまで執行されなかったのには理由があります、それは万が一甦った場合人々に災いをもたらすからです。そのため衛兵の子孫たちはイムホテップが甦らないように秘密結社を作り代々監視しているのです。

  2. 匿名 より:

    ブレンダン・フレイザーの魅力全開の映画です、面白いけれどかっこいいがたくさん詰まっています。甦ったマミーたちを威嚇するのですが威嚇され返されて負けた~~という顔が最高にいいです。シリーズが3まで続いた事、スピンオフ作品がいくつか作られたことを考えてもとても上質なアドベンチャー映画だといえます。とにかく登場人物がみんな魅力的なんです、個人的にはチョイ役ですが攫われたエヴリンを追ってハムナプトラに向かうため飛行機をとばしてくれることを了承してくれた老パイロットが好きです。イムホテップの起こした不可解な砂嵐にもひるまずオコーネル達をハムナプトラまで運んだ彼は墜落の衝撃で死亡してしまいます。

    次回作はどんな展開になるのでしょうか、とても楽しみです。