『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2001年のアメリカ映画、「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」の続編。イムホテップを甦らせようとする謎の集団とオコーネル達の戦いを描いた作品。監督はスティーヴン・ソマーズ、出演はブレンダン・フレイザー。

あらすじ

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』のあらすじを紹介します。

紀元前3067年、今から5000年前にスコーピオン・キングは世界を我が物にしようとテーベを攻撃していた。7年も続く激戦の末スコーピオン・キングは敗北しアム・シェアーと呼ばれる砂漠へと追放された。スコーピオンの兵士達は砂漠の過酷な環境にひとりまたひとりと倒れついにスコーピオン・キングただ一人となってしまった。最期の時がやってきた・・スコーピオン・キングはアヌビス神に誓いを立てる“もし自分の命を助け敵を倒してもらえるのなら魂を捧げる”と。するとどこからか一匹のさそりがスコーピオンのもとにやってきた、それを貪ると目の前の砂漠が瞬く間に緑に覆われオアシスが出現した。アヌビスは自身の軍をスコーピオンに指揮させテーベを滅ぼさせた、それを見て満足そうなスコーピオン。だがすでにアヌビスのしもべとなっていたため強制的に元のオアシスに戻されてしまう、その時スコーピオンの腕から金の腕輪が落ちた。

1933年エジプト、オコーネルは妻のエヴリンと息子アレックスと共に発掘作業をしていた。そこはエヴリンが夢に見たという墓所だった、前にも来たことがあるというが3000年間だれも足を踏み入れた様子がない。途中めまいを起こしたエヴリンは過去の幻を見る、それは女性が扉を封印する様子だった。懸命に探索をする2人の背後に怪しい人物達が忍び寄る。

評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2001年6月9日
  • 上映時間:130分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:スティーブン・ソマーズ
  • キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、ジョン・ハナー、アーノルド・ボズルー、フレディ・ボース etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

イムホテップ達の狙い

イムホテップはアナクスナムンの生まれ変わりの女性と大英博物館の館長たちによって甦ります。そして世界を征服するための手段としてアヌビスの軍を自分のものとすることを画策するのです。アヌビス軍を自分のものとするためにはスコーピオン・キングを倒すことが条件です、そこで軍とキングが眠っているアム・シェアーのオアシスに行かなければいけないのですがたどり着くにはスコーピオン・キングの金の腕輪が必要です。それはアレックスが腕にはめてしまったためアレックスを攫い旅に同行させます。

オコーネル達の必然の出会い

エヴリンの前世はネフェルティティといい、セティ1世の娘でありスコーピオン・キングの腕輪の守り手でもありました。そのため夢で腕輪の隠し場所・幻でイムホテップが自分の父親を殺す場面を見てしまうのです。

オコーネルは腕にタトゥーが入っています、普段はそれを隠していますがそれをアーデスが偶然見て驚きます。そして“私は東方から失われたものを探しに来た、と言ったら?”と不思議な問いかけをします、すると“私は西方から来た、探し物は私だ”とオコーネルはすらすらと答えます。それは聖なる印で神の戦士メジャイ・人類の守護者の印だとアーデスは言うのですがオコーネルは“これは昔カイロの孤児院で入れられたものだから意味はない”と吐き捨てます。ですが姫とそれを守る戦士の出会いは遥か昔から運命づけられたものだったのです。

まとめ

自分でもとても意外な感想なのですが悪役であるはずのイムホテップは実はそんなに悪い人ではなかったのではないか?というものでした。確かにやっていることはひどいことばかりなのですがアレックスと話している場面では知的で威厳があるのです。考えてみれば古代エジプトで神官といえばエリートです、そのトップといえばエリート中のエリートなのですからアナクスナムンとのことがなければ人々に尊敬される存在だったはずです。そう考えると最期アナクスナムンに見捨てられてふっきれたように奈落の底に自ら落ちていく時の顔は恋という病がなくなり元の自分を取り戻したようにも見えます。

物語の最初とラストにしか登場しませんでしたがドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)演じるスコーピオン・キングがすごくかっこよくてスピンオフで映画が製作されるのも納得です。

Amazon 映画『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』の商品を見てみる

関連作品